マザーボードの交換手順を一挙公開!おすすめの処分方法も!

マザーボードを交換する手順についてご存じでしょうか? マザーボードはパソコンの心臓部とも呼ばれる重要な部分です。そんなマザーボードが不具合を起こしたとき、新しい性能のものが欲しくなったときなどに、交換を検討する人も多いでしょう。自作パソコンを使用している人は、マザーボートの交換を自分で行っている人がほとんどです。

この記事では、マザーボードを交換する手順や注意点・処分方法までまとめてご紹介します。

  1. マザーボードとは?
  2. マザーボードの交換について
  3. マザーボードの交換方法
  4. マザーボードの処分について
  5. マザーボードの交換に関するよくある質問

この記事を読むことで、マザーボードを交換する際に知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.マザーボードとは?

まずは、マザーボードについて解説します。

1-1.どんなものか?

マザーボードは、デスクトップパソコンにもノートパソコンにも必ず入っている基盤のことです。複数あるパソコンのパーツの中でも特に重要な役割を果たします。特に、自作パソコンを制作する際に、最初に選ぶべきパーツでもあるでしょう。

1-2.役割

パソコン内部には、CPUやメモリー・ハードディスクなどさまざまなパーツがあります。そして、そのパーツ間の橋渡しをするのが、マザーボートの役割です。つまり、パーツとパーツの間で行き来する情報の通路と言えます。マザーボードによって、パソコンの拡張性や将来性が決まってくるのです。

1-3.素材

マザーボードの素材は、プリント基板です。プラスチックの基盤に、銅などの導体で配線が印刷されています。表面には電子部品、後部にはインターフェイスのコネクターが並んでいるのが一般的です。

1-4.大きさや規格

自作パソコンに使用する場合、マザーボードの大きさは統一されています。最も使用されているのがATX規格のもので縦305mm×横244mmの大きさです。小さめのパソコンケースを使用する場合は、縦244mm×横244mmのmicroATX規格を使用するとよいでしょう。

マザーボードはパソコンの部品なんですね。
はい。パソコンの主要部品の1つで電子回路基板です。

2.マザーボードの交換について

マザーボードの交換が必要になるのはどのようなときでしょうか。

2-1.よくある故障とは?

パソコンにはさまざまなトラブルが発生します。その中でも、マザーボードの不具合が原因で起こるものが多いのです。マザーボードが原因で起こる不具合には、以下のようなものがあります。

  • 電源を入れてもパソコンが起動しない
  • 電源ランプがつかない
  • 電源は入っても画面に何も表示されない
  • たびたび電源が入らなくなる

2-2.交換が必要なケース

トラブルの原因がマザーボードにあると考えられる場合は、新しいマザーボードと交換することで問題を解決できる可能性があります。そのほかにも、新しいデバイスを使用したいが、インターフェイスが存在しない場合などに、マザーボードの交換が必要です。

2-3.交換する際の注意点

マザーボードを交換する際には、必ずパソコンをシャットダウンしておきましょう。ハードディスクが変わるとシステムが正常に機能しなくなる可能性があります。パソコンのコンセントも抜き、マザーボードに電気が供給されていない状態であることを確認するようにしてください。

マザーボードだけ交換が必要になることがあるんですね。
はい。それで不具合が解消することもあります。

3.マザーボードの交換方法

マザーボード交換の方法や手順をまとめました。

3-1.方法と手順

マザーボードの交換は、DIYする方法と業者に依頼する方法があります。

3-1-1.自分で交換する場合

自分で交換する場合の手順は以下のとおりです。

  • パソコンの電源を切ってコンセントを抜く
  • 数分間放置して放電する
  • マザーボードのコードと拡張カード、ケースに固定しているネジをすべて外す
  • ケースからマザーボードを取り出す
  • CPU、メモリーを取り外す
  • 新しいマザーボードにCPUとCPUクーラー、メモリーを取り付ける
  • マザーボードをケースに取り付ける
  • 外したコード類を元に戻す
  • パソコンを起動し、マザーボードのドライバーをインストールする

3-1-2.業者に依頼する場合

マザーボードの交換を行っている専門業者に依頼する方法もあります。DIYするにはある程度の知識や経験が必要です。パソコンに合ったマザーボードを探すのも簡単なことではありません。特に初心者は、無理に自分で交換しようとすると失敗する可能性も高いでしょう。自信がない人は、専門業者にお任せすることをおすすめします。

