【必読】ルームランナーの処分・廃棄はお任せ! お得な方法を解説!

ルームランナーは、自宅で気軽に運動ができることで人気の高い健康器具です。雨の日でもウォーキングやランニングを継続できるのが大きなメリットと言えます。しかし、故障や買い替えなどで不要になり、処分や廃棄で困っている人もいることでしょう。大きさや重さがあるため、どんな方法で処分すればいいか迷ってしまいますよね。そこで、今回は、ルームランナーの処分や廃棄について、詳しく解説しましょう。

  1. ルームランナーとは
  2. ルームランナーの処分の悩みは?
  3. ルームランナーの処分:自分で捨てる場合
  4. ルームランナーの処分:販売業者の下取りの場合
  5. ルームランナーの処分:リセールする場合
  6. ルームランナーの処分:回収業者に依頼する場合
  7. ルームランナーの処分・廃棄にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ルームランナーの処分や廃棄に必要な知識が身に付き、最もお得な方法を選ぶことができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.ルームランナーとは

最初に、ルームランナーの人気の機種や最新の傾向・寿命・よくある故障などを解説します。

1-1.ルームランナーとはどんなもの?

ルームランナーとは、ウォーキングやランニングを屋内でできるようにした器具のことです。別名でトレッドミルやランニングマシーンなどと呼ばれることもあります。天候に左右されず運動できることが最大のメリットです。スポーツジム・学校・福祉施設などに多数導入されているほか、自宅でも運動不足の解消や体力作りに活用する人が増えています。

1-2.ルームランナーで人気の機種や最近の傾向

ルームランナーで気になるのは、動作音の大きさでしょう。そのため、最近では静音設計のものが人気です。また、よりコンパクトなタイプが好まれており、ひとむかし前のものよりも設置場所を選ばないものが増えてきました。安全設計を強化し、小さな子どもやペットへの配慮が行き届いたものも人気です。

1-3.ルームナンバーの寿命やよくある故障

ルームランナーは、約4~5年が寿命です。ただし、毎日のように使っていれば部品が消耗し、早く寿命を迎える可能性が高くなります。なお、よくある故障は、以下のような症状です。

  • 使用中に異音がする
  • 液晶部分の表示が消える・出ない
  • 動作が不安定になる
  • 動作が止まる
  • 電源が入らない

2.ルームランナーの処分の悩みは?

ルームランナーの処分には、多くの悩みが伴うものです。主なものについて詳しく解説します。

2-1.捨てにくい

ルームランナーは、大きくて重いため、気軽に捨てにくいのが悩みです。たとえば、ゴミの集荷場所まで運ぶにしても、大変な作業となります。すぐに捨てたくても、運ぶのがめんどうでそのままになっている人も多いことでしょう。また、大きさと重さがあるため、ゴミの分類で悩むこともあります。不燃ゴミで出していいのか、粗大ゴミで出していいのかわかりくいものです。

2-2.修理か廃棄かで悩む

ルームランナーは、新品で数万円ほどするものです。そのため、気軽に捨てにくいものと言えるでしょう。不具合が出たときも、修理をして使うか廃棄するか悩みどころです。しかし、修理を依頼するにも手続きや準備が面倒で、放置してしまう人も多くいます。

2-3.そのほかの悩み

ルームランナーがまだ十分に使える状態の場合は、「いつか使う日が来る」という考えが処分の邪魔になることがあります。今は使わなくても将来使う可能性があると考えるうちは、処分する決断ができないものです。ものを捨てることが苦手な人は、廃棄するタイミングを失いがちと言えます。

3.ルームランナーの処分:自分で捨てる場合

ルームランナーを処分したいとき、自治体回収で捨てることができます。具体的な内容と流れ、メリット・デメリットなどを解説しましょう。

3-1.自治体回収を利用する場合

ルームランナーは、素材が主に金属などでできていることから、不燃ゴミもしくは粗大ゴミとなります。ゴミの分類は自治体によって異なるため、まずは居住地域の自治体でどんな扱いになっているのか調べてみましょう。なお、粗大ゴミに該当するのに、不燃ゴミとして出しても回収してもらえません。

3-2.ルームランナーの処分の流れ

ルームランナーの処分の流れについて、不燃ゴミ・粗大ゴミに分けて解説します。

3-2-1.不燃ゴミの場合

  1. 不燃ゴミの回収曜日・日時になったら自分で集荷場所に運ぶ
  2. 自治体の収集車が回収する

3-2-2.粗大ゴミの場合

  1. 自治体の粗大ゴミ受付センターに連絡する
  2. 回収日時・場所の指定を受ける
  3. コンビニで回収料金分の「粗大ゴミリサイクル券」を購入する
  4. 「粗大ゴミリサイクル券」をルームランナーに貼り、回収日時に指定場所に運ぶ
  5. 自治体の収集車が回収する

