古いパソコンを有効活用する方法〜処分方法や処分時の注意点も〜

「古いパソコンを何かに活用したいけれど方法が分からない」「どうすれば有効活用できるのか?」など、古いパソコンの活用や処分で悩んでいる方は多いでしょう。古いパソコンは活用できないと思われがちですが、いろいろな活用方法があります。知識を身につけておけば、自分に合った方法で活用できるでしょう。

本記事では、パソコンを有効活用する方法や注意点などを解説します。

  1. 古いパソコンは有効活用できるのか?
  2. 古いパソコンを活用する方法は?
  3. 使い道のないパソコンの処分方法は?
  4. パソコンを処分する際の注意点
  5. 古いパソコンの活用と処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、使い道のないパソコンの処分方法も分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.古いパソコンは有効活用できるのか?

まずは、古いパソコンは本当に有効活用できるのか解説します。

1-1.古いパソコンにはさまざまな問題がある

発売されてから5~10年経過したパソコンが古いパソコンと想定されていますが、古いパソコンにはさまざまな問題点があります。最も大きな問題点といえば、OSアップデートができなくなることです。OSはパソコンを動かすための基本ソフトで、常にアップデートしなければウイルスに感染しやすくなり危険性が増してしまいます。また、スペック問題によって最新アプリやネットワークが使えなくなったり、HDDの寿命でデータが消えてしまったり……古いパソコンの問題点は山積みです。

1-2.古いパソコンでもまだ使い道はある

古いパソコンには問題点がたくさんあったとしても、使い道はあります。OSアップデートができなくなったり、HDDが寿命を迎えたりすると処分するしかないと思ってしまうでしょう。けれども、パソコンを処分するにも時間や手間がかかってしまい、面倒に感じるものです。また、パソコンには有用資源が含まれているため、上手に再利用できれば、有用資源も無駄にはなりません。

2.古いパソコンを活用する方法は?

それでは、古いパソコンを活用する方法について解説します。

2-1.まずはパソコンの状態を確認しよう

古いパソコンを再利用する前に、まずはパソコンの状態を確認してください。古いパソコンの状態によって使い道が変わってくるからです。電源がきちんと入るか、パソコンがしっかりと起動するかは必ずチェックしておきたいポイントとなります。また、OSがWindowsかMacなのかバージョンも確認が必要です。そのほか、動画は視聴できるか・ネットワークにつなげることができるかなども確認しておきましょう。

2-2.メモリを増設する

古いパソコンのメモリを増設して、性能をパワーアップさせる方法があります。新しいパソコンを購入したとしても、故障によって使えなくなるケースがあるでしょう。そのような緊急時にメモリを増設した古いパソコンが予備機として役立ちます。メモリを増設することで作業をより効率的に、スピーディーな処理が可能です。古いパソコンの反応や処理が重いのは、メモリ不足が大きな原因になっているでしょう。メモリを増設すると古いパソコンでもソフトの動きがスムーズになるのでおすすめです。

2-3.サーバーとして活用する

古いパソコンをサーバーとして活用するのも方法の1つです。古いパソコンでも共有データの保管場所として使うことができます。データを保管するサーバーがない場合は、古いパソコンを活用するといいでしょう。サーバーにデータを入れておけば、ほかのパソコンやスマホからでも簡単にアクセスすることが可能です。OSバージョンやパーツを交換するのはハードルが高い……と思っている方でも、サーバーとして活用するのは手軽にできる方法といえるでしょう。

2-4.2台目のモニターにも

古いパソコンは2台目のモニターとして活用できます。「もう1つモニターがほしいな……」と思っている方は、古いパソコンを活用することで費用も節約できるでしょう。ただし、古いパソコンのモニターが正常に映ることが前提です。再利用できる状態であれば、マルチモニターとしての使い道ができるでしょう。たとえば、メインモニターで作業をしながら、2台目のモニターでテレビを流すこともできます。また、古いパソコンはデジタルフォトフレームとして使ったり、CDや動画プレーヤーとして活用したりすることも可能です。

3.使い道のないパソコンの処分方法は?

ここでは、使い道のないパソコンの処分方法を説明します。

3-1.PCリサイクル法に基づいて処分する

パソコンはPCリサイクル法に基づいて処分方法が定められているため、自治体でゴミとして捨てることはできません。ゴミ捨て場に放置すると不法投棄とみなされる恐れがあるので注意してください。ちなみに、PCリサイクル法とはパソコンに含まれている有用資源を活用するために定められた法律です。PCリサイクルマークがついているパソコンはメーカーによる無料回収が可能ですが、PCリサイクルマークがついていないパソコンは処分費用が数千円かかります。具体的な処分方法については、パソコンメーカーに問い合わせて確認してください。

3-2.まだ使えるパソコンは買取に出す

問題なく正常に稼働するパソコンであれば、パソコン販売店や買取専門店などに査定を依頼するのも選択肢の1つです。買い取ってもらうことができるなら処分費用をかけずに手放せるでしょう。また、買取額の分だけ得たお金を新しいパソコンの購入に充てることもできます。
ただし、すべてのパソコンが買取対象になるわけではないので、その点だけ注意してください。基本的に、正常に動くパソコンであることが前提で、発売されたから5年以内のパソコンが買取対象になるでしょう。たとえ、正常に動く状態でも古いパソコンは買い取ってもらえない可能性があります。どうしても買い取ってもらいたい場合は、古いパソコンでも買取をしている業者に依頼するといいでしょう。買取業者の中には、パソコンの内部にある部品を有効活用するために、古いパソコンでも買取を行っているケースがあります。

