エプソンのプリンターを廃棄したい人必見! お得な処分の方法と注意点

エプソンのプリンターは、小型で発色がいいことから人気が高いブランドです。一方でインクが目詰まりしやすいという声も多く聞かれます。プリンターは技術の革新が目覚ましい機器です。最近ではプリンターの価格も手頃なため、不具合がある場合は、修理をするより新しいものを買った方がお得な場合もあります。では、買い替える場合、プリンターはどう廃棄したらいいのでしょう? この記事では、エプソンのプリンターの廃棄やお得に処分する方法についてご紹介します。

  1. エプソンのプリンターの廃棄方法について
  2. エプソンのプリンター、リセールについて
  3. エプソンのプリンター、回収業者へ依頼する
  4. よくある質問

この記事を読むことで、エプソンのプリンターをお得で楽に廃棄する方法が分かります。ぜひお役立てください。

1.プリンターはゴミとして捨てられるか?

プリンターを廃棄する場合、何ゴミになるのでしょう? 処分の際の注意点について説明します。

1-1.パソコンとの違い

パソコンを処分する場合は、PCリサイクル法に基づき、リサイクルが義務付けられています。パソコン本体だけでなく、モニターも対象です。では、プリンターはどうでしょう? 実は、プリンターは対象外なのです。廃棄したい場合には、ゴミとして自治体の回収に出すことができます。

1-2.事業用はNG

自治体の回収に出せるのは、家庭用のプリンターだけです。事業用のプリンターは自治体では回収できません。事業用のプリンターは、産業廃棄物の処理業者に回収してもらいましょう。

1-3.粗大ゴミか、燃えないゴミかチェック

自治体の回収に出す場合、プリンターが何ゴミになるかは、各自治体のルールに従います。ゴミの分別方法は、自治体のホームページなどで確認しましょう。多くの自治体では1辺が30cm以上のものを粗大ゴミと規定しています。

1-4.インクはリサイクルへ

プリンターを廃棄する際には、インクカートリッジはリサイクルに出しましょう。家電販売店の店頭などにインク回収ポストが設置されているので、これを利用します。

1-5.廃棄の注意点

プリンターが、ネットワークやファックス送信機能に対応している機種の場合、メモリー内部に情報が保存されていることがあります。この場合は、マニュアルを確認し、情報を消去することが大切です。ただし、一般的な家庭用プリンターであれば、メモリーが残る心配はまずないので、そのまま廃棄しても問題ありません。メモリーカードなど記録媒体は本体から外しておきましょう。

2.エプソンのプリンターの廃棄方法について

エプソンのプリンターはメーカーで回収してもらえるのか、自分で廃棄するにはどうしたらいいのか、について説明します。

2-1.エプソンの人気について

エプソンはキヤノンと並んで国内で1、2を争うプリンターメーカーです。2016年の家庭用インクジェットプリンターで、一番売れたのはエプソンでした。シェアは全体の40%以上に上ります。エプソンのプリンターは写真の発色がいいことで知られ、家庭用プリンターとして人気が高いのです。

2-2.エプソンの回収サービスについて

エプソンでは「資源有効利用促進法(PCリサイクル法)」に基づいて、家庭で使用済みとなったパソコン回収サービスを行っています。しかし、プリンターは一般廃棄物となるため、回収は取り扱っていません。
純正カートリッジに関しては、無料で回収・再資源化しています。回収対象となるのは、インク・トナー・リボンです。回収方法は販売店店頭の回収ポストを利用します。郵便局や自治体の専用回収箱でもインクの回収が可能です。

2-3.自分で廃棄する場合

プリンターを粗大ゴミとして廃棄処分する場合、自治体の粗大ゴミ回収センターなどに連絡し、回収の申し込みが必要です。申し込み後に処分の手数料を支払い、指定の日時に回収場所に出します。処分費用は、自治体により違いますが、だいたい300~1000円程度です。費用はプリンターの大きさによって変わります。
プリンターは、「家電リサイクル法」の対象ではありません。ただし、「小型家電リサイクル法」の対象品目であるため、自治体のリサイクルボックスで回収できるケースもあります。小型家電の回収品目は自治体によって異なるため、自分の住む自治体に確認してみましょう。

3.エプソンのプリンター、リセールについて

エプソンのプリンターは、中古で売ることができるのか解説します。

3-1.中古市場について

エプソンのプリンターは、販売台数も多く、人気メーカーのため、中古での取り引きも盛んに行われています。プリンターは技術革新が速いので、新しい機種は特に需要が高いのです。