なお、自治体によっては、上記3と4の過程が不要の場合もあります。

3-3.自分で捨てるときにやるべきことや費用

自分で捨てるときは、ゴミの種類を調べて適切な準備を進めてください。不燃ゴミの場合は、自治体に連絡不要です。しかし、粗大ゴミの場合は自治体に連絡を入れ、指示を受ける必要があります。指定日時以外に集荷場所に持っていっても回収してもらえないので気を付けましょう。なお、自治体回収の場合、不燃ゴミは無料・粗大ゴミは数百円程度の回収費用がかかります。不燃ゴミ・粗大ゴミのいずれにしても、破損しているものを出すときは、回収する人がケガをしないように段ボールやガムテープで保護し、「破損部分に注意」と書いた紙を貼り付けておくと親切です。

3-4.ルームランナーを自分で処分するメリット・デメリット

ルームランナーを自分で処分するときのメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

3-4-1.メリット

  • 処分費用が安く済む(粗大ゴミの場合で数百円程度)
  • 依頼先が自治体なので安心できる

3-4-2.デメリット

  • 自治体が指定した日時・場所での集荷となる
  • 集荷場所まで運ぶのが大変(重さ・大きさがあるため)
  • 手続きが面倒(自治体への連絡・粗大ゴミリサイクル券の購入や貼り付けなど)

4.ルームランナーの処分:販売業者の下取りの場合

ルームランナーを買い替えに伴って処分するときは、販売業者の下取りを利用できることがあります。

4-1.ルームランナーを買い替えたほうがいい場合

以下の場合は、ルームランナーの買い替えをおすすめします。

  • 不具合が目立つようになった
  • 故障して動かない
  • 機能に不満が出てきた
  • 外見の汚れや傷などが気になる

4-2.ルームランナーの新製品が安い時期は?

ルームランナーの新製品を安く買うのなら、「型落ち品」を狙うのが一番です。型落ち品とは、最新機種よりひとつ前の機種のことを言います。最新機種と比較して機能などに十分納得できるのなら、割安となるので購入を検討しましょう。ただし、型落ち品はメーカーが生産を中止もしくは縮小しているものです。在庫がなくなりしだい販売終了となるので気を付けましょう。

4-3.販売業者の下取りや引き取りについて

販売業者では、新規購入を促すため、不要になったルームランナーの下取りや引き取りをサービスで行っていることがあります。まずは、購入予定の販売業者にサービスの有無を確認してみましょう。サービスを行っていれば、新規購入を条件に引き取ってもらえるのでお得です。

4-4.通販業者の場合は?

通販業者の場合は、ほとんどがルームランナーの下取りや引き取りを行っていません。通販業者は、最低限のサービスだけにすることにより、販売価格を安くしているからです。下取りや引き取りには、集配費用がかかります。すると、通販価格を安く維持するのが難しくなるのです。通販業者での下取りや引き取りには、期待できないと考えておきましょう。

4-5.販売業者の下取りや引き取りの手数料

販売業者の下取りや引き取りは、手数料無料が多くなります。無料で回収することで、新品の購入がしやすくなるからです。また、中には、数千円程度の金券をもらえることがあります。実質、新規購入費用が安くなることになるのでチェックしておきましょう。

4-6.販売業者の下取りや引き取りのメリット・デメリット

販売業者の下取りや引き取りのメリット・デメリットの両方について理解しておきましょう。

4-6-1.メリット

  • 新規購入と同時に処分できる
  • 販売店に引き渡すだけで処分できるので簡単

4-6-2.デメリット

  • 業者によっては店頭まで運ぶ必要がある
  • 下取りや引き取りだけを単体で依頼できない
  • 対象機種が限られていることがある

4-7.販売業者の下取りや引き取りにかんする注意点

販売業者の下取りや引き取りは、買い替えを前提にしたものです。そのため、新規購入を予定していない場合は、利用できないので注意してください。また、必ずしも下取りや引き取りを実施している店舗ばかりではありません。