3-3.無料回収業者に依頼する

買い取ってもらえない・スピーディーに処分したいと思っている方は、無料回収業者に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。パソコンを中心に無料回収を行っている業者が存在しており、中には壊れたパソコンでも回収可能なところもあります。処分費用がかからないのはうれしい要素といえるでしょう。ただし、無料回収業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しているので注意が必要です。悪徳業者を見極めるポイントとしては、なぜ無料回収ができるのか「無料回収の理由」にあります。たとえば、パソコンダストの場合、回収したものをメンテナンスして再販したり、部品として販売したりしているため、回収費用がかかりません。無料回収の理由がきちんと明記されている業者なら安心できますが、ハッキリと書かれていないところは悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

4.パソコンを処分する際の注意点

ここでは、パソコンを処分する際の注意点を紹介します。

4-1.パソコンのデータを完全削除する

パソコンを処分する前の注意点として、データを完全削除する点があります。事前にパソコンのデータを消去しておかなければ、そのデータが流出したり悪用されたりする恐れがあるからです。「初期化すれば大丈夫」と思う方が多いのですが、初期化はあくまでパソコン上からデータを見えなくするだけであって、記録媒体のHDDにはしっかりと残っています。復元ソフトを使えばデータが復活するので、HDDのデータを削除しなければなりません。なお、データの消去方法としては論理的方法と物理的破壊の2つがあります。それぞれの特徴について説明しましょう。

4-1-1.論理的方法

専門の消去ソフトを使ってデータを消去するのが論理的方法です。パソコン販売店や家電量販店などには、データを消去するための専用ソフトが売られています。そのソフトをパソコンに取り込むだけで、HDDに記録されているデータを完全消去できるという仕組みです。ソフトを使うだけなので手早く簡単にパソコンのデータを完全消去できます。無料でダウンロードできるソフトもありますが、有料のソフトを使ったほうが安全でしょう。

4-1-2.物理的破壊

もう1つの消去方法である物理的破壊は、HDDをカナヅチやカッターなどで破壊する方法です。パソコンのデータはHDDに記録されているため、HDDを破壊することで読み取れない状態にできます。ただし、ガラスの破片でケガをする恐れがありますし、完全にデータを消去できたと確認することもできません。さらに、パソコンに内蔵されているHDDであれば、取り出さなければならないので時間と手間がかかってしまうでしょう。

4-2.業者にデータ消去を依頼する方法も

論理的方法や物理的破壊のほかにも、業者にデータ消去を依頼する方法があります。自分でパソコンのデータを消去するのが不安な方は、専門業者に任せたほうが安心です。たとえば、パソコンダストではデータ消去サービスを行っています。論理的ハードディスク消去機や物理的ハードディスク破壊機など専門機を使ってデータを消去しているので、ぜひ一度お問い合わせください。

5.古いパソコンの活用と処分に関してよくある質問

古いパソコンの活用と処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ネットワークにつないだまま使ってもいいのか?
A.古いパソコンをネットワークにつないだまま活用している方はいますが、なるべくネットワークにはつながないほうがいいでしょう。古いパソコンは古いOSを使っていることが多く、バージョンアップしていない限りセキュリティーが甘くなっています。そのままネットワークにつないでしまうと、データが流出し悪用される恐れがあるので注意が必要です。ネットワークにつながなくてもワープロや計算用など使い道はたくさんありますよ。

Q.古いパソコンのHDDは活用できるのか?
A.古いパソコンの本体を処分して、HDDだけを活用する方法もあります。パソコンに内蔵されているHDDでも、取扱説明書を読んで取り外すことはできるでしょう。自分でHDDを取り外し、外付けHDDとして活用している方もいます。パソコンの種類によって仕様は異なりますが、ノートパソコンの場合は、だいたい裏面のネジとカバーを外せばHDDが見えるでしょう。

Q.データ消去サービスを依頼する際の注意点は?
A.できるだけ、データ消去証明書を発行してもらいましょう。データ消去証明書は、いつどこでどのようにデータを消去したのか、具体的な内容が書かれています。後でデータが消去されていなかった・流出したということがないように、業者とのトラブルを防ぐためにも発行してもらったほうが安心です。

Q.データを消す前にやっておきたいことは?
A.新しいパソコンやほかのHDDにデータを移行することです。古いパソコンの中に大切なデータを保管している場合、それらのデータを別の場所に移しておかなければなりません。データの移行方法には、古いパソコンに外付けのHDDやSSDを接続したり、マイクロソフトの転送ツールを利用したりするなどの方法があります。

Q.無料回収業者選びのポイントは?
A.スタッフの対応や口コミ・評判・ホームページをチェックすることです。特に、悪徳業者はスタッフの対応が悪く、返事も遅い傾向があります。悪徳業者には何らかの悪い評判がネット上にあがっているので、事前に調べておくといいでしょう。また、ホームページにサービス内容がしっかりと記載されているかもチェックしてください。

まとめ

古いパソコンはメモリを増設してパワーアップさせたり、サーバーとして使ったり、2台目のモニターにしたりするなど、たくさんの使い道があります。まずは、古いパソコンの状態をチェックして、自分に合った方法で再活用しましょう。また、処分する際は自治体で捨てることができないので注意が必要です。基本的にメーカー回収となりますが、壊れたパソコンや古い型番でも無料回収を行っている業者があります。無料回収の理由を確認した上で、無料回収業者に処分を依頼するのも選択肢の1つですよ。