3-2.リセールできるもの、できないもの

リセールできるものは、破損やインク詰まりがなく、正常に動作するもので、比較的新しい機種です。販売から5年以内のものは、買い取り対象になることが多いでしょう。

3-3.人気の機種など

インクジェット複合機、カラリオのEPシリーズが人気です。小型ボディーで、顔料インクを使った美しい写真印刷ができます。ほかにも、お手頃モデルのPXシリーズや、年賀状印刷専用のPFシリーズなどが人気です。

3-4.リセール方法

リセールには、リサイクルショップや買い取り専門店を利用するのが一般的です。ネットオークションやフリマアプリを使って自分で売る方法もあります。この場合、個人対個人の取り引きになるため、トラブルに注意しましょう。金銭授受や品物の発送の際には十分注意が必要です。

4.エプソンのプリンター、回収業者へ依頼する

プリンターを自分で廃棄する時間がない、面倒だから楽に処分したい、という場合は、不用品回収業者を利用する方法があります。

4-1.回収業者とは

不用品回収業者は、使わなくなったものや不用品を回収してくれる業者です。出張・宅配・持ち込みなどの方法で、不用品の回収をします。不用品の処分には、処分費用がかかるのが普通です。

4-2.回収の流れ、料金、メリットデメリット

回収は、インターネットや電話で申し込みをして、見積もりを依頼し、品物を回収してもらうという流れになっています。回収には1点ごとに処分費用が設定されているのが一般的です。エプソンの家庭用プリンターの場合、小型のものが多いので、それほど高額にはなりませんが、1,000円以上はかかるでしょう。処分費用のほかに出張費などかかる場合があるため、あらかじめ確認しましょう。

4-3.業者の選び方のコツ

回収は信頼できる業者に依頼することが大切です。以下のチェックポイントを参考にしてください。

  • 料金体系が分かりやすいか
  • 対応が丁寧か
  • 必要な許可を持っているか
  • 実績は豊富か
  • 回収方法が宅配・持ち込み・出張から選べるか
  • 全国対応しているか

4-4.無料回収の裏技

不要なプリンターを、お金をかけてまで処分したくない場合は、無料回収という方法を考えてみましょう。プリンター以外に、パソコンや液晶テレビなどを処分したい場合には、パソコンダストの無料回収をお得に利用できます。これは、中古パソコンなど無料回収指定品目と同時の回収なら、プリンターをはじめとする多くの家電品や家庭用品などが無料で回収できるというものです。宅配の場合、送料も無料になります。この無料回収は、引き取った商品を中古品やリサイクル資源として再販するシステムにより実現したものです。

4-5.注意点

無料回収業者の中には、軽トラックで街中を巡回している業者や、チラシをポスティングしている業者があります。これらの業者は無許可営業であることが多く、無料回収といいながら、さまざまな名目で高額な請求をすることがあるのです。また、不法投棄のトラブルも報告されています。パソコンダストのように、無料回収の根拠を明確に示している許可業者を選ぶことが大切です。

5.よくある質問

エプソンのプリンターを廃棄したい場合に、よくある質問をまとめました。

Q.エプソンプリンターを買い替える場合、下取りはできますか?
A.エプソンの場合、下取りはメーカーでは行っていません。販売店でキャンペーンなどにより下取りサービスを実施することがあるため、問い合わせてみましょう。

Q.エプソンのプリンターの修理対象期間を教えてください。
A.エプソンのメーカー修理対応は、製造終了後5年です。5年を過ぎて故障した場合は、修理ではなく買い替えた方がいいでしょう。

Q.エプソンのプリンターを高価買い取りしてもらうコツはありますか?
A.なるべくきれいな状態にしておきましょう。汚れを落とし、CDなど付属品をすべてそろえます。保証書や外箱も用意しておくといいでしょう。

Q.エプソンの壊れたプリンターを1点だけ処分したい場合も無料回収できますか?
A.パソコンダストの無料回収は、壊れていても大丈夫です。宅配回収の場合、送料はお客様負担になりますが、無料で回収できます。

Q.小さなプリンターは不燃ゴミに出すことはできるでしょうか?
A.プリンターは一般廃棄物なので、ゴミとして処分できますが、何ゴミに分類されるかは自治体の決まりに従ってください。エプソンカラリオのPFシリーズのように、年賀状専用の小さなプリンターなら不燃ゴミとして出せる可能性もあります。

まとめ

エプソンは信頼できるプリンターメーカーです。カラリオシリーズはとても人気があります。処分したいプリンターが、比較的新しく動作に支障がないものは買い取りに回し、古いもの・壊れているものは不用品回収に出すなど、状況に合わせて廃棄の方法を選ぶといいでしょう。