神棚の処分方法や処分にかかる費用は?~神棚を処分する際の注意点~

神棚を置いている事務所や家庭はあるでしょう。
神さまをおまつりする「神棚」の処分にはほとんどの人が困るものです。
神さまがいらっしゃるので雑に処分することはできません。
もし、神棚の処分を考えているのなら正しい処分方法を把握してください。
そこで、神棚の処分方法や処分費用、処分する際の注意点について説明します。
どうやって神棚を処分すべきか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 神棚の処分方法
  2. 神棚の処分費用
  3. 神棚を処分する際の注意点
  4. まとめ

1.神棚の処分方法

神さまをおまつりする神棚は普通のゴミと一緒に処分してはいけません。
神棚は神聖な場所なので、処分にはきちんとしたルールがあります。
後で嫌な思いをしないためにも、神棚の処分方法を把握しておきましょう。

1‐1.自分で処分する場合は「お神札(しんさつ)」を抜く

神棚を自分で処分する場合は、お神札(おしんさつ)を神棚から抜かなければなりません。
お神札(しんさつ)とは、神さまのしるしになっているお札のことです。
神さまのしるしとなるお神札(しんさつ)が入っているまま処分してはいけません。
お神札(しんさつ)を抜いた後、神棚本体は自治体で処分してもOKです。
自治体では粗大ゴミか、または可燃ゴミになるでしょう。
ほとんどの神棚は木材でできているので、可燃ゴミになります。
自治体によってルールも異なるので必ず確認してください。
わからない場合は業者に依頼するのも1つの方法です。
神棚から抜いたお神札(しんさつ)は神社に持っていってください。お神札(しんさつ)は特別なものなので正しい方法で処分しなければなりません。

1‐2.神棚全体を神社に持っていきお清め・お炊き上げする

神棚の処分が面倒な人は、お神札(しんさつ)をいれたまま神棚を神社に持っていきましょう。
神社では、神棚のお清め・お炊き上げをしています。
お神札(しんさつ)を処分する際もお清め・お炊き上げが基本になるでしょう。
持っていくのが大変だと思いますが、神社では神棚本体も処分してくれます。
お神札(しんさつ)と一緒に神社の人に渡してください。
ただし、すべての神社が神棚を処分してくれるとは限りません。近くにある神社へ問い合わせをして、確認したほうがいいでしょう。
せっかく持っていっても受けつけてくれなければ余計に手間がかかります。
効率的に処分するためにも確認が大切です。

1‐3.神棚は不用品回収業者に依頼する

最近では環境問題から、神棚を処分してくれない神社が増えています。
神さまが宿っているお神札(しんさつ)はお清め・お炊き上げをしてくれますが、神棚本体は自分で処分するケースが多いです。
自分で処分する場合、自治体よりも不用品回収業者に依頼したほうが手っ取り早いでしょう。
不用品回収業者は幅広いものの回収をしています。
お神札(しんさつ)が抜いている神棚であれば、業者に依頼して処分してもらいましょう。わざわざ運ぶ必要もないので安心です。
連絡をすればすぐに自宅まで引き取りにきてくれます。
時間と手間がかからず非常に効率的な処分方法になるでしょう。

2.神棚の処分費用

2‐1.神社でのお清め・お炊き上げにかかる費用

神棚を処分する際、気になるのが「費用」です。
できるだけ費用は抑えたいでしょう。
神社でお神札(しんさつ)のお清め・お炊き上げを依頼する際、数千円ですみます。万単位にはならないので安心してください。
ただし、神社によって細かい金額は異なるので要注意です。
正式な金額が知りたい人は、1度近くの神社に問い合わせてみてください。
また、神社に依頼するときは「玉串料」が必要になります。
玉串とは、お米やお酒、魚や野菜などと一緒に神さまにおそなえするお金のことです。神さまに対してのお金なので、玉串料と呼んでいます。
あくまで神さまにささげるものとなるので、のし袋にいれましょう。
のし袋が用意できなければ、封筒で代用しても構いません。

2‐2.業者に神棚の処分を依頼する費用

神棚の処分を業者に依頼するとき、かかる費用はいくらになるのでしょうか。
実際のところ、費用は業者によってさまざまです。
お清めやお炊き上げと同じく数千円は必要になります。
できるだけ費用を抑えるためにも、1社にしぼらずさまざまな業者の見積もりを比較してください。
業者に見積もりを依頼して3社~4社ぐらいで比較しましょう。比較することで最も安い費用の業者に依頼できます。
けれども、安いだけでは安心して処分ができません。
業者の中には不正な方法で処分しているところもあります。
ご神札(しんさつ)を抜いたとしても正しい方法で処分してくれなければ意味がありません。
安心して処分するためにも見積もりだけでなく、サービス内容や業者の対応もしっかり確認してください。

3.神棚を処分する際の注意点

3‐1.準備に余裕を持って処分する

神棚は神さまをおまつりしていたところです。
時間がないからと急いで処分してはいけません。
余裕がないときほど間違った方法で処分してしまいます。
慎重に業者選びもできなくなるため、失敗する可能性が高いでしょう。
引っ越しなどですぐに処分しなければならないケースもありますが、できるだけ時間に余裕を持って神棚を処分してください。
お清めやお炊き上げしてくれる神社も見つけなければなりません。
特に、処分にかかる費用の確認は大切です。
最近では、業者との金銭トラブルが多発しているので十分に気をつけていきましょう。

3‐2.神棚は粗末に扱わない

処分するとき、神棚を粗末に扱っていませんか?
神棚を置く場所は基本的に天井付近です。
処分するには高いところから降ろさなければなりません。
よって、高いところから降ろす際は、丁寧に扱ってください。神棚は結構重たいです。できれば力のある男性に手伝ってもらいましょう。
神さまが宿っている場所なので傷をつけないように気をつけなければなりません。
神棚ごと神社に持ちこむ場合は、汚れや傷がつかないようにやわらかい布でカバーしておきましょう。
布で包むだけでもしっかり神棚が保護できます。
また、宗派によっては処分方法が決まっているケースもあるので要注意です。宗派に合った方法で供養しなければなりません。
処分に失敗しないためにも、宗派の正しい供養の仕方を確認してください。
最もやっていけないことは、粗末に扱うこと、普通のゴミと一緒にすることです。
面倒に感じてしまいますが、きちんと正しい方法での処分は私たちの義務になります。

4.まとめ

神棚の処分方法や処分費用、処分する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
神聖な場所である神棚は慎重に処分しなければなりません。
処分方法に困ってしまいがちですが、きちんと基礎知識を把握しておけば安心です。
神棚本体は自治体や業者でも処分できるでしょう。
しかし、神さまが入っている「お神札(しんさつ)」はゴミと一緒に処分してはいけません。
神さまに関係している神社でお清め・お炊き上げしてもらう必要があります。
お清め・お炊き上げは数千円でできるでしょう。
細かい費用は神社によって異なるので必ず確認してください。
神社によっては神棚本体の処分を受けつけていないところもあります。
また、神棚本体を業者に依頼する場合も注意が必要です。
本当に安心して依頼できるかどうか、見積もり内容やサービス、業者の反応を比較して信用できる業者を選びましょう。