長持ちさせるコツはこれ!! ノートパソコンの寿命はどのくらい?

ノートパソコンデスクトップよりも軽く、タブレットよりも大容量のノートパソコンを仕事やご家庭で愛用されている方も多いことでしょう。
また、安くなったとはいえできるだけ長持ちさせたいと思っている方もたくさんいることと思います。
そこで今回はノートパソコンの寿命についてお話をしましょう。
長持ちさせる方法もご一緒に紹介いたしますので、ノートパソコンをお持ちの方は必見ですよ。

ノートパソコンもデスクトップパソコンも寿命は同じ

ノートパソコンもデスクトップパソコン。どちらが長持ちしますか?
と聞かれた場合、「デスクトップパソコン」と答える方が多いそうです。
しかし、ノートパソコンもデスクトップパソコンも使っている部品に大差はありません。
メーカー側のほうも1日8時間程度使った場合の平均寿命はどちらも4年~5年と説明していることが多いです。

ノートパソコンのほうが寿命が短いような気がするのはなぜ?

では、なぜノートパソコンのほうが寿命が短く感じられるのでしょう。
それは、ノートパソコンを持ち歩く方が多いためです。
パソコンの心臓部ともいえるHDDは衝撃に弱く、ノートパソコンをぶつけたり落としたりすると寿命が短くなってしまうのです。
もちろん、ノートパソコンは衝撃に強い作りにはなっています。
しかし、据え置き型のデスクトップに比べるとどうしてもHDDが傷つくリスクは高くなるでしょう。
また、ノートパソコンは精密機械ですから、極端な温度変化にも弱いのです。
暑い日の自動車の中や、寒い日の屋外などから屋内への移動を繰り返していると、どうしても寿命が短くなります。

ノートパソコンを長持ちさせるには?

ノートパソコンを長持ちさせるためには、できるだけ衝撃を与えず、一定の温度の中で使うのが一番でしょう。
また、ノートパソコンはバッテリーで動かすことができますが、あまり充電と放電を繰り返していると寿命が短くなります。
ですからノートパソコンを持ち歩く場合は専用のケースに入れ、コンセントがある場所ではアダプターを使ってパソコンを使いましょう。
これだけで寿命を延ばすことができます。また、暑い車内や寒い場所に長時間置きっぱなしにしないように気をつけましょう。

ノートパソコンを処分するときは?

寿命を終えたノートパソコンを処分するときは、個人情報をすべて削除しパソコンメーカーに処分を依頼しましょう。
2003年以降に製造され、PCリサイクルマークが張られた商品でしたら無料で回収してもらえます。

  • 2003年以前に作られたノートパソコンがある。
  • 壊れていて起動ができないので個人情報が消去できない。

などの場合は、パソコン無料回収サービスを行っている業者を利用してみましょう。
無料で回収してくれる上にデータもきちんと消去してくれますので安心ですよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回はノートパソコンの寿命についてお話をさせていただきました。
できるだけ同じ環境で丁寧に使うことを心がければノートパソコンの寿命は延びるのですね。