世田谷区で粗大ゴミを処分する方法は? お得に処分するコツを解説!

世田谷区で粗大ゴミを処分する場合、どのような方法があるのか、すぐに処分できるのかと悩んでいる方は多いでしょう。自治体によって粗大ゴミの処分方法やルールが異なるため、処分前にしっかりと注意点などを確認しておかなければなりません。また、粗大ゴミの状態によっては、お得に処分する方法もあります。

そこで、本記事では、世田谷区で粗大ゴミを処分する方法とコツを解説しましょう。

  1. 世田谷区で粗大ゴミに該当するものは?
  2. 世田谷区で粗大ゴミを出す方法
  3. 自治体回収に間に合わないときの対処法
  4. 不用品回収業者に依頼する方法と買取に出すコツ
  5. 粗大ゴミに関してよくある質問

この記事を読むことで、不用品回収業者に依頼する方法や買取に出すコツなども分かります。世田谷区で粗大ゴミの処分を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.世田谷区で粗大ゴミに該当するものは?

まずは、世田谷区で粗大ゴミに該当するものをチェックしておきましょう。

1-1.一辺の長さが30cmを超えるゴミ

世田谷区では、一辺の長さが30cmを超えるものが粗大ゴミに該当します。まずは、処分したいものの長さをメジャーなどで測ってみてください。掃除機・電子レンジ・クーラーボックス・体重計・テーブル・パソコン用のキーボードなど、粗大ゴミに該当するものはたくさんあると思います。なお、世田谷区のホームページでは品目ごとの分類が確認できるので、自分で判断できないときはチェックしてみてください。

1-2.粗大ゴミとして処分できないものも

一辺の長さが30cmを超えるものであったとしても、粗大ゴミとして処分できない品目もあります。たとえば、家電リサイクル法の対象品目になっているテレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)の4品目です。これらの家電はメーカーによる回収とリサイクルが義務付けられているので、世田谷区で収集は受け付けていません。また、パソコンもPCリサイクル法に基づいて処分方法が定められているため、粗大ゴミとして処分するのはNGです。

1-3.不法投棄・解体するのもNG

面倒だからと粗大ゴミを空き地に不法投棄したり、解体して可燃ゴミまたは不燃ゴミとして処分したりする方がいます。しかし、これらの行為は固く禁じられているので絶対にNGです。不法投棄は罰則が科せられる可能性があるので注意してください。また、解体しても元の形・用途で判断されることになるため、可燃ゴミ・不燃ゴミとして出せません。きちんと世田谷区が定めているルールに従って正しく処分してください。

2.世田谷区で粗大ゴミを出す方法

ここでは、世田谷区で粗大ゴミを出す方法について詳しく説明します。

2-1.事前に申し込みを済ませる

世田谷区で粗大ゴミを処分する場合は、事前の申し込みが必要です。申し込みを済ませておかなければ、指定回収場所に出しても回収不可になるので注意しましょう。なお、申し込みの方法はインターネットと電話(03-5715-1133)があります。電話での申し込みは、受付時間が月~土曜日の午前8時~9時までと時間が決まっているので、24時間受付可能なインターネットで申し込むのがおすすめです。また、申し込み時に伝えられる収集日や手数料をしっかりとメモしておきましょう。

2-2.粗大ゴミ処理券を購入する

申し込みを済ませた後は、コンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入してください。受付時に伝えられた金額の分だけ、粗大ゴミ処理券を購入する必要があります。事前に手数料が知りたい方は、粗大ゴミ品目一覧で確認するといいでしょう。なお、粗大ゴミ処理券の種類はA券(200円)とB券(300円)があり、それぞれを組み合わせるケースもあります。購入場所に関しては、こちらをチェックしてください。