3-2.メリット・デメリット

知識や経験がある人にとっては、自分で交換する方がメリットは大きいでしょう。業者に依頼すると作業費用もかかるため、できるだけ節約したいという人にはおすすめです。ただし、失敗する可能性もあるということを覚えておいてください。その点、業者に依頼すれば安心ではあります。費用の面でデメリットを感じる人もいると思いますが、どちらが自分にとってよいのかよく考えてみましょう。

マザーボートは自分で交換すれば一番安く済むんですね。
はい。しかし慣れない人は業者への依頼がおすすめです。

4.マザーボードの処分について

不要になったマザーボードの処分方法についてご紹介します。

4-1.処分方法

マザーボードの処分方法はいくつかあります。

4-1-1.自治体のゴミ回収を利用する

自治体のゴミ回収を利用する場合は、何ゴミに分類されるのか事前に調べておきましょう。多くの自治体では不燃ゴミに該当しますが、サイズの大きいものは粗大ゴミ扱いになる自治体もあります。その場合は申し込みが必要です。あらかじめ粗大ゴミ処理券を購入し、回収日時を確認しておきましょう。

4-1-2.リセールする

まだ使える状態のマザーボードは、リセールすることも可能です。パソコン周辺機器専門のリサイクルショップなどに持ち込んでみるとよいでしょう。その場で査定して現金化できるため、急いで処分したい人におすすめです。

4-1-3.回収業者に依頼する

回収業者の場合、ほかにも処分したいものがあればまとめて依頼することも可能です。業者によっては回収方法も選択できるため、自分にとって都合のよい方法で処分できます。

4-2.「パソコンダスト」の無料回収について

パソコンや不用品の回収を行っている「パソコンダスト」では、パソコンやタブレットなどの対象商品と一緒にダンボールで送っていただければ、マザーボードを無料で回収いたします。全国どこからでも送料無料になるため、ぜひチェックしてみてください。パソコンや家電製品には貴重な資源が含まれており、その資源を再販売することで利益を得ているのです。そのため、安心してご利用いただけます。

4-3.業者選びのポイント

回収業者を利用する場合は、業者選びに十分注意してください。以下のポイントを参考にして業者を選びましょう。

  • 回収に必要な許可を得ているか
  • ホームページに住所や電話番号の記載があるか
  • 無料相談や無料見積もりを受けつけているか
  • 無料回収の場合は、その理由が明確になっているか
  • スタッフの対応が親切でスピーディーか

4-4.回収方法

回収業者による回収方法には、主に店頭持ち込み・宅配回収・出張回収の3つがあります。「パソコンダスト」の宅配回収では、送料無料の対象品目が1点でもあれば、同こん商品も送料無料で回収可能です。たいへんお得なのでぜひチェックしてみてください。

4-5.メリット・デメリットと注意点

メリットは、手間をかけずに不用品の処分ができるという点です。自分で回収方法を選択できるのも便利でしょう。また、ほかにも不要なものがあればまとめて依頼できるため、一気に不用品を処分できます。ただし、業者選びには注意が必要です。中には悪質な営業をしている業者も存在しているため、インターネットの口コミなどもしっかりとチェックした上で、慎重に選ぶようにしましょう。

マザーボードは自治体にゴミとして回収してもらえるんですね。
はい。また、無料回収している業者もあります。

5.マザーボードの処分に関するよくある質問

「マザーボードの処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.マザーボードに個人情報は含まれていますか?
A.マザーボードにデータを記録する機能はありません。処分する際などに個人情報が流出する心配はないでしょう。

Q.ネットオークションでマザーボードを売ることはできますか?
A.自作パソコンに対する関心が高まっているため、ネットオークションで買い手が見つかる可能性は十分にあるでしょう。ただし、こん包や発送の手配は自分で行う必要があります。

Q.リサイクルショップにマザーボードを買取してもらう場合、高額査定のコツは何ですか?
A.問題なく動作するか確認しておくこと、できるだけきれいな状態にしておくことが大切です。査定額がアップする可能性があるでしょう。

Q.悪質な不用品回収業者とのトラブル例にはどのようなものがありますか?
A.見積書の内容と異なる高額な料金を請求された例や、回収した不用品を不法投棄された例などがあります。

Q.不用品回収業者とトラブルがあった場合、どこに相談すればよいですか?
A.消費者生活センターに相談しましょう。今後の対処法についてアドバイスをもらえます。ただし、脅されたなど身の危険を感じた場合は、警察にも連絡するようにしましょう。

まとめ

マザーボードの交換方法や処分方法について詳しくご紹介しました。マザーボードを自分で交換するのは、経験がないとなかなか難しいでしょう。もし検討しているのであれば、ぜひこの記事を参考にしてください。不要になったマザーボードの処分方法についても記載しています。