カーナビ処分で悩んでいる方必見! 正しい廃棄方法や注意点をご紹介

「カーナビを処分したいけれど、方法がわからない」「適切な廃棄方法がわからずに処分しかねている」など、カーナビの処分に悩んでいる方は多いでしょう。捨て方がわからないから、そのまま放置している方もいると思います。しかし、いつまでも放っておくことはできませんよね。正しい処分方法を把握しないまま廃棄してしまうと、不法投棄になる恐れがあるのです。そこで、本記事では、カーナビを処分する前に知るべきことや処分方法・それぞれのメリットやデメリット・注意点などについて説明します。

  1. カーナビを処分する前に知るべきこと
  2. カーナビの処分~自治体回収
  3. カーナビの処分~買い替えや交換の場合
  4. カーナビの処分~リセールやオークションについて
  5. カーナビの処分~回収業者に頼む場合
  6. カーナビの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、カーナビを正しく処分するために必要な知識を身につけることができます。処分を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.カーナビを処分する前に知るべきこと

順調にカーナビを処分するためには、処分のタイミングやよくある困りごと・リサイクルと正しい処分の必要性を把握しておかなければなりません。それでは、詳しく説明します。

1-1.カーナビ処分のタイミング

カーナビの寿命は、物理的に故障する場合と地図データの更新不具合による場合があります。使用頻度や直射日光など環境にもよりますが、およそ3~7年が寿命です。故障すると使えなくなってしまうため、壊れる前に新しいカーナビへ買い替えておかなければなりません。3~7年以上使用しているもので扱いづらくなったときや、故障をしたときに、古いカーナビを処分することになるでしょう。

1-2.カーナビ処分の困りごと

「ゴミの分類は何になるのか」「データは消去すべきなのか」などが、カーナビの処分でよくある困りごとではないでしょうか。きちんとゴミの分類を把握しておかなければ、不法投棄になってしまうので要注意です。また、カーナビには、自宅・職場・友人の家など個人情報ともいえるデータが含まれています。これらの情報をすべて消去しなければなりません。

1-3.カーナビのリサイクルと正しい処分の必要性

カーナビは、レアメタル・銅などの資源が含まれています。資源は限られているため、パーツ・部品ごとに取りはずし、リサイクルしていかなければなりません。貴重な資源を有効活用するためにも、正しい方法で処分することが大切なのです。