5.ルームランナーの処分:リセールする場合

ルームランナーでも、まだキレイで十分に再使用できるものは、中古品としてリセールすることもできます。

5-1.買い取りしてもらえルームランナーの条件

ルームランナーでも、以下の条件を満たす場合は買い取りしてもらえる可能性が高くなります。

  • アルインコなどの人気ブランド・メーカーのもの
  • 年式が新しく使用感が少ない
  • 目立つ傷・汚れ・においがない
  • 使用説明書・付属品などがそろっている

5-2.ルームランナーをリセールする方法について

リセールの方法としては、以下のようなものがあります。

5-2-1.リサイクルショップに売る

リサイクルショップにルームランナーの買い取りを依頼しましょう。店頭に直接持ち込んで、査定を受けてください。査定の結果、買い取りが可能となり、提示金額に納得した場合は、契約成立です。ルームランナーを引き渡して、代金を受け取りましょう。なお、買い取りできない場合は持ち帰り、改めて別の業者に査定を依頼するか、ほかの方法でのリセール・処分を検討してください。

5-2-2.フリーマーケットで売る

ルームランナーは、フリーマーケットで売ることも考えましょう。大きな公園や神社の境内など、定期的に開催するフリーマーケットに出店を申し込み、許可を得てください。開催当日に、売値を付けたルームランナーを店頭に並べ、購入希望者を待ちましょう。交渉力が問われる方法ですが、接客好き・おしゃべり好きな人に向いていると言えます。なお、なかなか売れない場合は、値段を下げて買いやすくするなどの工夫も必要です。最終的には、本当に必要な人が持っていってくれれば、売値は安くてもいいと考えるとうまくいきますよ。

5-2-3.ネットオークションで売る

インターネットでは、オークションサイトを介して毎日多くの不用品のやりとりが行われています。ルームランナーも、ネットオークションを利用して売ることが可能です。まずは、オークションサイトに会員登録をし、出品手続きを取りましょう。落札希望者が現れ、無事に取り引きが成立した後は、入金確認・配送を行ってください。残念ながら入札希望者が現れなかったり、最低落札価格に満たなかったりした場合は、出品期間の延長などを考えましょう。

5-3.ルームランナーをリセールするメリット・デメリット

ルームランナーをリセールするメリット・デメリットを学びましょう。

5-3-1.メリット

  • 条件によっては思わぬ高値で売れることがある
  • リサイクルショップ・フリーマーケットはすぐにお金を受け取り可能
  • 本当に必要な人に再利用してもらえる

5-3-2.デメリット

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 故障しているものは基本的に売ることができない
  • リサイクルショップの場合は処分だけを依頼できない
  • フリーマーケット・ネットオークションは個人間取り引きのためトラブルも多い(商品クレームなど)

5-4.ルームランナーを高値で売るためのコツや注意点

ルームランナーをできるだけ高値で売るためには、以下のポイントを頭に入れておきましょう。

  • できるだけキレイに掃除をしておく
  • できるだけ早く売りに出す(年式が新しいものほど有利)
  • 説明書や付属品をそろえておく

6.ルームランナーの処分:回収業者に依頼する場合

不要になったルームランナーの処分は、回収業者に依頼することも考えましょう。回収の流れや利用方法のほか、料金・メリットやデメリットなど詳しく解説します。

6-1.業者による回収の流れや方法

ルームランナーの回収を業者に依頼した場合は、以下のような流れで進みます。

  1. 業者に回収の見積もりを依頼する(問い合わせフォーム・電話などによる)
  2. 業者から届いた見積もりを確認する
  3. 内容(料金・日時・回収方法など)に問題がなければ正式契約
  4. 業者は依頼者から指定を受けた日時・場所でルームランナーを回収する

6-2.ルームランナーの回収料金

ルームランナーの回収料金は、直接回収の場合で、1台に付き数千円程度です。なお、マンションの高層階からの荷物出しなど、オプション料金がかかることがあります。実際の金額については、業者に見積もりをもらってください。

6-3.回収業者にルームランナーの処分を依頼するメリット・デメリット

回収業者にルームランナーの処分を依頼することにも、メリット・デメリットの両方があります。

6-3-1.メリット

  • 日時・場所を指定できる
  • 集荷場所まで運ぶ手間がかからない
  • ルームランナー以外の不用品も処分依頼できる(事前連絡・相談が必要)
  • 状態のいいものは買い取りになることもある

6-3-2.デメリット

回収業者を利用する場合は、費用がかかる点が最大のデメリットです。しかし、回収費用を支払っても、時間や労力が大幅に節約でき、気軽に処分できるのは大きなメリットと言えるでしょう。また、業者選びを適当に行うと、担当者の態度が悪い・指定日時より遅れて回収に来たなど、サービス内容に不満が残ることになるので気を付けてください。

