家電の買い替えはタイミングが重要! 賢い処分方法も知っておこう!

「家電の買い替え時期や古い家電の処分方法を知りたい」という人は多いでしょう。家電には必ず寿命があります。何年くらいで寿命を迎えるのか、不具合が起きる前に買い替えるべきなのか、事前に知っておくと安心です。また、古い家電をどのように処分するかについても考えておくとよいでしょう。販売店による引き取りや不用品回収業者を利用する方法もあるため、ぜひ把握しておいてください。この記事では、家電の寿命や買い替えのタイミング、古い家電の処分方法などをまとめてご紹介します。

  1. 家電の買い替えについて
  2. 家電の買い替え時期について
  3. 家電の買い替え、処分について
  4. 家電の買い替えに関するよくある質問

この記事を読むことで、家電の買い替えについてどうするべきか分かるはずです。ぜひ参考にしてベストな買い替えをしてください。

1.家電の買い替えについて

まずは、家電の買い替えを検討する理由や家電の寿命などをまとめました。

1-1.家電を買い替える理由

家電の買い替えを検討するのは、以下のような場合が多いでしょう。

  • 故障して使えなくなった
  • 寿命が近づき、不具合が頻繁に起こるようになった
  • もっと性能のよいものが欲しくなった
  • 省エネ商品に買い替えて電気代を節約したい

1-2.主な家電の寿命

家電の買い替えを検討するにあたって、大まかな寿命を把握しておく必要があります。主な家電の寿命をご紹介しましょう。

  • 冷蔵庫:10~15年
  • 電子レンジ:10年
  • 炊飯器:3~5年
  • 洗濯機:7~8年
  • テレビ:10年
  • エアコン:10年
  • 掃除機:7年

1-3.買い替えのメリット

家電は発売から数年たつとメーカーが部品を保有しなくなるため、故障しても修理するのが難しくなります。修理に高額な費用がかかる場合もあり、買い替えのほうがずっとお得になる可能性もあるのです。また、最近の家電はエコに特化したものも多いため、買い替えたほうが光熱費を安く抑えられるようになる場合もあるでしょう。買い替えにはメリットが多いということを覚えておいてください。

2.家電の買い替え時期について

家電の買い替えに最適に時期や買い替えのサインなどをまとめました。

2-1.最適な時期とは?

故障してすぐに買い替えが必要な場合を除けば、モデルチェンジや季節の変わり目といったタイミングを狙うのがおすすめです。新しいモデルが発売される際には、在庫処分として前のモデルが値下げされることが多いため、お得に購入できるチャンスでしょう。家電の新モデルが発売されるのは、3月や9月など季節の変わり目が多くなっています。今すぐ買い替えが必要ないなら、その時期まで待ってみてはいかがでしょうか。そのほかにも、年末年始や決算期などに家電の安売りを行う販売店が多くなっています。普段の値段もチェックしておき、どのくらい安くなっているのか確認してみましょう。

2-2.買い替えのサイン

家電の買い替えを検討すべきサインにはどのようなものがあるのでしょうか。主な家電を例に挙げてご紹介します。

  • 冷蔵庫:異音がする・庫内の冷えが悪い・水漏れする・一部が冷えない
  • エアコン:異音がする・冷風や温風が出ない・操作が効かない・電源を入れるとブレーカーが落ちる
  • 洗濯機:途中で止まる・脱水や乾燥が不十分・水漏れする・異音がする・電源プラグが異常に熱くなる
  • テレビ:電源が入らない・色がおかしい・音声がおかしい・異臭がする・画面に線が入る
  • パソコン:頻繁にフリーズする・起動の際に異音がする・頻繁に電源が落ちる

2-3.注意点

冷蔵庫やエアコン・炊飯器など、毎日使うものが突然壊れて使えなくなると、生活に支障をきたします。すぐ買いに行けるならともかく、そうでない場合もあるでしょう。家電の寿命を把握しておき、普段から不具合が起きやすくなっていないか確認しておいてください。完全に故障する前に買い替えを検討すべきです。

3.家電の買い替え、処分について

家電を買い替える際には、古い家電の処分方法についても考えなければなりません。処分方法やリサイクルについてご紹介しましょう。

3-1.古い家電はどうするのか?

