身辺整理をする方法は? 確認すべきポイントや不用品の処分方法も

身辺整理をしたくても、部屋がたくさんの不用品であふれているとモチベーションが下がってしまいますよね。どうすれば身辺整理をスムーズにできるのか、と悩んでいる方は多いでしょう。片付けが苦手な方でも、身辺整理のポイントを押さえておけばスムーズに身辺整理を終わらせることができます。

本記事では、身辺整理の方法やポイントなどを解説しましょう。

  1. 身辺整理とは?
  2. 身辺整理の方法は?
  3. 身辺整理で出た不用品の処分方法
  4. 身辺整理をする際の注意点
  5. 身辺整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、身辺整理をスムーズに進めるためのコツなどが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.身辺整理とは?

最初に、身辺整理とはどのようなものなのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.自分の身の回りのものを整理すること

身辺整理について簡単に説明すると、自分の身の回りにあるものを整理することです。身の回りにあるものの中から自分にとって必要なものと必要でないものを選別し、必要なものだけを手元に残します。そして、必要ないものは不用品として処分することが大切です。必要なものだけに囲まれていると、快適な環境になります。近年ブームになっている断捨離や終活の中にも、身辺整理が含まれているのです。なお、身辺整理は結婚・子どもの独立・第二の人生など、節目のタイミングで行われることが多いでしょう。

1-2.身辺整理のメリットはたくさん

身辺整理を行うことで得られるメリットはたくさんあります。大きなメリットは、生活の質が向上することです。身辺整理で大事なのは、断捨離となります。自分にとって必要ないものを処分することになるため、本当に必要なものだけで生活できるでしょう。その結果、日常の景色がスッキリし、快適な空間に生まれ変わります。また、自分がいなくなったときでも、身辺整理をしておけば家族に負担をかけることもありません。所有物が多くなるほど遺品整理が家族の負担になってしまいます。

2.身辺整理の方法は?

ここでは、身辺整理の方法とポイントについて説明します。

2-1.どこまで整理するのか目標を決める

身辺整理で最初にチェックしておきたいのは、どこまで整理するのか目標を決めることです。いざ身辺整理を始めようとしても、何からどこから始めればいいのか分からなくなります。やみくもに身辺整理を進めると、思うように進まなかったり整理し忘れたりするものが出てくるでしょう。そのようなことを防ぐためにも、自分である程度どこまで整理するのか目安を決めてください。そして、どの程度まで整理するのか、大まかで構いませんのでスケジュールを立てましょう。さらに、作業に優先順位をつけておくと段取りしやすくなるのでおすすめです。

2-2.断捨離から始めよう!

身辺整理のやり方は難しく考える必要はありません。基本的に、断捨離から始めていきましょう。スケジュールどおりに、最初に断捨離を始める場所を決めておきます。リビングから先に片付けるのであれば、リビングにあるものを1箇所に集めて、そこから必要なものと必要ないものに仕分けていきましょう。どうしても捨てるべきか悩んでしまうときは、一時保管ボックスを用意しておくとスムーズに作業が進められます。一時保管ボックスに入れておき、後でじっくりと考えてから仕分けるといいでしょう。

2-3.財産関係の整理

身辺整理では、自分がいなくなったときのことを考えて整理をすることになるため、財産関係の整理も重要なポイントです。最初に、自分が管理している財産をすべて把握するところから始めてください。財産は不動産や車といった遺産になるものだけでなく、借金やローンといったマイナスの財産も含みます。そして、遺産として残すべきものは遺言書やエンディングノートに記録しておきましょう。相続人が複数人いる場合は、誰に何を渡すのか弁護士と相談しながら決めると分割手続きもスムーズに行うことができます。

2-4.SNSや人間関係の整理も忘れずに

身の回りにあるものだけでなく、SNSや人間関係の整理も忘れずにしておきましょう。人間関係を整理する際は、自分の死後に何を誰に残したいのか、誰に何を伝えたいのか考えながら行うのがポイントです。友人や仕事関係者などの連絡先を整理しておくと、自分がいなくなったときに家族が連絡を取ってくれるでしょう。また、SNSや写真データといったデジタル関連も整理が必要です。身内に知られたくないアカウントがある場合は削除し、スマホやパソコンに入っているデータは残すものと削除するものに分けておきましょう。

3.身辺整理で出た不用品の処分方法

ここでは、身辺整理で出た不用品の処分方法を解説します。

3-1.自治体回収のゴミとして処分する

一般的な方法としては、自治体回収のゴミとして処分する方法があります。自分で処分する場合、不用品の大きさや素材によってゴミを分別しなければなりません。自治体によってゴミの分類や処分ルールが異なるため、事前に自治体ホームページ等で確認が必要です。たとえば、一辺が30cm以上の不用品は粗大ゴミに分類されるところがほとんどでしょう。なお、事前の申し込みが必要だったり、指定回収場所まで運ばなければならなかったりするので時間と手間がかかります。処分費用を抑えることはできますが、手間と時間がかかる点を踏まえた上で処分してください。

3-2.不用品回収業者に依頼する

大量の不用品をまとめて処分したい・手間と時間をかけたくないという方は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。不用品回収業者はあらゆる不用品の回収を受け付けているため、身辺整理で出た不用品をまとめて処分できるでしょう。大量にあると運んだり仕分けたりするのが大変ですが、不用品回収業者にすべてを任せることができます。出張回収を利用すれば、スタッフが自宅にやってきて回収してくれるので安心です。不用品の量が多くなるほど回収費用はかかりますが、手間と時間をかけることなくスピーディーに処分できるでしょう。