2-3.指定回収場所に持ち運ぶ

購入した粗大ゴミ処理券に氏名または受付番号を記入し、粗大ゴミに貼り付けます。そして、収集日の午前8時までに指定された回収場所まで運んでください。戸建住宅の場合は玄関口、マンションの場合は集積所の前などが指定回収場所になるでしょう。立ち合いは必要ないので、指定回収場所に排出すれば完了です。

2-4.自分で直接搬入することもできる

世田谷区の場合、自分で指定された場所へ直接搬入することもできます。自分で直接搬入する場合は、粗大ゴミに粗大ゴミ処理券を貼り付けるところまで同じ流れです。申し込み時に持ち込み日が指定され、その後に世田谷区粗大ゴミ受付センターから受付票が送られてくるでしょう。持ち込み日にその受付票を持参して、粗大ゴミを直接運び込むことになります。ただし、持ち込み日は土曜日または日曜日の午前9時~正午・午後1時~午後3時半までになっているので注意が必要です。なお、持ち込み先は船橋粗大中継所(世田谷区船橋7-21-15)となります。

3.自治体回収に間に合わないときの対処法

ここでは、自治体回収に間に合わないときの対処法を解説します。

3-1.不用品回収業者に依頼する

自治体回収に間に合わないときは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者の中には、即日対応が可能な業者もあります。即日対応が可能な回収業者に依頼することで、自治体の収集日を待たずともすぐに処分できるでしょう。また、大量の粗大ゴミや自分たちで運搬できないサイズの不用品があったとしても、回収業者にまとめて処分してもらうことができます。手間と時間をかけず、スピーディーに処分したい方に不用品回収業者はおすすめです。

3-2.買取専門業者・リサイクルショップを利用する

まだ使える状態の家具家電を処分しようと思っている方は、自治体収集に依頼するよりも買取専門業者やリサイクルショップに査定を依頼するのも選択肢の1つです。近くにある店舗に持ち運べば、その場で査定をしてくれるところが多いでしょう。買い取ってもらうことができればすぐに手放せますし、処分費用もかかりません。一般的に、稼働に問題がなければ買い取ってもらえるケースがほとんどですので、一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

3-3.無料回収業者に依頼する方法も

回収業者の中には、無料で不用品の回収を行っているところがあります。「無料回収業者に依頼するとトラブルになるのでは……」と不安を感じると思いますが、無料回収の理由が明確になっている業者なら安心して依頼できるでしょう。ただし、無料回収業者の中には不正を働く悪徳業者が存在しているので、業者選びは慎重に行わなければなりません。

4.不用品回収業者に依頼する方法と買取に出すコツ

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法と買取に出すコツを解説します。

4-1.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

不用品回収業者に依頼する際は、スタッフの対応に注意してください。悪徳業者はスタッフの対応が悪いケースがほとんどですので、すぐに契約を迫ろうとしたりいい加減な対応をしたりするような業者には依頼しないようにしましょう。どのような質問でもやさしく丁寧に答えてくれる業者なら、安心して依頼できます。電話対応はスタッフの対応が分かりやすいので、依頼前にチェックしてみてください。

4-2.無料回収の理由が明確になっているか

無料回収業者に依頼する際は、無料回収の理由が明確になっているか確認しましょう。無料回収の理由が明確になっていない業者は、悪徳業者の可能性が高いからです。たとえば、無料回収を行っているパソコンダストの場合は、回収したものを自社でメンテナンスし再販しています。また、再販できないものは部品としてリサイクルしているので回収コストがかかりません。このように、無料回収が明確になっているかどうか、事前に確認して依頼することが大切です。

4-3.回収方法が選択できるか

粗大ゴミを処分する場合、自分で運搬するのが難しいケースもあるので回収方法が選択できるかもチェックしておきたいポイントです。特に、出張回収が可能かどうかは必ず確認しておきましょう。大型家具や家電を自分で持ち運ぶのはとても大変なので、出張回収が利用できればスタッフに運搬を任せることができます。自分のペースで処分したい場合は、宅配回収を利用することも可能です。回収方法が選択できるとそのときの都合に合わせられるので、どのような回収方法があるのか事前に確認しておきましょう。

