部屋が散らかるのには理由があった! 正しい片付け方と共に解説!

片付けてもすぐに部屋が散らかり、悩んでいるという人は多いことでしょう。せっかく掃除や整理整頓をしてもすぐに散らかるならば、片付ける気力もなくなりがちです。しかし、部屋がすぐに散らかるには理由があります。

そこで今回は、部屋がすぐに散らかる理由や、すっきりと片付いた部屋が長続きするコツを紹介しましょう。

  1. 片付けてもすぐに部屋が散らかる理由
  2. 部屋がキレイな状態を保てる片付け方
  3. 片付いた部屋をキープするための習慣
  4. 部屋の片付けに関するよくある質問

この記事を読めば、整理整頓のメリットや重要性も分かります。部屋をスッキリキレイに片付けたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.片付けてもすぐに部屋が散らかる理由

はじめに、片付けてもすぐに部屋が元通りになってしまう主な原因を紹介します。

1-1.ものの置き場所が決まっていない

毎日使うものでもどこに何を置くか決まっていないと、使い終わった後に「とりあえず」とテーブルや床の上に置きがちです。また、ものの置き場所が決まっていないと、使う前にあちこち探し回ることになります。その結果、「しまうと出すのに大変だから、分かりやすいところに置いておこう」となり、部屋が散らかっていきがちです。

1-2.収納スペースに何でも詰めこみがち

収納スペースに何でも詰めこめば、部屋は一見片付いたように見えます。しかし、「どこに何をしまったのか」が分からなくなるため、必要なものを探すためには詰めこんだものを出さなければなりません。その結果、片付いたように見えていた部屋は元通りの散らかった状態になってしまいます。

1-3.ものが多すぎる

使わないものをいつまでも取っておくと、収納スペースを圧迫するだけでなく管理も大変になります。また、収納スペースが足りないことを言い訳にして、収納家具を増やせば、ますます管理が大変になるでしょう。

1-4.床やテーブルの上にものを置くことに抵抗がない

床やテーブルの上にものを置くことに抵抗がなくなると、部屋は散らかりやすくなります。「置き場所がないから、とりあえずテーブルや床の上に置いて、後で片付け場所を考えよう」と思うようになると、部屋はあっという間に足の踏み場がなくなるでしょう。

2.部屋がキレイな状態を保てる片付け方

この項では、部屋が散らかりにくくなる片付け方や掃除方法を紹介します。

2-1.使わないものを捨てる

片付けの最初は、使わないものを捨てることです。「いつか使うかもしれない」というものは、まずこれからも使うことはありません。また、1年間使わなかったものは、これからも使う可能性は低いでしょう。ものを減らすことで管理が楽になり、収納スペースにも余裕ができます。収納スペースが常に3割程度の空きを作ることを目指し、ものを捨てていきましょう。また、「思い出の品だから捨てられない」というものは、写真に撮ったり電子化したりするなど形を変えればコンパクトに収納できます。

2-2.ものの住所を決める

必要なものは、以下のような種類に分類されます。

  • ほぼ毎日使うもの:日用品など
  • 時々使うもの:レジャー用品や来客用のものなど
  • めったに使わないけど必要なもの:思い出の品や使う季節が限られているものなど

毎日使うものは、最も取りだしやすい場所にしまいます。クローゼットや押入れなら、腰から目線の高さの場所にしまいましょう。めったに使わないものは、天袋や床下収納など「取りだすのにひと手間かかる場所」に入れても大丈夫です。

2-3.使う場所の近くにものをしまう

ものは、使う場所の近くにしまうことが基本です。たとえば、キッチンには調理器具や食器をしまいます。文具類はリビング、おもちゃは子供部屋を収納場所としましょう。そうすれば、出し入れも楽になります。

2-4.片付けのプロセスをできるだけ簡略化する

片付けが苦手な人は、片付けまでにかかるプロセスを少なくすることも大切です。たとえば、ものをしまうまで3つ以上の行程があると、面倒くさくなってしまいます。できるだけ1ステップでものを片付けられる方法を考えましょう。

3.片付いた部屋をキープするための習慣

この項では、片付いた状態で部屋をできるだけ長くキープする習慣や考え方を紹介します。

3-1.ものは収納場所を決めてから増やす

新しくものを増やしたい場合、どこに収納するかまで決めてから購入しましょう。たとえば、シーズンごとに買い足すことが多い服は、もう着ないものを捨て、収納スペースを空けてから新しいものを買えば、収納場所がいっぱいになることはありません。

3-2.ものは使ったら定位置に片付ける

ものを使ったらその場に放り出しておくのではなく、定位置に戻しましょう。そうすれば、散らかることも行方不明になることもありません。また、「1日の中で何度も使うのにいちいちしまうのは面倒」と思う場合は、「一時置き場」を作っておきます。そこに使う度にしまい、1日の終わりに定位置に戻しましょう。

3-3.床やテーブルにものを置かない

床やテーブルにものを置く習慣をつけてしまうと、部屋が散らかりがちです。床やテーブルに10分以上ものを置きっぱなしにしないように習慣づけましょう。

3-4.定期的に持ちものを整理する

ものはどうしても増えていくので、定期的に整理しましょう。衣替えの時期や大掃除のときなどがおすすめです。定期的に持ちものを整理すれば、ものの二重買いなども防げるでしょう。

4.部屋の片付けに関するよくある質問

この項では、部屋の片付けに関する質問を紹介しましょう。

Q.おもちゃなどこまごまとしたものが散らかりやすく片付けにくく、悩んでいます。
A.おもちゃは何度も出し入れするので、大きなカゴのような収納ボックスを1つ用意し、そこに入れて片付けるようにしましょう。また、小さなものはお菓子の空き箱などにまとめ、ボックスに入れれば散らかりにくくなるはずです。

Q.書類があちこちに散らばり、困っています。
A.書類は、いるものといらないものとに分け、いらないものは捨ててください。長期保管が必要なものは専用のバインダーにまとめてしまいましょう。保管期間が限られているものは、保管期間が同じもの同士をまとめ、クリアファイルに入れて分かりやすいところに置いてください。保管期間が済んだものから捨てていきます。

Q.まだ使えるものを捨てるのはもったいないので、寄付などはできませんか?
A.福祉施設などに寄付をする際は、必ず寄付を受けつけているかどうか確認してから行ってください。いきなり送りつけてはいけません。

Q.どうしても収納スペースが足りず、引っ越しもできない場合の対処法はありますか?
A.トランクルームを利用してもいいでしょう。費用がかかりますが、「お金を払っている」と意識すると無駄なものは預けられません。整理整頓にも前向きになります。

Q.片付けをしようと思いますが、どこから手をつけていいか分かりません。
A.まずは、小さな引き出し1つから不用品を片付けてみましょう。気持ちもすっきりし、やる気が出ます。

まとめ

今回は、部屋が散らかりやすい理由や対処法を紹介しました。すぐに散らかる理由は、片付け方が間違っている場合がほとんどです。無造作に収納スペースにものを詰めこむのではなく、まずは不用品を捨てるところから始めましょう。ものが少なくなれば、その分管理も片付けも楽になります。