テレビの処分方法を徹底解析! テレビの状態に適した方法を選ぼう!

テレビは1家に1台ある身近な家電製品の1つです。引っ越しなどで要らなくなったときは処分しなければなりません。しかし、どのようにテレビを処分したら良いのか分からないという方が多いのではないでしょうか。テレビは「家電リサイクル法」の対象製品なので、自治体で処分できません。きちんと正しい方法で処分しなければ、不法投棄とみなされ罰金が科せられてしまうことがあります。スムーズに廃棄するために、正しい処分方法を把握しておきましょう。

  1. テレビを処分する前に確認すべきこと
  2. テレビの処分方法
  3. テレビを買い取りに出す方法
  4. テレビの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、テレビの正しい処分方法が分かります。悩んでいる方や方法が知りたい方は、ぜひチェックしてください。

1.テレビを処分する前に確認すべきこと

まずは、テレビを処分する前に確認してほしいことがいくつかあるので紹介します。

1-1.要らないテレビの種類と状態をチェック!

最初に、処分を考えているテレビの種類と状態を確認してください。なぜなら、種類と状態によっては買い取りの対象になる可能性があるからです。不具合がなく良い状態のテレビは、ほとんどの店舗・業者で買い取ってもらえるでしょう。また、「東芝」「ソニー」など国産メーカーが高く売れる可能性があります。買い取りの詳細については、後ほど【3.テレビを買い取りに出す方法】で説明するのでぜひチェックしてください。

1-2.テレビは何ゴミに分類されるか?

テレビは、「家電リサイクル法」の対象品目です。家電リサイクル法とは、廃棄量の減量と再生資源の有効活用を目的とした法律で、対象品目は製造業者によるリサイクルが義務づけられています。テレビのほかには、エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)と全部で4種類です。テレビを処分する際は、家電リサイクル法に従わなければならないため、自治体で処分できません。

2.テレビの処分方法

主な処分方法は、販売店による引き取り・指定引き取り場所へ持ち運ぶ・回収業者へ依頼する方法があります。それぞれの特徴と具体的な方法をチェックしておきましょう。

2-1.販売店による引き取り

新しいテレビの購入を考えている方は、販売店による引き取りが可能です。テレビが再利用できる状態なら、下取りサービスが利用できる可能性もあります。販売店やテレビの状態によって、引き取り・下取りの有無が異なるでしょう。まずは、購入予定の店舗に尋ねてみてください。引き取りが可能な場合は、新しいテレビが届くときに古いものを回収してもらえます。ただし、引き取りの場合は、リサイクル料金と運搬量が別途必要です。併せて数千円程度が目安ですが、具体的な費用に関しては店舗に問い合わせてください。
また、処分だけしたい場合は、購入した販売店での引き取りが可能です。引っ越しなどで遠方になった・所在が不明などで依頼できない場合は、お住まいの自治体に相談してください。認可回収事業者を紹介してもらえるでしょう。

2-2.指定引き取り場所へ持ち運ぶ

全国にある指定引き取り場所へ持ち運び、回収してもらう方法があります。この場合は、運搬料金がかかりませんが、事前に郵便局で振込用紙を使い、リサイクル料金を支払わなければなりません。できるだけ費用を抑えたい方は、直接引き取り場所へ持ち運ぶことをおすすめします。全国の指定引き取り場所や大まかな流れに関しては、「家電製品協会」のホームページをご覧ください。

2-3.回収業者に依頼する

運搬が難しい・買い取りが利用できなかった・テレビ以外にも処分したいものがある場合は、回収業者へ依頼しましょう。回収業者の多くは、宅配・出張・持ち込み回収の中から選択し依頼できます。不用品の量が多くても出張回収を利用すれば、時間と手間がかかりません。しかし、回収業者へ依頼すると、処分費用+運搬費用として約5,000~8,000円かかるでしょう。費用をかけたくない方は、無料回収業者を利用する方法もあります。無料回収を利用する際は、無料回収ができる「理由」が明確になっているか確認してください。中には、無料といいつつも回収後に高額な料金を請求する悪質な業者が存在するので要注意です。

2-4.業者選びのポイント

悪質業者と優良業者を見極めるためには、業者選びのポイントを押さえることが大切です。主に、以下のポイントを踏まえて、安心して依頼できる業者に依頼しましょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談・無料見積もりが利用できるか
  • 回収方法が選択できるか
  • 古物商許可を取得しているか
  • 送料など手数料がかからないか
  • 口コミ・評判が良いか

パソコン・不用品の無料回収を行っている「パソコンダスト」では、壊れているテレビでも回収可能です。また、宅配回収なら全国対応可能で、送料無料対象商品が1点でもあれば同梱(どうこん)商品は送料無料となります。送料無料対象商品は、液晶テレビ・液晶モニター・ノートパソコン・スマホなどがあるので、ぜひホームページをチェックしてください。

3.テレビを買い取りに出す方法

テレビを買い取りに出す方法を徹底解説します。買い取りを考えている方は要チェックです。

3-1.買い取りに出す前に確認すべきこと

まずは、買い取りに出す前に確認してほしいことをチェックしていきましょう。

3-1-1.値段がつくもの、つかないもの

基本的に、値段がつくものは「正常に稼働できるもの」だけです。当たり前ですが、壊れているものや映像が途切れるなど不具合が出ている場合は買い取ってもらえません。そのため、事前にテレビの状態を確認し、正常に稼働できるか確認しておきましょう。再利用できる状態で、発売年月日から経過していないテレビほど、高値がつく可能性があります。

3-1-2.注意点

必ずしも、希望どおりの買値がつくとは限りません。テレビの査定ポイントは、メーカー・機種・状態・発売年月日・付属品の有無などですが、店舗によって査定基準が異なります。できるだけ高く売りたい方は、複数の業者に査定を依頼してみてください。比較すれば、最も高い買い取り額がついた店舗を見つけられるでしょう。

3-1-3.買い取り相場は?

