外付けHDDの安全な捨て方を紹介! フォーマットだけではダメな理由

パソコンの容量を簡単に増やせる便利な機械「外付けHDD」。故障や買い替えを理由に処分を考えたときに「どのように捨てればいいのか分からない」という人も多いのではないでしょうか。パソコンと異なり、外付けHDDのような後から購入した製品は、家電量販店やメーカーに回収してもらえません。

「故障して動かない外付けHDDなら自分で廃棄しても安全だろうか?」「フォーマットさえすれば中のデータを盗まれる心配はないの?」という疑問をお持ちの方のために、外付けHDDの安全な処分方法をご紹介しましょう。不用品回収業者に依頼する方法についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 外付けHDDを捨てることについて
  2. 処分費用の相場は?
  3. どのような処分方法があるのか
  4. 処分する際の注意点
  5. 不用品回収業者を選ぶ際の注意点

1.外付けHDDを捨てることについて

外付けHDDを処分する際になぜ注意が必要なのかというと、大量のデータが入っているからです。最近はパソコンも性能の高いものが増えてきており、写真や動画の編集をおこなったりする人も増えてきています。パソコンに内蔵されているHDDだけでは容量が足りず、外付けHDDを愛用している人も少なくないでしょう。

しかし、問題なのは処分するとき。人に見られても価値のなさそうなデータであっても、必ず処分する際にはデータを消しておきましょう。例え壊れて動かない外付けHDDでも、中のデータが復元できてしまう場合もあります。念には念を入れておくことが大切なのです。

2.処分費用の相場は?

外付けHDDを処分する際にかかる費用は、処分方法によって異なります。家電量販店に処分を依頼すると1台につき1000円程度かかりますが、不用品回収業者に処分してもらうとなると、料金は業者によってまちまちです。無料で回収してくれる業者もありますが、あまりにも安い業者は回収したものを不法投棄するような違法業者である可能性もあるので、十分に気をつけてください。

また、自分で外付けHDDを廃棄する際は自治体によって「不燃ゴミ」に指定されるところと「粗大ゴミ」として出すことが義務づけられているところがあります。自分の住んでいる地域の自治体に問い合わせて確認してみてください。

粗大ゴミの場合は事前に処分代を含んだシールを購入しなければなりませんので、金額についても確認しておきましょう。廃棄する際は自分でデータ消去を行う必要があるので「やり方がわからない」という人はインターネットで調べてみてください。

3.どのような処分方法があるのか

外付けHDDは廃棄する以外にどのような処分方法があるのでしょうか。自分が最も安全と思える方法で処分してください。

パソコンショップや家電量販店に依頼する

自分で外付けHDDのデータを消去するには各メーカーのホームページを見れば方法がわかりますが、自信がないならパソコンショップや家電量販店にデータ消去と処分を依頼してみてください。有料にはなりますが、自分で消去して心配が残るよりはよいでしょう。ただし、そのようなサービスをおこなっていないお店もありますので、事前に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。中には目の前でデータ消去してくれるお店もあるようですが、これが一番安心ですよね。

回収業者に依頼する

パソコン周辺機器を回収してリサイクルしている業者もありますので、探してみるとよいでしょう。回収業者なら自宅まで取りに来てくれますので、他にも一緒に処分したいものがないか探してみてください。ただし「無料」と言いながら料金を請求してくる悪徳業者もありますので、業者選びには十分注意しましょう。

4.処分する際の注意点

外付けHDDの処分で最も注意しなければならないのは、完全にデータを消去する必要があるということです。確実にデータ消去してもらえる引き取り先を見つけるのはもちろんのこと、自分で消去する方法についても調べておきましょう。中古市場に出回ったHDDからデータを復元して重要なデータが流出した例もありますので、復元不可能な方法で消去するようにしてください。

データを復元できない消去方法には、専用のソフトを使用した「物理フォーマット」という方法と、データを保存する円盤を破壊してしまう方法があります。くれぐれも重要なデータの入った外付けHDDを適当に扱わないようにしましょう。

5.不用品回収業者を選ぶ際の注意点

不用品回収業者を選ぶ際には、いくつか知っておくべき注意点があります。

無許可の業者ではないか

回収した不用品をどのように処理しているかについて考えると、違法な業者を選ぶわけにはいきません。不用品回収業者は「一般廃棄物運搬業許可」を持っている必要があるため、この許可を受けていない業者が不用品を回収することは違法行為にあたります。重要なデータが入った外付けHDDの回収を依頼してデータが流出してしまう危険性も考えられますので、必ずこの許可を受けている業者を選ぶようにしてください。

所在地不明の業者は要注意

事務所の所在地を明らかにせずに、トラック1台で全国を回っている回収業者もあります。このような業者はトラブルが起きたときに所在がわからなくするために敢えて明らかにしていない可能性があると考えられるでしょう。大切なデータの入った外付けHDDだからこそ、身元のはっきりとした良心的な業者を選ばなければなりません。

まとめ

外付けHDDの処分に関する情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 外付けHDDを捨てることについて
  • 処分費用の相場は?
  • どのような処分方法があるのか
  • 処分する際の注意点
  • 不用品回収業者に依頼するメリット
  • 不用品回収業者を選ぶ際の注意点

外付けHDDの処分は念入りにおこなわなければなりません。自分にとって重要なデータでなくても、第三者からしてみれば必要なものである可能性も十分に考えられます。ぜひこの記事を参考にして、安全に外付けHDDの処分をおこなってください。