引き取ってもらえない場合はここに頼もう! 不要になったiPhoneを廃棄する方法とは?

iPhone新型が発売されるたびに大きな話題になるiPhone。愛用している方も多いことでしょう。
しかしiPhoneの寿命は決して長くはありません。不要になったiPhoneはどのように廃棄すればよいのでしょうか。
今回はその方法をご紹介しましょう。不要になったiPhoneの処分に困っているという方はぜひ読んでみてくださいね。

iPhoneは中古でも高値がつきやすいけれど……

機種変更などで不要になったiPhoneは携帯電話各社が下取りをしてくれます。
また、中古のスマートフォンを扱う店舗などもiPhoneの買い取りに力を入れているところも多いでしょう。
さらに、インターネットオークションでも中古のiPhoneは人気があります。
こうして挙げてみると不要になったiPhoneは売却すればよい、と思う方も多いでしょう。
しかし、iPhoneを売るには「画面の割れなどの傷がないこと」「発売日から3年以内の機種」などという条件があるのです。
この条件を満たせないiPhoneが意外と多いのです。

引き取ってもらえないiPhoneはどうしたらいい?

  • 画面が割れるなど中古品として使えないほどの傷がある
  • 発売してから3年以上が経過している古い機種

などのiPhoneは売却はできませんが携帯電話ショップやアップルストア等で引き取りをしてくれます。
その際、電源が入るならiPhoneを初期化しましょう。
「設定」のアイコンをタップし、一般を選択。その一番下にあるリセットをクリックしてパスコードを入力すれば、iPhoneのデータはすべて消去されます。
これで個人情報が漏れる心配はありません。また、SIMカードを抜いておけばさらに安全です。
SIMカードはiPhoneの側面に収納されていて、買った時に付属していた専用の器具で取り出すことができます。
器具をなくした、という場合はお店で取り出してもらいましょう。

いざというときはここに頼もう

  • 近くに携帯電話ショップがない
  • iPhoneの電源が入らず、個人情報の消去ができない

このような場合はパソコンを無料で引き取ってくれる業者を利用してみましょう。
スマートフォンはパソコンと同じようにリサイクルができるレアメタル等の部品が使われています。
業者は回収したものを分解、リサイクルすることで利益を得ることができるので、無料で引き取ることができるのですね。
ですから「無料」と謳って後で高額の処分料を請求されるということもありません。安心して回収してもらいましょう。
このような業者は遠方の人でも着払いでiPhoneを引き取ってくれますので、利用者の負担は文字通り無料です。
もちろん持ち込みをしても大丈夫ですし、データの破棄も行ってくれすので安心です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はiPhoneを破棄する方法をご紹介いたしました。iPhoneは携帯電話というより小型のパソコンです。
中の情報の取り扱いに十分注意して廃棄しましょう。