片付けられない人の特徴は? 片付けがうまくできるようになるコツ

「なかなか思うように片付けることができない」「片付けてもすぐに散らかってしまう」など、片付けで悩んでいる方は多いでしょう。片付けられない人は、もったいない精神が強かったり、浪費グセがあったりするなどの特徴があります。うまく片付けられるようにするためには、共通している特徴や片付けられないことによる問題点を把握することが大切です。

そこで、本記事では、片付けられない人の特徴や片付けをできるようにするためのコツなどを解説します。

  1. 片付けられない人の特徴は?
  2. 片付けられないことによる問題点
  3. 片付けをできるようにするためには?
  4. 不用品回収業者に依頼する方法
  5. 片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、片付けられないことによる問題点なども分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.片付けられない人の特徴は?

まずは、片付けられない人の特徴をチェックしておきましょう。

1-1.もったいない精神が強い

片付けられない人の多くは、強いもったいない精神を持っています。もったいなく感じてしまい、使わないものや要らないものを溜め込んでしまいがちです。「一度も使っていないから捨てるのはもったいない」「頂き物だから……」とそのまま放置してしまい、部屋の中はたくさんのもので溢れてしまうでしょう。もったいなくて捨てられない方は、どうしてもったいなく思うのか考えることが大切です。使わないものをそのまま置いておくと片付けに手間と時間がかかりますし、収納スペースを無駄づかいすることになります。

1-2.部屋が汚いことに気づけない

そもそも、片付けが苦手な人は部屋が汚いことに気づけていない傾向があります。自分の部屋がどのような状態になっているのか客観的に捉えることができず、どんどんものが増えてしまうという状況です。汚い環境の中で過ごすことが当たり前になっていると、部屋が散らかっていることも分からなくなるでしょう。そんなときは、たまに友人といった第三者を家に招き、客観的な視点で見てみてください。

1-3.寂しさやストレスといった心理的原因も

思うように片付けられない人は、ものを多く所有しているだけでなく、寂しさやストレスといった心理的原因も関係しています。たとえば、節約をしすぎたり、我慢していたりするとその反動から大量にものを購入する行為に走るなどです。部屋の状況は心とリンクしているとよくいわれていますが、ストレスを溜め込むほど部屋は散らかりやすい傾向があります。また、寂しさをもので埋めてしまう人も多く、片付けられない人の特徴です。

2.片付けられないことによる問題点

ここでは、片付けられないことによる問題点をいくつか紹介します。

2-1.探す手間と時間がかかる

探す手間と時間がかかってしまうところが、片付けられないことによる問題点といえるでしょう。整理整頓されていない部屋には、たくさんのもので溢れている状態です。どこに何があるのか把握しきれていないため、必要なものをすぐに見つけ出すことはできません。時間を無駄にしてしまわないためにも、整理整頓された環境にすることが大切です。

2-2.大切なものをなくしてしまうことも

片付けられない状態が続くほど、大切なものを失ってしまう恐れがあります。どこに何があるのか分からなくなっているため、品物の管理ができず、大事にしていたものが壊れてしまったり使えなくなったりするでしょう。特に、湿気や紫外線に弱いもの・壊れやすい素材でできているものは注意しなければなりません。

2-3.くつろげない

たくさんのものが散らかっている状態の中で生活するのはとても大変です。足腰に負担がかかったり、ケガをしたりするリスクが高まるのはもちろんのこと、精神的にも悪影響を及ぼしてしまいます。本来、自分の家は1番リラックスできるといっても過言ではありません。しかし、その家が散らかっていると気が休まる場所がなく、くつろげなくなってしまいます。精神的にも大きな負荷がかかってしまうでしょう。

2-4.無駄なお金を使ってしまう

片付けられない状態は自分の持ち物を把握しきれていないのと同じなので、無駄なお金を使ってしまう傾向があります。すでに持っているものを新しく買ってしまい、さらにものが増えてしまうでしょう。その結果、余計に片付けられなくなるという悪循環に陥ってしまいます。特に、セールや特売品などに弱い人は注意が必要です。新しいものを購入する前に、すでに持っているものか、自分にとって本当に必要なものなのかを確認してください。

3.片付けをできるようにするためには?

ここでは、片付けをできるようにするためのポイントを解説します。

3-1.まずは仕分けで必要なものを厳選する

まず取りかかってほしいことは、必要なものと要らないものを厳選する仕分けです。クローゼットや押し入れの中には、長く使っていないものやこれから先も使う予定のないものなどがあります。「今」必要がないと判断したものは思いきって手放してください。自分にとって必要なものが厳選できれば、無駄づかいも減らせるようになるでしょう。また、所有物を減らすだけでも片付けにかかる負担が少なくなります。

3-2.こまめに片付ける

片付けが苦手な人ほど、まとめて一気に取りかかろうとするところがあります。すべてを終わらせようとする気合いは大事ですが、少しずつこまめに片付けることが大切なポイントです。一気に片付けようとすると時間がかかってしまい、中途半端な状態になってしまいます。モチベーションも保てなくなる恐れがあるため、範囲を決めて少しずつ片付けてください。たとえば、今日はテーブルの上、明日は引き出しの中など自分でできるところから片付けましょう。

3-3.片付けの時間を決める

スムーズに片付けるためにも、作業時間を決めることが大切です。特に、「片付けのやる気が起きない」と悩んでいる方は、時間を区切って片付けてみてください。ここでの重要ポイントは、自分が集中できる時間に設定することです。たとえば、洗濯機を回している間・お風呂に入る前など数十分に設定しても構いません。ただし、決めた時間内は片付けに集中してください。毎日行うことに結びつけると片付けが習慣化しやすくなります。