4-4.買い取ってもらえるものは売る

要らなくなったからと粗大ゴミを処分するのではなく、買い取ってもらえるものは売るのがポイントでもあります。粗大ゴミを処分するにも費用がかかるので、費用をかけたくない方や最小限に抑えたい方は、ゴミとして処分する前に動作確認をしてみてください。状態に問題がないものや不具合が起きていないものは、買取専門業者やリサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。特に、中古市場で需要が高い家電類は高価買取が期待できるでしょう。

4-5.無料回収ならパソコンダストへ

どの無料回収業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、ぜひパソコンダストにご依頼ください。パソコンダストでは、パソコン・周辺機器や生活家電など多数の不用品を取り扱っています。自治体収集で処分できないものも回収可能ですので、すぐに処分したい方や大量の粗大ゴミがある方でも安心です。また、回収方法も宅配回収・持ち込み回収・出張回収の3つからお選びいただけます。無料相談や無料見積も受け付けていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

5.粗大ゴミに関してよくある質問

粗大ゴミに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.自分で直接粗大ゴミを持ち込む際の注意点は?
A.自分で直接持ち込む場合も、事前申し込みが必要になるので注意が必要です。申し込みをせずに持ち込むと受付不可になるので気をつけましょう。また、受け入れ量に限りがあるため、希望の日程にならないケースもあります。すぐに粗大ゴミを処分したい方は、回収業者に依頼するのがおすすめです。車両からの荷下ろしは持ち込んだ本人がすることになるため、その点も踏まえて申し込みましょう。

Q.粗大ゴミの処分費用における減免はできるのか?
A.世田谷区の場合、手数料等の減免制度があります。以下のいずれかに該当する方が、粗大ゴミを出す場合の手数料が言明されますが、事前の申請が必要です。

  • 暴風・豪雨・地震等の天災そのほか大規模な災害を受けた方
  • 生活保護を受けている方
  • 児童扶養手当または特別児童扶養手当の支給を受けている方
  • 世田谷区ひとり親家庭等の医療費助成を受けている方
  • 老舗福祉年金の支給を受けている方
  • 火災等の災害を受けた方
  • 中国残留邦人等の支援給付を受けている方

Q.どのようなものが買取対象になるのか?
A.一般的に、稼働に問題がなければ買い取ってもらえるケースがほとんどです。けれども、発売年月から経過している古い家電は、稼働に問題がない状態でも買取不可になるか、買取額が下がってしまう恐れがあります。だいたいの買取相場が知りたい方は、複数の買取業者に無料査定を依頼するといいでしょう。

Q.高く売るコツはあるのか?
A.購入時の状態にすることで、高く買い取ってもらえる可能性があります。取扱説明書・元箱・ケーブル・リモコンなど、購入時に付いてきた付属品があれば全部そろえてください。付属品が全部そろっていると、買取額がアップします。また、汚れやホコリがついている場合は、きれいに掃除することも大切です。

Q.回収業者とよくあるトラブルは?
A.「見積書には記載されていない追加費用を請求された」「回収されたものが不法投棄されていた」など、回収業者とのトラブルが多発しています。不用品回収の需要が高まるほど、悪徳業者とのトラブルも増えているため、しっかりと悪徳業者を見極めなければなりません。

まとめ

いかがでしたか? 世田谷区で粗大ゴミを処分する場合は、事前に申し込みをする必要があります。そして、粗大ゴミ処理券を購入し、指定回収場所まで持ち運ぶか、直接指定された施設へ搬入することになるでしょう。すぐに粗大ゴミを処分したい方は、回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。不用品の無料回収を行っているゼロプラスでは、家電・家具・パソコン・楽器などさまざまな種類を取り扱っています。無料相談も受け付けていますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。