布団の捨て方とは?ゴミとして処分する方法やリサイクル方法の紹介!

生活で排出するごみの中でも、布団を初めとする粗大ごみの処分は非常に難しいものです。布団は自治体での回収などもあるのですが、ゴミ回収場所までの運搬や粗大ゴミ回収申し込みなど非常に多くの手間が必要になります。布団には、非常に多くの処分方法があるのです。布団の処分に困っているという方のために、布団を上手に処分する方法について詳しくご紹介しましょう。

  1. 布団は何ゴミ?自分でできる布団の捨て方
  2. 引っ越し業者に布団の処分を依頼する
  3. 販売業者の下取りで布団を処分
  4. リサイクル・引き取りサービスで布団を処分しよう!
  5. 回収業者に依頼して布団を捨てる
  6. 布団の捨て方や廃棄方法に関するよくある質問
  7. まとめ

“コストのかからない処分”や“手間のかからない処分”など目的に合わせて処分方法を選ぶことで、廃棄の負担を大幅に軽減可能です。今回ご紹介する布団の捨て方・処分方法の中から、自分にの目的に合わせた布団処分の方法を確認してみましょう。

1.布団は何ゴミ?自分でできる布団の捨て方

1-1.自治体による回収で布団を処分しよう!

布団を捨てる方法として、最も一般的な方法が“ゴミの日に出す”という処分方法です。自治体による回収によって布団を処分する方法についてご紹介しましょう。

布団は何ゴミ?

布団は“燃えるゴミ”として処分できます。しかし、ほとんどの自治体では燃えるゴミには“大きさ”が決められており、サイズの大きなものは粗大ゴミとして処分しなければなりません。通常ゴミと粗大ゴミの分類は地域によって異なるため、自治体の分別方法を確認しましょう。

粗大ゴミの出し方は?

通常のゴミとは異なり、粗大ゴミは決まった手順に従って排出しなければなりません。

粗大ゴミの出し方の手順をご紹介しましょう。

  • ゴミ処理受け付けセンターへの申し込み

ほとんどの自治体では、粗大ゴミの排出は申し込みが必要です。粗大ゴミの申し込みは、在住地域の“粗大ゴミ処理受け付けセンター”で受け付けています。市区町村のホームページで粗大ゴミ受け付けセンターの申し込み方法を確認してみましょう。

  • 粗大ゴミ料金の支払い方法は?

粗大ゴミの料金は“粗大ゴミ処理券”によって料金を支払います。粗大ゴミ処理券はコンビニエンスストアなどの自治体の指定する取扱所で購入しましょう。処理費用は大きさや品目によって大きく異なるため、申し込みの際に料金を確認が大切です。

1-2.粗大ゴミの確認方法

粗大ゴミの料金の確認方法とは?

粗大ゴミの処分費用は自治体によって異なるので注意が必要です。処分料金は各自治体のホームページで料金の詳細が確認できます。多くの自治体では500円前後の料金が処分料金の目安です。

粗大ゴミの大きさの目安とは?

ゴミの分別や料金は地域によって大きく異なります。粗大ゴミの目安としては“ゴミ袋に入る大きさ”であれば通常ゴミです。ほとんどの自治体の分別では、ゴミ袋に入らない大きさの布団は粗大ゴミに分類します。

1-3.粗大ゴミ・通常ゴミとして布団を処分するメリット・デメリット

粗大ゴミのメリットは?

自治体の粗大ゴミ回収は“低料金で布団を廃棄できる”というのが最大のメリットです。搬出運搬などの手間はかかるものの、不用品回収サービスなどに比べて処理費用を抑えることができます。

粗大ゴミのデメリットは?

粗大ゴミは回収場所まで自分で運搬するというのが排出の基本です。自治体から指定される回収場所が自宅から離れてしまう可能性もあるため、運搬の負担は非常に大きいというのが粗大ゴミのデメリットといえるでしょう。