食器棚を整理するポイントとは? 出し入れしやすいアイデア術も紹介

「出し入れがしやすくなるように食器棚を整理したい」という人は多いと思います。食器は毎日のように何度も使うものです。「使いたい食器をすぐ取り出すことができない」「キッチンの棚がすぐゴチャゴチャになってしまう」という悩みは、何とかしなければなりません。収納方法を工夫して、ストレスなく出し入れできる食器棚を作り出しましょう。この記事では、食器棚を整理するポイントやアイデア術などをご紹介します。

  1. 食器棚の整理について
  2. 食器棚の整理方法とポイント
  3. 食器棚を整理するアイデア術を紹介
  4. 不要になった食器の処分方法とは?
  5. 食器棚の整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、食器棚を使いやすく整理することができるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.食器棚の整理について

まずは、食器棚を整理するにあたって基本にすべきことをご紹介します。

1-1.「出し入れしやすい整理」を心がける

食器棚の整理するポイントは、出し入れがしやすいようにすることです。スムーズに取り出すことができず、出し入れするたびにガチャガチャと大きな音を立ててしまうこともあると思います。出し入れのしやすさを重視して整理することで、そういった不便を感じることはなくなるでしょう。

1-2.サイズや種類、使用頻度ごとに整理する

出し入れしやすい食器棚にするためには、食器をサイズや種類、使用頻度によってまとめて整理することがおすすめです。そうすることで、食器棚内がスッキリして見えるでしょう。バラバラに収納すると、何がどこにあるのか一目で分からず、食器を用意するのに時間がかかってしまいます。しまい場所も定位置を決めておいたほうが、食器棚の中がゴチャゴチャにならずに済むでしょう。

2.食器棚の整理方法とポイント

食器棚を整理するポイントを詳しくご紹介しましょう。

2-1.統一感のあるまとめ方を

食器棚を整理するときは、統一感のあるまとめ方をしましょう。具体的には、以下のように分類してまとめるのがおすすめです。

  • 食器の大きさや種類が同じものは同じ棚に収納する
  • カラーを統一してまとめる
  • 使用頻度によって分けて収納する
  • カトラリーは種類ごとに分ける

2-2.置き場所は使用頻度で決める

食器棚内での置き場所については、使用頻度で決めましょう。たとえば、よく使う食器は手前、使用頻度の少ないものは奥、めったに使わないものは高い棚というように置くことをおすすめします。特に、毎日使う食器はひとまとめにしてカゴなどに入れて収納しておくと、すぐに出し入れができて便利です。

2-3.出し入れしやすく、きれいに見える置き方を

出し入れしやすく、きれいに見える置き方を心がけることも大切です。重ねて置くと下のほうにある食器を取りづらくなるため、横置きだけでなく縦置きにする方法も考えてみましょう。平たい食器は立てて収納すると、出し入れしやすく見た目もきれいでおすすめです。横置きと縦置きを組み合わせて収納するとよいでしょう。

3.食器棚を整理するアイデア術を紹介

食器棚を整理するにあたって、おすすめのアイデア術やグッズ活用術をご紹介しましょう。

3-1.すき間を活用して無駄なく

食器棚にできたすき間を活用して、無駄なく食器を収納しましょう。食器棚は四角く、お皿は丸いものが多いため、食器棚内にはすき間ができてしまいがちです。そのようなすき間を有効活用することで、収納できる食器を増やすことができます。仕切りやトレー、カゴなどを使って、デッドスペースになりがちな空間を無駄なく使いましょう。

3-2.見せる収納も取り入れよう

隠してしまうともったいないおしゃれな食器は、あえて見えるように収納するのもポイントです。隠したい食器は見えないように収納し、見せたい食器は見える場所に収納しましょう。見せたい食器は食器棚から出して、備え付けられているキッチンの棚などに並べて収納するのもおすすめです。

3-3.グッズを活用してもっと使いやすい食器棚に

グッズを活用することで、食器棚がもっと使いやすくなります。たとえば、ディッシュラックがあれば種類の違う食器も仕分けして重ねることが可能です。重ねて使えば、上部の空間も有効活用できるでしょう。棚から下げて使うタイプのワイヤーバスケットも、空間の有効活用におすすめです。そのほかにも、コの字型のラックを活用することで、食器の重ね過ぎを防ぐことができます。

3-4.使わない食器は処分して減らす

食器棚内をスッキリさせて使いやすくするために、使わない食器はできるだけ処分して減らすことをおすすめします。まずは今ある食器をすべて出してみて、本当に必要かどうか考えてみましょう。

4.不要になった食器の処分方法とは?

不要な食器の処分方法には、以下のようなものがあります。それぞれのメリットとデメリットを比較して、ベストな方法を選択してください。

4-1.自治体が回収するゴミとして捨てる

古い食器は、自治体が回収するゴミとして捨てる方法が一般的でしょう。食器が何ゴミに分類されるかは、自治体によって異なります。自分が住んでいる地域ではどうなっているのか、事前に確認しておきましょう。多くの自治体では食器を不燃ゴミとして回収していますが、捨てる際は箱に入れたり新聞紙に包んだりすることを指定している自治体もあります。必ず調べておいてください。

4-2.リサイクルショップに買い取ってもらう

使用感が少なくきれいな食器は、廃棄するより買い取りに出すことをおすすめします。近所にリサイクルショップがあれば、持ち込んでみましょう。その場で査定して現金化できるため、急いで処分したい人も安心です。ただし、状態の悪い食器は買い取りの対象になりません。せっかく持ち込んでも再び持ち帰らなければならない場合もあるということを覚えておきましょう。

4-3.不用品回収業者に依頼する

家庭から出た不用品を回収してくれる業者もあります。処分したい食器が大量にある場合や、ほかにも処分したいものがある場合は、依頼するとよいでしょう。「パソコンダスト」は、パソコンや不用品の無料回収を行っている業者です。パソコンや液晶テレビなどの送料無料対象商品と同こんして不用品を送ると、全国どこからでも送料無料で回収してもらえます。お得に不用品を処分できるため、ぜひチェックしてみてください。

5.食器棚の整理に関するよくある質問

「食器棚の整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.食器棚には滑り止めシートを敷いたほうがよいでしょうか?
A.何らかの衝撃で食器が滑り落ちてしまうことを防ぎ、食器同士がぶつかる音も軽減できるため、敷くことをおすすめします。食器棚事態の保護にも役立つはずです。

Q.リサイクルショップで買い取ってもらえるのは、どんな食器でしょうか?
A.基本的に、箱に入ったブランドものの食器は買い取り対象になります。傷みの激しいものや変色があるもの、かけているものは買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。

Q.食器を寄付することはできますか?
A.食器の寄付を受け付け、海外の途上国などに送っている企業や団体もあるため、可能です。どのような方法で寄付を受け付けているのか、ホームページなどでしっかり確認しましょう。

Q.不用品回収業者が回収できないものもあるのですか?
A.「パソコンダスト」では、家電リサイクル法の対象品目や大型複合機、木製・布製家具などの回収は行っていません。

Q.不用品回収業者を選ぶ際は、何をポイントにすればよいですか?
A.豊富な実績があるか、一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかなどをポイントにして業者選びをしましょう。無料回収業者の場合は、なぜ無料で回収が可能なのかを明確に説明できる業者を選ぶようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? 食器棚の整理について詳しくご紹介しました。食器の出し入れがしにくい食器棚や、見た目がゴチャゴチャな食器棚を整理するためには、知っておくべきポイントがあります。何をどうすれば、使いやすく見た目もきれいな食器棚になるのか、ぜひこの記事を参考にして知ってください。