クローゼットのカビ対策! 掃除・収納・除湿のコツや便利グッズなどご紹介

クローゼットは意外にカビが発生しやすい箇所と言われています。湿気がこもりやすい・湿気を含んだ服がたくさん詰まっている・ほとんど換気をしていない……こんなクローゼットを使っている方は要注意です。今回はクローゼットのカビ対策や掃除方法などをご紹介します。

  1. クローゼットのカビについて
  2. クローゼットのカビを見つけたら
  3. クローゼットのカビ対策
  4. クローゼット・カビ対策についてよくある質問
  5. まとめ

クローゼットのカビでお悩みの方、掃除方法について知りたい方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。クローゼットのカビ対策のための掃除・換気・収納・除湿方法など、お役立ち情報が満載です。

1.クローゼットのカビについて

1-1.クローゼットにもカビが発生する?

クローゼットは使い方や環境によっては、カビが生えてしまうことがあるのです。以下のような原因や特徴があります。あてはまる方は注意しましょう。

  • 湿気がこもりがちな部屋にクローゼットが置いてある
  • ぬれた服をそのままクローゼットに戻すことがある
  • クローゼット内の換気をしていない
  • 何年も入れっぱなしの服や靴・カバンがある

1-2.放置するとどうなるか

カビは、勝手になくなるものではありません。それどころか、放置しておくと環境によってはどんどん増殖してしまいます。カビを日常的に吸い続けるとアレルギーや気管支炎などの危険性も出てきてしまうのです。この機会にしっかりとクローゼットのカビ取りをしましょう!

2.クローゼットのカビを見つけたら

2-1.クローゼットの掃除について

クローゼットにカビが出てしまったらすぐに掃除しましょう。カビの根が浅いうちは、比較的楽にカビ取りできる可能性もあります。下記の方法を参考にしてみてください。

2-2.用意するもの

  • マスク
  • ゴム手袋
  • ぞうきん・ふきんなど
  • アルコールスプレー
  • 漂白剤(キッチン用がおすすめ)
  • 紙やすり

2-3.掃除の方法・ポイント・流れ

掃除前に、クローゼット内の服をすべて出してください。クローゼットに服を入れたまま掃除すると、服が汚れたり、隠れたカビを見落としたりしてしまう可能性があります。軽いカビ汚れはアルコール除菌によって取れるでしょう。しつこいカビ汚れは漂白剤を使って拭き取りましょう。なんどか繰り返し拭くと取れることがあります。クローゼットが変色してしまう可能性がありますので、目立たない場所で試したり、漂白剤を薄めてもよいでしょう。どうしても取れないカビは、紙やすりでこすり取ってください。

2-4.服の洗濯など

服にもカビが付いてしまっている場合は、洗濯や漂白などで落とす必要があります。一か所でもカビが残っていると、またカビが増殖してしまうのです。服の素材や色によっては漂白剤を使って洗濯しましょう。漂白剤を使えない服は、中性洗剤でつけ置き・熱めのぬるま湯(50℃程度)でゆすいだあと、すぐに干せばカビを除去しやすくなります。服の洗濯の際もマスクや手袋をしてください。

2-5.注意点

カビ取りをおこなう際は、換気をしっかりおこないましょう。こもった部屋で漂白剤を使うと危険です。また、服に直接漂白剤がかかったり付いたりしないように注意してください。

3.クローゼットのカビ対策

3-1.カビが発生しないようにするためには

クローゼットのカビ取りは大変労力がかかります。事前の対策や工夫で、クローゼットにカビを発生させないことが大切です。そのためにはカビが生えにくい環境を作りましょう。主な対策は以下のとおりです。

  • こまめに換気する
  • 湿度計を付ける
  • 服を定期的に入れ替える(クローゼットから出す)
  • ぬれた服を入れない
  • すきまをあけて服を収納する

3-2.便利グッズを使用する

クローゼットのカビを予防するには、以下のようなグッズの利用もおすすめです。

  • 湿度計:客観的に湿度のチェックができます。いつもより湿度が高い場合は、換気をしましょう
  • 除湿剤:市販のもので結構です。クローゼット内の湿気を吸ってくれます
  • 除湿機:(クローゼットが置いてある)部屋の湿度が高い場合は、根本から湿度を下げる必要があります
  • 扇風機・サーキュレーター:クローゼット内を一気に換気するのに便利です。服にこもった湿気も飛ばすことができます

4.クローゼット・カビ対策についてよくある質問

Q.クローゼットの中がにおうのですが?
A.におい取りには重層がおすすめです。重層を粉のまま置いておくだけで消臭効果があります。アロマオイルを垂らすと、クローゼットに良い香りが広がるでしょう。ただし、カビ臭さを他の香りでごまかしても意味がありません。根本的な掃除やカビ取りをしっかりおこなってからにしましょう。

Q.湿気がこもりやすい部屋なのですが、カビ対策はどうしたらいいですか?
A.クローゼットを中心に、部屋全体の換気をこまめにおこないましょう。週一回しっかり換気をするよりも、数分でもいいので毎日換気したほうが、効果があがります。帰宅したらすぐに窓を開ける習慣をつけるのがおすすめです。扇風機やサーキュレーターを使うと換気効果がアップするでしょう。

Q.カビの発生を防ぐような服の収納方法はありますか?
A.クローゼットに服を収納する際は、通気性をよくするのがポイントです。たとえば以下のような方法があります。

  • ギュウギュウに詰め込みすぎない
  • ハンガーの高さを交互にずらして段差を付ける
  • 服をしっかり干してから収納する
  • カバンや靴は不織布などにくるんで収納する(箱やビニールは通気性が悪い)

Q.梅雨時期のカビ対策はどうしたらいいですか?
A.梅雨時期は洗濯物が乾きにくく、部屋の湿度もあがってしまいます。エアコンや除湿機を使って、湿度を強制的に下げましょう。洗濯物を部屋干しする場合は、扇風機やサーキュレーターを使って短時間で乾かすのがおすすめです。くれぐれも湿った服をクローゼットに持ち込まないようにしてください。場合によってはコインランドリーで乾燥させるのも一手です。お金がかかってしまいますが、カビが生えて台無しになるよりはいいでしょう。

Q.ふとんのカビ取りはどうしたらいいですか?
A.アルコールや漂白剤が使えないもののカビ取りは、一般家庭では難しいかもしれません。クリーニング店やふとん洗濯専門店などに相談してみましょう。思いきって買い替えるのも一手です。また、すのこや押し入れ用シートを使うことによって、ふとんに湿気がこもりにくくなります。

5.まとめ

クローゼットのカビ取り方法や予防策などについてご紹介しました。クローゼットや服にカビが生えてしまうとショックですが、正しい方法で掃除・洗濯すればカビが取れることもあります。また、日ごろからカビ予防として換気や服の整理・出し入れをすることによって、クローゼットをより有効に活用することができるでしょう。クローゼットのカビ問題が発生してしまった場合は、この記事の内容を思いだしてください。