3-4.ものの定位置を決める

片付けが苦手な人は、ものの定位置を決めていない傾向があるので、仕分けで厳選した必要なものを使う場所に使いやすくしまってください。たとえば、洋服はクローゼットの中、テレビのリモコンはリビングのテーブル、調理器具はキッチンなどです。使う場所の近くに定位置をしっかりと決めておけば散らかることもありません。使った後は出したままにせず、定位置に戻すことを心がけましょう。

3-5.必要な数を把握する

うまく片付けられるように、必要な数を把握することも大切なポイントです。片付けてもすぐに散らかってしまう人は、無計画にものを増やしてしまう傾向があります。無駄づかいを減らし、ものを増やさないようにするためにも、種類別に必要な数を決めてキープしてください。必要な数を把握しやすくするために、よく使うものは必要な数だけ使う場所に保管します。そして、ストックは別の場所で保管しておきましょう。

4.不用品回収業者に依頼する方法

「自分では片付かない……」と悩んでいる方は、不用品回収業者に依頼するのも方法の1つです。ここでは、回収業者に依頼する方法とメリットなどを解説します。

4-1.時間と手間をかけずに不用品が処分できる

不用品回収業者に依頼する大きなメリットは、時間や手間をかけずに不用品が処分できる点です。前述したように、片付けられない人の部屋にはたくさんのもので溢れかえっています。必要なものを選別する際、不用品が大量に出てくるでしょう。自治体のゴミとして処分できますが、自分でゴミの分類を分けたり、回収日まで待たなければならなかったりするので手間と時間がかかってしまいます。「すぐに部屋をキレイにしたい」「不用品をまとめて処分したい」と思っている方は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

4-2.無料回収業者に依頼する方法も

不用品の回収を行っている業者の中には、無料回収業者もあります。「本当に無料で回収してくれるのか?」と疑問を抱いている方は多いと思いますが、無料回収の理由がホームページ等にしっかりと記載している業者なら安心して依頼できるでしょう。たとえば、パソコン・不用品の無料回収を行っているパソコンダストでは、回収したものを自社でメンテナンスし再販したり、再販できないものは部品に分解して売却したりしています。そのため、コストをかけずに不用品回収が可能です。

4-3.悪徳業者に要注意!

不用品回収業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しているので注意が必要です。特に、「無料で回収します」といいながら回収後に追加費用を請求するところがあります。そのような悪質な回収業者は、無料回収の理由がホームページ等に記載していなかったり、スタッフの対応が悪かったりするので気をつけてください。どのような業者に依頼すればいいのか分からない方は、下記のポイントを参考にするといいでしょう。

  • 無料回収の理由がホームページ等に記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 回収方法が選択できるか
  • 回収できるものの種類が多いか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • サービス内容が充実しているか
  • 口コミや評判がいいか

なお、パソコンダストでは、スマホやパソコン内に含まれているデータの消去サービスも行っています。ホームページには回収までの流れなども紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

5.片付けに関してよくある質問

片付けに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.片付けられない人に共通している性格は?
A.「後で片付けよう」「今は忙しいから」などと先延ばしにする傾向があります。適当な言い訳をつけてどんどん片付けを先延ばしにしてしまうと、いつまでも片付けられません。結局はいつか片付けなければならないので、早めに済ませることが大切です。また、片付けていないほうが落ち着く人もいれば、買い物が好きという人もいます。

Q.片付けられた部屋を維持するためのコツは?
A.基本的に、ものは床に置かないと意識することです。片付けられない人はものを床に置き、そのまま放置してしまいます。床にものを置いたままにしてしまうと部屋が散らかってしまうので、使う場所の近くに収納スペースを決めてください。また、半年以上使っていないものは捨てる・新しいものを購入したら古いものを処分することも大切なポイントです。

Q.必要なものと要らないものを選別する判断基準は?
A.今必要なのか必要でないかを判断基準にしてください。今使っているものや必要だと感じるものは、今後も使う機会がやってきます。けれども、今必要ないものは持っていても意味がないので手放しましょう。判断に迷うものが出てきた際は、一度「保留ボックス」にまとめて保管してください。そして、半年後に見直し再度本当に必要なものなのか判断します。

Q.収納スペースに入りきれない際はどうすればいいのか?
A.断捨離をするのが1番の解決策ですが、どうしても捨てたくない場合はデッドスペースを活用する方法があります。デッドスペースとは、設計上どうしても出てきてしまう空間のことです。少しのスペースはあっても、ものや家具を置くことはできません。たとえば、ベッドの下・キッチンのすき間・洗濯機と洗面所の空間などがデッドスペースとなります。そこに突っ張り棒を設置し、収納ボックスを置けばデッドスペースを有効活用できるでしょう。

Q.業者に依頼する際の回収方法は?
A.主な回収方法は宅配回収・持ち込み回収・出張回収の3つです。自分のペースで不用品を処分したい方は宅配回収でも構いませんが、大量の不用品を処分する際は出張回収をおすすめします。スタッフが家にやってきて片付けてくれるため、自分たちで作業したり運んだりする必要はありません。スピーディーに部屋を片付けることができるでしょう。

まとめ

片付けられない人ほどもったいない精神が強いので、不用品をたくさん残しがちです。収納スペースは限られているため、今使っていないものや自分にとって必要のないものは処分する必要があります。できるだけ、不用品を処分することで片付けやすくなるでしょう。なお、不用品を処分する際は、無料回収業者への依頼がおすすめです。無料回収の理由がホームページ等に記載されている業者なら安心して依頼できます。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。