電子レンジが故障したときの対処法 〜故障と買い替えのタイミング~

日常生活で使うことの多い電子レンジ。その電子レンジが急に故障すると不便ですよね。急に動かない・臭いがする・火花が出る・異音がする……。電子レンジが故障する前にさまざまな不調が出てきます。この記事では電子レンジの故障についてまとめました。

  1. 電子レンジによくある故障
  2. 電子レンジが故障したときの対処法
  3. 電子レンジの処分方法
  4. 電子レンジの買い替えと修理を決める
  5. まとめ

1.電子レンジによくある故障

電子レンジを長年使っているとさまざまな故障が出てきます。そこで、どのような故障が出てくるのかチェックしておきましょう。

1-1.動作が止まる・スイッチを押しても動かなくなる

時間設定をしたのに急に動作が止まってしまうことがあります。時間を設定しても急に動作が止まるときは、電子レンジ内のタイマー制御装置が故障しているのです。
また、どれだけスイッチを押しても反応がないときがあります。反対に、スイッチをどれだけ押しても止まらなくなることもあるので注意しましょう。
どちらの故障にしても電子レンジの操作基盤に異常があります。基盤に異常があるときは、電子レンジの寿命とも言えるので処分したほうがいいでしょう。

1-2.火花が出る

電子レンジ内で火花が出るときは、金属類を電子レンジ内にいれて温めているときが多いものです。電子レンジの故障というよりも温めているものが悪いパターンとなります。
しかし、電子レンジの電波が出ている部分や底面が汚れているときは電子レンジ本体から火花が出ることがあるのです。電子レンジ本体から火花が出るときは、火花が出た場所が汚れていないかチェックしてみましょう。

1-3.異臭がする

電子レンジを使っているとき、異臭がすることがあります。異臭がするときは、電子レンジ内の油を焼いているから。故障などの異常ではありません。
電子レンジ内のドア内側や食品カス、油などを拭き取っていないことで異臭がします。油ものを温めたときは、しっかりと清掃を行いましょう。

1-4.温まらないようになる

電子レンジの故障の中で最も多い故障です。いつもどおり使おうとしたとき、急に食品が温まらなくなります。温まらないだけでなく温度が違う・ムラを感じるなどの異常も同じです。
電子レンジがいつもどおり温められないようになるのは、電子レンジ内にあるマグネトロンの劣化・故障が考えられます。マグネトロンとは、電子レンジがものを温めるときの重要な役割を担う部品です。その部品が故障すると電子レンジとしては致命傷となります。
買ってまだ2~3年程度ならば修理で対応できるものです。しかし、10年以上使っている電子レンジの場合は買い替えたほうがいいでしょう。

1-5.異音が出てくる

電子レンジを使っているとき、異音が出てくることがあります。異音が出たときは、故障のサインです。
電子レンジで何度も加熱すると基盤が熱を持ちます。基盤が熱を持ってしまうと音が出て警告するのです。
基盤が故障したとき、基盤単体での部品交換を行います。基盤を交換すると修理費は高くなる傾向があるので注意しましょう。古いタイプならば買い替えを検討したほうが賢明です。