3-3.リサイクルショップなどに買い取ってもらう

不用品の中には、買い取ってもらえるものもあります。たとえば、正常に稼働する家電や、ソファー・テーブルといった大型家具、ブランド物の衣類・バッグなどは買取対象になるでしょう。不用品=ゴミとして処分するイメージが強いのですが、買い取ってもらえるものは買取に出してください。買取専門店やリサイクルショップでは、不用品の買取を行っています。買取対象になるものが多ければ多いほど、処分費用の節約につながるでしょう。まだ使えるのにもったいないと思っている不用品でも、再利用できるので気持ちよく処分できます。

4.身辺整理をする際の注意点

ここでは、身辺整理をする際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.無理のないスケジュールを立てる

身辺整理で注意しておきたいのは、無理のないスケジュールを立てることです。断捨離への気合いが高まるのはとてもいいことなのですが、自分にとって無理なスケジュールを立てると、思いどおりにいかなくなってしまいます。途中でやる気を失ってしまい、中途半端な状態になってしまうでしょう。きれいに片付けるはずだった身辺整理から、さらに不用品が増えたり、部屋の中がごちゃごちゃになったりしてしまがちです。そのような事態にならないようにするためにも、無理のないスケジュールを立ててください。

4-2.始めるタイミングを見誤らない

身辺整理の適齢期は50~60代だといわれています。早めに始めたほうが良いと思われがちですが、身辺整理を始めるタイミングが早まってしまうとやり直しが必要になるので要注意です。たとえば、30代のうちに身辺整理をするとします。数十年後に家族が増えたり、一軒家を購入していたり……価値観や人間関係・環境が様変わりしている可能性が高めです。健康状態・各種制度の変更なども変わることになるため、30代で身辺整理をして処分すると、大きな損をするデメリットも出てきます。20~30代で終活を始めてもできることは限られているので、身辺整理を始めるタイミングを見誤らないように注意してくださいね。

4-3.悪徳業者に注意しよう!

不用品回収業者には、回収したものを不法投棄したり、不当な費用を請求したりする悪徳業者が存在しています。実際に、悪徳業者に引っかかってしまい、不用品の処分に失敗してしまったという事例も増えているのです。悪徳業者を見極めるためには、業者選びのポイントを押さえておかなければなりません。どの業者に依頼すべきか悩んだ際は、下記のポイントに注目してください。

  • 不用品の回収実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 回収方法が自由に選択できるか
  • ホームページ等にサービス内容が具体的に記載されているか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえて、複数の業者を比較してください。比較することで、それぞれの業者の特徴が分かり、悪徳業者が見極めやすくなるでしょう。

5.身辺整理に関してよくある質問

身辺整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.エンディングノートとは?
A.自分の死後の要望や家族へのメッセージなど、自由に記載できるノートのことです。遺言書は法的効力がありますが、エンディングノートには法的効力がありません。そのため、家族に伝えたいことなどがあれば、自由に自分の思いを書き記しましょう。たとえば、どんな葬式にしたいのか・訃報を伝えてほしい友人のリストなどです。エンディングノートに形式はないので、家族に伝えたいことを書いてください。

Q.思い出の品や写真を整理するコツは?
A.思い出の品はなかなか捨てることができませんが、残すものにも限りがあります。その場合は、絶対に手元に残しておきたいものだけを選び、後は撮影して写真として残しておくといいでしょう。また、写真や動画といった思い出も、要らないものがあればどんどん削除してください。要らないデータを削除することで、より新しい思い出を入れることができます。どうしても消したくないという方は、フラッシュメモリーやDVDに写しておくといいでしょう。

Q.葬儀の事前準備もするべきか?
A.身辺整理には葬儀の事前準備も含まれています。自分がいなくなったとき、家族が手続きを行うことになるため、エンディングノートなどにしっかりと自分の意思を書き記しておくといいでしょう。希望する葬儀の種類・宗派・納骨先・供養方法など、具体的に書き記しておくと家族も手続きがしやすくなります。また、事前に家族や葬儀社の人に相談するのもいいでしょう。

Q.どんなものが高く売れるのか?
A.中古市場で需要があるものほど高く売れる傾向があります。たとえば、ブランドものや発売されたばかりの家電などです。ブランドものはどの買取業者でも需要が高いでしょう。ブランドもののほかに、着物やアクセサリー類も高く売れる可能性があります。また、フィギュアや切手といったコレクター類も高価買取が期待できるでしょう。

Q.無料回収業者に依頼しても大丈夫か?
A.なぜ無料回収ができるのか、理由がハッキリと掲載されている回収業者なら安心して依頼できます。たとえば、PCやノートパソコンを中心に不用品の無料回収を行っているパソコンダストでは、回収したものを自社でメンテナンスして再販したり、再販できないものは部品として販売したりしているのが特徴です。よって、回収に費用がかからず、無料回収ができます。逆に、無料回収の理由が明確になっていない業者は悪徳業者の可能性が高いので注意してください。

まとめ

身辺整理とは、身の回りにあるものを整理し、必要なものだけを手元に残すことです。快適な環境が整えられるのはもちろんのこと、自分がいなくなったときに家族への負担を少なくすることができます。身辺整理は断捨離が重要なポイントになるため、自分にとって必要なものと必要でないものをしっかりと区別していかなければなりません。また、身辺整理ではたくさんの不用品が出ることになります。自分で処分できない場合は、無料回収業者を利用するといいでしょう。