ミシンの処分なら買取がおすすめ! リサイクルの方法や注意点を紹介

使わなくなったミシンをどう処分するべきかお困りではありませんか? 最近は安く購入できるミシンが増えてきたため、買い替えを検討する人も多いのではないでしょうか。また、「昔よく使っていたけれどもう使わなくなったので処分したい」「故障したので捨てることにした」などの理由で処分を検討する人もいると思います。しかし、困るのがその処分方法ですよね。処分方法がわからなくて押し入れに眠っているミシンがある…ということはありませんか? この記事では、ミシンの処分方法をいくつかご紹介しましょう。

  1. ミシンについて
  2. ミシンの処分について
  3. ミシンの処分をリサイクルで!
  4. リサイクルする場合
  5. ミシンの処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ミシンの処分にかんする困りごとが解決するはずです。ぜひ参考にして、すっきりしてください。

1.ミシンについて

まずは、ミシンの種類について解説しましょう。

1-1.家庭用ミシン

一般的な家庭で手芸などに使われているのが家庭用ミシンです。直線縫いやジグザグ縫いなどさまざまな縫い方ができ、刺繍(ししゅう)ができるタイプのものもあります。一台あればボタン一つで大抵のことができる多機能タイプのものが多く、趣味の範囲で手芸を楽しみたいという人におすすめです。

1-2.職業用ミシン

家庭用ミシンと比べてスピードやパワーに優れているのが職業用ミシンです。縫うことができる生地も幅広く、洋裁店や服飾専門学校などで使われています。多機能であることよりも実用性や耐久性を重視して作られたものが多く、効率的に作品を作りたい人におすすめです。

1-3.工業用ミシン

工業用ミシンは縫製工場などで使用されています。職業用ミシンより回転速度が速く、大量生産に適しているのが特徴です。真っすぐ縫うだけのミシン、ボタンを付けるだけのミシン、というように用途が専門化されており、約3,000種類のミシンがあります。

1-4.コンピューターミシン

コンピューターミシンにはマイクロコンピューターが内蔵されており、すべての機能がコンピューター制御されています。縫い目の調節なども自動で行ってくれるため、初心者でも失敗なく使用することが可能です。

1-5.電子ミシン

電子ミシンは、スピードコントロールを電子で制御しています。操作ボタンが少なく、シンプルな操作が可能です。低速でもパワーがあるため、厚手の生地も簡単に縫うことができます。

1-6.電動ミシン

フットペダルでモーターを動かしながら速さを調節するのが電動ミシンです。糸調節なども手動で行うタイプが多いため、電子ミシンに比べると不便な面もあるでしょう。

1-7.アンティークミシン

アンティークミシンは、アンティーク調のレトロなデザインが魅力のミシンです。現在はアンティークオブジェとしての需要も高く、中古市場でも非常に人気があります。