ビデオカメラの処分方法3つ!捨てる前の注意点も紹介!

家族の様子や子供の成長を手軽に記録できるビデオカメラ。しかし、買い替えや故障などで不要になったらどうやって処分をすればよいのでしょうか?

そこで今回は、不要になったビデオカメラの処分方法を3つご紹介しましょう。不用意に捨てると思わぬトラブルになることがありますので、ビデオカメラの処分を考えている方はぜひご一読ください。

  1. ビデオカメラを処分する前に
  2. ビデオカメラの処分方法

1.ビデオカメラを処分する前に

現在のビデオカメラは、本体に映像が記録できるようになっています。ビデオカメラを処分するときは、この記録を必ず全部消してから処分をしましょう。「個人のプライベート映像なんて誰も欲しがらない」と思う方もいるかもしれませんが、世の中にはどんな趣味の人がいるかわかりません。用心に越したことはないでしょう。

記録の消し方は説明書に書いてあるはずですので、それに従ってください。外部の記憶媒体に移した場合も元の映像は残っていますから注意しましょう。

2.ビデオカメラの処分方法

1-1.自治体に処分を依頼する

ビデオカメラは自治体に処分を依頼できる家電です。自治体によって何ゴミになるか異なりますので、ゴミの区分が分からない場合は市役所の担当課に問い合わせてみましょう。自治体によってはいくつかの部品に分解し、分別してゴミに出すように指示さるかもしれませんが、必ず従ってください。

2-2.下取りやネットオークション

まだ十分に使えるけれど買い替えなどで不要になったビデオカメラは量販店で下取りをしてくれることがあります。新しいビデオカメラを買うときに聞いてみましょう。

また、少々型が古くても、壊れていてもまだ使える部品があるかもしれない、ということでネットオークションでは「ジャンク品」として取引が成立することもあります。捨てるのはどうしても忍びない、というときはネットオークションに出品すれば買い手がつく可能性は高いですが、梱包や発送の手間がありますので、時間に余裕を持たせて出品しましょう。

2-3.無料回収業者に回収を依頼する

ビデオカメラはたとえ壊れていても使える部品を取り出してリサイクルすることも可能です。
また、レアメタルなどの貴金属が使われていますのでこれも再利用ができるでしょう。
このような家電やパソコンなどを無料回収してリサイクルをする業者が今は全国にあります。

  • ビデオカメラが壊れてしまって映像を消すことができないので自治体のごみに出したくない。
  • 古いビデオカメラだけれどまだ使えるのでリサイクルできるものはリサイクルしてほしい。

という方はこのような無料回収業者を利用しましょう。業者が遠方の場合は郵送で受け付けてもくれますので、業者の指示に従って郵送してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はビデオカメラの処分方法を3つご紹介しました。この記事がビデオカメラの買い替え・処分を考えている皆様の参考になれば幸いです。