ノートとデスクトップ。2種類のパソコンの違いとは?

パソコンを買おうとするとき、ノートパソコンかデスクトップパソコンかで迷う人は多いでしょう。
今は、ノートパソコンの方が少々需要は高いそうですが、デスクトップにもメリットはたくさんあります。
そこで、今回はノートパソコンとデスクトップパソコンの違いについてご説明しましょう。
違いが分かれば、選ぶときの目安もつけやすくなります。
また、最近はやりのタブレットパソコンとの違いについてもご説明しましょう。
パソコンを新しく買いたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. デスクトップパソコンとノートパソコンの違いとは?
  2. ノートパソコンとデスクトップパソコン、どちらか迷ったら?
  3. おわりに

1.デスクトップパソコンとノートパソコンの違いとは?

まず始めにデスクトップパソコンとノートパソコンの違いをご説明します。
それぞれメリット・デメリットがありますので、よく把握しておきましょう。

1-1.デスクトップパソコン

パソコンの最もスタンダードな形です。
液晶モニター、本体、キーボード、マウスなど複数に分かれており、基本的に一度設置すれば動かすことはありません。
最近は液晶モニターと本体が一体になった「一体型デスクトップパソコン」も多いです。
デスクトップパソコンは据え置き型の分、ある程度の大きさが合っても問題ありません。
ですから、大きなモニターや強力な冷却ファンも取りつけられるでしょう。
パソコンは使っている限り必ず熱を発します。
一度にたくさんの作業を並行で行おうとするほど、パソコンの排熱量は多くなるでしょう。
それを冷やすファンも強力なものが必要になります。
デスクトップパソコンの大きさがあれば、ある程度強力なファンをつけても問題ありません。
ですから、ゲームやデザイン設計、動画編集などをする場合はデスクトップの方がスムーズにいくでしょう。
さらに、デスクトップパソコンはメモリーを増設したり、プリンターなど周辺機器の接続が簡単にできたりします。

1-2.ノートパソコン

ノートパソコンのメリットは、なんといっても持ち運びの便利さです。
カバンにすっぽり入るサイズが多いため、どこに出も持っていけるでしょう。
家で資料を作成して会社で発表ということもできます。
また、出張や帰省のとき移動中に仕事や勉強をする人も多いです。
最近は、新幹線の中にもパソコン用コンセントが常備されているため、バッテリーがなくても安心。
しかしその反面、コンパクトさを重視しているので、同じ値段ならばノートパソコンの方が要領も小さく性能は劣ります。
今は、高性能なノートパソコンもありますが、デスクトップパソコンに比べて割高です。
また、ノートパソコンは液晶デスプレイ、本体、キーボードがすべて一体になっています。
ですから、どこかが壊れると丸ごと修理に出すか、買い替えが必要になるのです。
さらに、ノートパソコンの冷却ファンはキーボードの下についています。
ですから、夏場は長時間作業していると熱暴走を起こすこともあるのです。

1-3.タブレット型のパソコンとは?

タブレット型のパソコンは、iPadに代表されるタッチパネルデスプレイを搭載したパソコンです。
スマートフォンを大きくして電話機能を取り去ったもの、と考えればイメージしやすいでしょう。
タブレット型パソコンは、クラウドと呼ばれる外部機関にデータを記憶しておきます。
ですから、メモリー機能などが必要ないのであれだけコンパクトなのです。
しかし、その反面できることも限られています。
いくつもの作業を並行して行ったり、複雑な処理が必要なものはできません。
でも、動画やサイトを見たり、地図アプリを使ったり電子書籍を読んだりするくらいならば十分です。
ですから、タブレット型パソコンはあくまでも補助として使い、メインはノートパソコンかデスクトップパソコンという方が多いでしょう。

2.ノートパソコンとデスクトップパソコン、どちらか迷ったら?

では、ノートパソコンとデスクトップパソコンで迷ったら、どちらを買うべきでしょうか?
この項では、パソコンを選ぶ際に決め手になるポイントをご紹介します。

2-1.何にパソコンを使うのか?

ゲームをしたりデザインをしたりするなど、大容量のパソコンが必要な場合はデスクトップがよいでしょう。
逆に、インターネットの閲覧や文章、表の作成だけという場合はノートパソコンでも十分です。
このように、「パソコンを買って何に使いたいか」をまず考えると、どちらのパソコンがよいのか見えてきます。

2-2.パソコンを持ち歩きたいか?

パソコンを色々な場所で使いたいという場合は、ノートパソコンの方が便利です。
しかし、今はスマートフォンもタブレット型パソコンもあります。
外出先で作業をするためにはどちらかがあれば十分という場合は、デスクトップパソコンとタブレット型パソコンの2持ちを選択してもよいでしょう。

2-3.家族と共有するのかどうか

家族でパソコンを共有したいという場合は、大容量のデスクトップパソコンが便利です。
ユーザー切り替えを使えば、プライベートなファイルなどを見られることもありません。
また、リビングに置いて家族で使えば、子どもが有害なサイトにつながないかどうか、監視することもできます。
逆に家が狭かったり、パソコンを使うのが自分だけだったりする場合は、ノートパソコンの方が場所を取らずに便利でしょう。

2-4.引っ越しが多いかどうか

デスクトップパソコンの場合は、周辺機器の使用状況によって配線が複雑になる場合があります。
また、デスクトップは基本的に移動をしない前提で作られているのです。
ですから、どこかへ移動させる場合はリスクが伴います。
一方、ノートパソコンは最初から持ち運ぶことを前提に作られているのです。
そのため、落下による衝撃などはノートパソコンの方が何倍も強いでしょう。
ですから、留学先にパソコンを持っていくとかいくつかの場所を転々とする仕事についているなど、引越しが多い場合はデスクトップパソコンの方が便利です。

2-5.買い替えでパソコンが不要になった場合は?

パソコンを買い替えると古いパソコンが不要になります。
その場合は、どんなに小さいものでも、自治体にゴミとして処分を依頼できないので注意しましょう。
パソコンはPCリサイクル法という法律に沿って処分することが決められています。
そのため、メーカーに回収を依頼してください。
2003年以降に製造されてPCリサイクルマークが張ってあるものならば無料で回収してくれます。
また、古紙回収のようにパソコンを無料で回収してくれる業者もあるのです。
パソコンはリサイクルできる部品が多いので、無料で回収できます。
そのような業者を利用してもパソコンがすぐに処分できるでしょう。

3.おわりに

いかがでしたか?
今回はデスクトップパソコンとノートパソコンの違いについてご説明しました。
まとめると

  • デスクトップパソコンは容量が大きく周辺機器に接続しやすい。
  • ノートパソコンは持ち運びに便利。
  • 容量をたくさん使う作業をしたい場合は、デスクトップパソコンの方が便利。
  • どこででも作業をしたい場合はノートパソコンの方が便利。

ということです。
今は技術が進歩して、容量でも処理速度でもノートパソコンもデスクトップパソコンも差がなくなってきています。
しかし、ノートパソコンは折り畳み式が多いですので、
どうしても長時間作業すると姿勢が前かがみになり、肩がこりやすくなるでしょう。
ですから、長時間作業をする場合もデスクトップパソコンの方が使いやすいのです。
さらに、高齢者の場合はデスクトップパソコンの方が液晶デスプレイは大きいので、見やすいでしょう。