場所をとってジャマ! いらない自転車を処分する3つの方法

古くなった自転車が駐輪場に置きっぱなし・・・そんな状態になっていませんか?
マンションの駐輪場に自転車を置きっぱなしにしたら非常に迷惑ですし、家の駐車場に古いボロボロの自転車があるとジャマになります。
使わなくなった自転車・古くて乗れない自転車は早めに処分してしまいましょう。
ここではいくつかの処分方法をご紹介します。
お金がかからない方法・手間がかからない方法などいろいろ処分方法がありますのでぜひ参考になさってください。

処分方法1:粗大ゴミとして出す

自転車はほとんどの自治体で粗大ゴミとして扱ってくれるはずです。
自治体指定の粗大ゴミ券・粗大ゴミシールを購入して貼付け、粗大ゴミの日にゴミ収集所に出しておけばOKです。
出す前には念のため自治体に確認しておきましょう。
粗大ゴミとして出す時のメリットは処分料金が安くつくこと。
民間の業者にお願いするよりも安い価格で処分できます。
デメリットは壊れた自転車は運ぶのが大変なので高齢の方や力のない女性には不向きということ、回収日まで待たなければいけないということです。

処分方法2:リサイクル業者に売却する

まだきれいな自転車は、リサイクル業者や自転車屋さんが買い取ってくれる場合があります。
自転車が問題なく動く場合は一度リサイクルショップや自転車屋さんに査定をお願いするとよいでしょう。
この方法のメリットはお金がかからないこと!
デメリットは必ず買い取ってもらえるとは限らないということです。
人気の自転車やキレイなものはリサイクルで十分売却することができますから、自転車の状態を確認してみてください。

処分方法3:不用品回収業者にお願いする

今すぐに処分したい!という方におすすめなのが不用品回収業者にお願いして引き取ってもらうという方法です。
自分の都合のいい日に、確実に引き取ってもらえるというのが最大のメリットでしょう。
多少お金がかかっても、面倒なゴミ出しをしなくて済むのでかなり楽です。
特に引越しの場合はほかの不用品と合わせて引き取ってもらうのがおすすめ。
時間のない転勤前の引越し準備がかなり楽になります。
壊れた自転車を運べない方や、出張が多い方などはぜひ不用品回収業者を利用してください。

自転車の処分方法まとめ

  • 自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらうと安価に処分できる
  • きれいな自転車やまだ動く自転車はリサイクルで買い取ってもらえることも!
  • 確実に、自分の都合のいい日に引き取ってもらうなら不用品回収業者がおすすめ

いかがでしたか?  自転車の処分方法はいくつかありますから、自分の状況によって選ぶとよいでしょう。時間が自由に設定できる不用品回収業者は引っ越しの際に便利です。ぜひ利用してみましょう。