不要になった家電は、廃棄かリサイクルをして処分する必要があります。自治体の回収を利用する場合は、自治体ごとに分類や出し方が異なるため確認しておきましょう。また、まだ使える状態の家電はリサイクル品として買い取りしてもらう方法もあります。壊れていても部品を取り出して有効活用できる場合があるため、ゴミとして捨てる前に検討してみましょう。

3-2.家電リサイクル法について

テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機の4品目は、家電リサイクル法の対象になります。家電リサイクル法とは、ゴミの減量と再資源化を目的として制定された法律です。基本的に自治体による回収を行わず、販売店が引き取りをしてリサイクルに回すことを義務づけています。消費者はリサイクル料金を支払い、家電量販店などに引き取りを依頼する必要があるのです。

3-3.リサイクルの必要性

家庭から排出された廃家電は、以前までそのほとんどが埋め立て処分されてきました。しかし、埋め立て地の残りが少なくなってきていること、廃家電には再利用できる有効資源が含まれていることを理由に、リサイクルすることが推奨されるようになったのです。家電のリサイクル自然環境への影響を少なくするためにも必要なことといえます。

3-4.処分方法

家電の処分方法とそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

3-4-1.自治体回収

家電リサイクル法の対象品目以外は、自治体を利用して処分することができます。回収ボックスを設置して小型家電を回収している自治体もあるため、確認してみてください。スーパーや家電量販店などに設置されたボックスに投かんするだけで無料回収してもらえます。ただし、投かん口に入らないサイズのものは別の方法で処分する必要があるため、自治体のホームページをチェックしておきましょう。また、回収ボックスの設置場所を自分で探さなければならないため、少々手間に感じる人も多いと思います。

3-4-2.販売店による引き取り

新しい家電の購入と引き換えに、古い家電を引き取ってくれる販売店もあります。購入と処分が同時にできるため、効率的な方法といえるでしょう。ただし、すべての販売店が引き取りサービスを行っているわけではありません。直接持ち込む前に問い合わせをして確認しておくのがおすすめです。

3-4-3.リサイクルショップによる買い取り

近所にリサイクルショップがある場合は、持ち込んでみましょう。その場で査定して現金化できるため、急いで処分したい人におすすめです。ただし、状態によっては買い取り不可になる場合もあります。せっかく持ち込んでもまた持って帰らなければならなくなることもあるでしょう。

3-4-4.不用品回収業者による回収

家庭から出た不用品を回収してくれる業者もあります。自分で分別する必要も持ち運ぶ必要もないため、大変便利です。料金については業者によって違いがあるため、しっかり確認しましょう。パソコンや不用品の無料回収を行っている「パソコンダスト」では、対象品目と同こんして送れば全国どこからでも送料無料で不用品の回収が可能なため、チェックしてみてください。不要な家電を一気に処分するチャンスです。

4.家電の買い替えに関するよくある質問

「家電の買い替えについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.家電をリサイクルショップに売る際のポイントを教えてください。
A.できるだけきれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。新品の状態に近づけることが高額買い取りのポイントです。

Q.冷蔵庫の寿命を延ばすにはどのようなことに注意したらよいでしょうか?
A.ものを入れすぎると冷却効率が悪くなり、モーターの負担が大きくなるため注意してください。また、温かいまま食品を入れること、頻繁にドアを開け閉めすることも避けるべきです。

Q.新しい家電を通販で購入する場合、古い家電は引き取ってもらえないのでしょうか?
A.通販業者によっては、引き取りサービスを行っているところもあります。ただし、一時的なキャンペーンとして行っている場合もあるため、しっかりチェックしてください。

Q.無料の不用品回収業者を利用する際の注意点は何ですか?
A.なぜ無料で回収できるのか、その理由をしっかり説明している業者を選ぶようにしてください。きちんと説明できない業者は悪徳業者の可能性があります。

Q.パソコンを処分したいのですが、データ消去を業者に依頼することは可能ですか?
A.「パソコンダスト」ではデータ消去サービスも行っています。不要なパソコンの回収と同時に、ぜひ利用してください。

まとめ

いかがでしたか? 家電を買い替えるタイミングや不要な家電を処分する方法などをまとめてご紹介しました。家電の買い替えはタイミングを見極めることが大切です。毎日使用するものは特に慎重な検討が必要になるでしょう。古い家電の処分方法についても、事前に決めておくことをおすすめします。ぜひこの記事を参考にして、スムーズに家電の買い替えをしてください。