6-4.回収業者選びのポイントをチェック

ルームランナーの処分は、以下のポイントを満たす業者に依頼しましょう。

  • ルームランナーをはじめ、不用品回収で豊富な実績がある
  • 状態のいいものは積極的に買い取りをしている
  • 見積もりを無料で行っている
  • 希望の日時・場所での回収が可能
  • 回収費用がリーズナブル
  • 顧客からの問い合わせに親切な対応をしており評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を取得している

なお、当パソコンダストでも、不要になったルームランナーの回収をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6-5.コストをかけずに回収してもらうコツ

ルームランナー以外のもので、不用品がないか確認してください。たとえば、家電製品・貴金属類・家具・ブランド品など、中古品としての価値があるものは、業者で買い取りできる場合があります。すると、買い取り代金と回収費用を相殺できるので、コストダウンが可能となるのです。家の中には、買い取り対象となる不用品が眠っています。もう使う予定がないものは思いきって処分してしまいましょう。

6-6.無料回収業者には注意しよう

回収業者の中には、「無料回収」を必要以上に強調する業者がいます。しかし、無料で回収できると思わせておき、実際には何かと理由を付けて有料回収にするトラブルが多いので気を付けてください。特に、営業車で巡回していたり電話で勧誘してきたりするところには注意しましょう。中には、古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可など、必要な免許を持っていない違法業者も紛れているものです。ルームランナー以外にも、貴金属類や骨とう品などの高価なものを不当に安い価格で無理やり「押し買い」するなど、トラブルに巻き込まれるケースも増えています。回収業者は自分できちんとチェックし、信頼できるところを選びましょう。

7.ルームランナーの処分・廃棄にかんするよくある質問

最後に、ルームランナーの処分・廃棄にかんするよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、実際に処分するときに役立ててください。

7-1.大きなルームランナーも分解すれば不燃ゴミとして出せますか?

分解可能な場合は、不燃ゴミとして出すことができる場合もあります。ただし、自治体によって不燃ゴミの最大サイズが異なるものです。たとえば、ある自治体は一辺が60cm以下となることが条件となります。分解しても、条件を満たさなければ粗大ゴミとなるので注意しましょう。

7-2.不要になったルームランナーを2台同時に処分できますか?

2台同時に処分可能です。ただし、粗大ゴミの場合は手続きと費用がそれぞれに必要となるので注意してください。ルームランナーを2台同時に処分したいときは、回収業者に相談してみましょう。1台ずつ処分するよりもお得なプランを紹介してもらえることがあります。

7-3.ルームランナーの査定金額に納得できないときは処分を中止するべきですか?

業者では、中古品のルームランナーとして再販可能かどうかをチェックしています。そのため、条件によっては査定金額に満足できないこともあるでしょう。まずは、査定理由を詳しく聞いてみてください。査定理由に納得できない場合は、ほかの業者に改めて査定依頼をすることもできますからよく考えて決断しましょう。

7-4.業者で回収したルームランナーはどうなるのですか?

業者で回収したルームランナーは、状態のいいものはクリーニング・再調整をして中古品として販売します。故障などで中古品として販売できないものは、素材ごとに分解し、資源リサイクルに回すのです。いずれにしても、貴重な資源として有効活用してもらえるので安心してください。なお、信頼できない業者は、回収したルームランナーを山林などに不法廃棄してしまうケースもあるので気を付けましょう。

7-5.ルームランナー以外にも不用品がたくさんある場合のいいアイデアは?

ルームランナーの処分と同時に、多くの不用品を処分したいときは、特定の商品との同梱を条件に送料無料で処分できるサービスを利用することを考えてみてください。たとえば、当パソコンダストでも、パソコン・スマートフォンなどの対象商品との宅配便同梱で、送料・回収費用無料となるサービスを行っています。多くの不用品をお得に処分できる方法ですから、ぜひ利用してください。

まとめ

今回は、ルームランナーの処分や廃棄について詳しく解説しました。不要になったルームランナーも、中古品として十分に活用できる場合があります。また、故障しているものも資源リサイクルに回すことで有効活用できるのです。ゴミとして処分するよりも、リサイクルできる方法を選びましょう。なお、ルームランナーは大きくて重いため、回収業者に処分を依頼すると便利です。都合のいい日時・場所を指定できるので時間や手間をかけずに楽に処分できます。信頼できる業者なら確実にリサイクルしてもらえるので、ぜひ検討してみてください。