テレビの買い取り額は、業者・店舗、テレビの種類・状態・メーカー・発売年月日・付属品の有無などで大きく異なります。特に、テレビは毎年新モデルが登場しているため、月日が経過するほど価値も下がりやすくなるものです。発売年月日が3年以上経過したテレビは、価値がつかない可能性もあります。たとえ、買い取ってもらえたとしても数千円程度になるでしょう。とりあえず買い取り額を知りたい方は、査定を依頼してください。

3-2.高価買い取りが期待できる機種

では、高価買い取りが期待できる機種や、高く売るポイントを解説します。

3-2-1.人気メーカー・機種は?

国産メーカーの中でも、「東芝」「ソニー」「パナソニック」「シャープ」の4社に人気が集まっています。具体的な機種をいえば、東芝の「レグザ」、ソニーの「アクオス」、パナソニックの「ビエラ」、ソニーの「ブラビア」が人気なので中古需要も高めです。特に、近年は「4K薄型テレビ」が人気で、中古でも高値で売買される可能性があります。新モデルであればあるほど、高価買い取りが期待できるでしょう。

3-2-2.高く売るポイントは?

テレビを高値で売るポイントは、「キレイな状態にすること」です。ホコリがかぶっている状態で査定に出すと古い印象を与えてしまい、買い取り額が下がる可能性があります。査定前に、画面の表面をやわらかい布で拭き、キレイにしましょう。
また、「付属品を一緒に出すこと」も高く売るポイントの1つです。取扱説明書・コード・リモコンなど購入時についてきた付属品を併せて査定に出したほうが、高く売れる可能性があります。
そして、「できるだけ早めに売ること」も大切なポイントです。前述したとおり、発売年月日から経過するほど価値が下がるため、売りたいと思ったときに行動を起こしたほうが良いでしょう。

3-3.買い取り方法は?

主な買い取り方法は、リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼するか、自分で売る方法があります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

3-3-1.リサイクルショップ・不用品回収業者に依頼する場合

すぐに現金化したい場合は、近場のリサイクルショップに直接持ち込むと良いでしょう。ただし、買い取り額に納得いかない・買い取ってもらえない場合は、持ち帰らなければなりません。手間と時間をかけたくない方や、テレビ以外にも処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者の出張回収がおすすめです。ほかにも、宅配・持ち込み回収を受けつけているところもあり、そのときの状況に合わせて回収方法が選択できるでしょう。

3-3-2.自分で売る場合

自分で売る場合は、インターネットオークションやフリーマーケットなどがあります。近年は、スマホアプリでも気軽に利用できるインターネットオークションの利用者が増えてきました。確かに、登録するだけで出品できる簡単なシステムですが、取り引き相手とのトラブルも続出しているのが現状です。「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられた」など、トラブルが起きているので安易に利用しないほうが良いでしょう。

4.テレビの処分に関してよくある質問

テレビの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.リサイクル料金の平均額はいくらぐらいか?
A.テレビのリサイクル料金の平均額は、およそ3,000円台です。ただし、メーカーや小売業者ごとに異なるため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。具体的なリサイクル料金に関しては、「家電製品協会」のホームページで確認できます。

Q.「家電リサイクル券」とは?
A.家電リサイクル法に基づき、消費者が適切にリサイクルを依頼した証となるものです。家電リサイクルを円滑かつ正しく行うため、引き取った家電に「家電リサイクル券」を張り付けて運用・管理する「家電リサイクル券システム」を導入しています。
家電リサイクル券システムは、「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」の2種類です。料金販売店回収方式は家電リサイクル券の取扱店へ、料金郵便局振込方式は郵便局へリサイクル料金を支払わなければなりません。方式によって支払先が異なるので注意が必要です。また、家電リサイクル券は処分後も大切に保管しておきましょう。リサイクル券に記載された番号で、回収してもらったテレビがきちんとメーカーに引き渡されたか確認できるからです。

Q.処分費用を抑えるコツは?
A.少しでも処分費用を抑えたい方は、テレビ以外の不用品もまとめて処分しましょう。回収業者へテレビ1台の処分を依頼するよりも、ほかの家電や家財道具もまとめて処分することで安くなる可能性があります。また、買い取りサービスも行っている業者へ依頼するのも方法の1つです。

Q.テレビを処分する前にしたほうが良い確認事項は?
A.処分するテレビのメーカー名・画面サイズを確認してください。なぜなら、メーカーと画面サイズによってリサイクル料金が異なるからです。上記をメモした上で、郵便局または家電リサイクル券の取扱店へ行き、料金を支払いましょう。

Q.ブラウン管テレビは売れるのか?
A.主流は液晶テレビ等なので、再販目的でブラウン管テレビの買い取りを行っているところはほとんどありません。多くの店舗では買い取り不可で、価値がつかないでしょう。少しでも安く処分したい場合は、リサイクル料金が要らない回収業者へ依頼するか、海外支援・社会支援として寄付する方法があります。ただし、宅配送料がかかる可能性があるため、事前の確認が必要です。

まとめ

いかがでしたか? テレビは家電リサイクル法の対象品目なので、自治体でゴミとして処分できません。製造業者によるリサイクルが義務づけられています。郵便局でリサイクル料金を支払い指定引き取り場所へ持ち運ぶか、販売店による引き取り、回収業者への依頼などさまざまな方法で処分することになるでしょう。テレビの状態やそのときの状況に合わせて、処分方法を選ぶのがポイントです。また、ほかに処分したいものがあれば、まとめて回収が依頼できる回収業者へ依頼すると良いでしょう。