ベビー用品の処分は回収業者の宅配回収が便利! ベビー服も廃棄可能

赤ちゃんはすぐに成長してしまい、ベビー服やベビー用品が不要となります。新生児の服はわずか1か月でサイズアウトしてしまうなど、使う期間が短いのが特徴です。不要になったベビー用品をいつまでも抱えていたら、家の中はものが増える一方でしょう。処分を考えなければなりません。
「ベビー用品を処分する方法とは?」「きれいなベビー用品はリセールできないか?」といった疑問は、自然と生じるものです。これからベビー用品を準備しようと思っている方も、不要になることを前提とし、レンタルなどの活用も視野に入れるといいでしょう。
今回は、ベビー用品の処分についてご紹介します。

  1. ベビー用品処分の悩みとは?
  2. ベビー用品をゴミとして処分する場合
  3. ベビー用品を誰かに譲る場合
  4. ベビー用品の処分を回収業者に頼む場合
  5. ベビー用品の処分でよくある質問
  6. まとめ

待望の赤ちゃんが生まれる喜びで、ついたくさんベビー服やベビー用品を買ってしまったという経験は、誰でもあると思います。ベビー用品の処分でよくある悩みなどを知り、上手に処分する方法を学びましょう。

1.ベビー用品処分の悩みとは?

ベビー用品は使用期間が短いため、状態がいいものも多いと思います。ベビー用品の処分でよくある悩みをまとめました。

1-1.ベビー用品にはどんなものがある?

ベビー用品の多くを占めるのは洋服です。ほかには、ベビーベッド・ベビーカー・チャイルドシートなど日用品もあり、生活には必要不可欠となっています。最近の傾向として、ベビーベッド・ベビーカー・チャイルドシートは中古品を購入してコストを抑えるケースや、必要なときだけレンタルするケースが多くなっているのです。ベビー用品で人気があるのは、ファミリアなどの有名ブランドで、出産祝いでもらうことも多いでしょう。

1-2.ベビー用品の処分にかんする悩みとは?

1-2-1.数か月から数年で使えなくなる

前述したとおり、ベビー用品はすぐに使えなくなってしまうものばかりです。ベビーベッドやチャイルドシートも、体重や身長の伸びと共に、サイズアウトしてしまいます。ベビーカーも、歩きたがるようになったら不要に感じることも多いでしょう。ベビー服はもっと使用期間が短いものです。

1-2-2.まだ使えるのにもったいない

ベビー服は、通販で可愛(かわい)いデザインを見つけ、つい衝動買いしてしまうという方が多いことでしょう。赤ちゃんの時期は動き回ることも少ないため、スレや汚れも目立たず。まだ使えるのに廃棄するのはもったないという悩みが出てきます。

1-2-3.お下がりをあげる子が周囲にいない

核家族化や少子化が進み、周囲に赤ちゃんがいないケースも多いものです。お下がりを譲る相手がいなければ、自分で廃棄する方法を考えなければなりません。

2.ベビー用品をゴミとして処分する場合

ベビー用品をゴミとして処分する場合、自治体のルールに添う手段があります。廃棄前に流れやメリットなどは知っておきましょう。

2-1.自治体回収の場合

自治体の回収を利用する場合、分別が必要になります。洋服は燃えるゴミや資源ゴミに分類され、ベビーベッドやチャイルドシートは粗大ゴミとなる自治体がほとんどでしょう。ゴミを分別せずに放置することは許されません。

2-2.ベビー用品を自治体で処分するときの流れ

まず、自治体のルールを確認してください。ルールに従った処分が求められるためです。分解が必要かどうかもチェックしておきます。洋服の場合、燃えるゴミまたは資源ゴミとなるため、袋にまとめておき、指定廃棄日にゴミ集積所に出しましょう。粗大ゴミとなるものは、自治体への申請が必要です。申し込みをしてから、指定された日時と廃棄場所を守って出します。

2-3.ベビー用品を捨てる前にやるべきこと・費用

大型ゴミで分解を要する場合、あらかじめ自分で行ってください。粗大ゴミで出す場合、紐(ひも)などでまとめておくと回収しやすくなります。粗大ゴミの費用は自治体ごとに異なり、品目によっても差があるものです。数百円前後というのが一般的でしょう。
洋服などの場合、燃えるゴミや資源ゴミに使う袋の代金だけで廃棄できます。雑多にゴミ袋に詰めるより、折りたたんで入れた方がコンパクトに出すことができるものです。なるべくスリムにして出すようにしてください。

2-4.自治体の処分でベビー用品を処分するメリット・デメリット

自治体で処分するメリットは、費用負担が少ないことです。処分するものが大型になっても、1点あたりの費用はほかの方法より安く済みます。しかし、デメリットは運搬や分解を必要とし、自分で行わなければならないことです。

3.ベビー用品を誰かに譲る場合

まだ使えるのに捨てるのはもったいないと思う方は、リセールや人に譲る方法を選んでみてはいかがでしょうか? リサイクルの1つとなり、ゴミの量を削減する活動にもつながります。

3-1.知人に譲る場合

リサイクルで最も手軽なやり方は、知人に譲るという方法です。年が近いお子さんがいる家庭に譲るだけで、リサイクルが完結します。知人に譲る方法は手軽ですが、季節や月齢が合わないと譲りにくく、迷惑になってしまう可能性もあるでしょう。
NPO法人や海外支援団体を通じて寄付ができます。発展途上国ではまだまだ物資が不足していますから、寄付は貴重な財産となり、重宝されるでしょう。

3-2.リセールする場合

オークションやリサイクルショップを活用し、ベビー用品のリセールをする方も増えています。オークションは手間がかかり、必ず売れるとは断言できないものですが、希望する金額設定ができるのがメリットです。リサイクルショップの場合、洋服などは状態を細かくチェックされます。スレや汚れなどがあるものは価格がつきません。状態のいいものだけに絞られてしまうため、安値で売却することになるケースがほとんどです。ベビーベッド・ベビーカー・チャイルドシートは中古での需要が見込める品ですが、運搬や配送手配が面倒という方もいます。

3-3.高額処分のコツ・ポイントは?

1回使用したものはすべて中古品として扱われるため、なるべく状態がよく見えるように工夫をしましょう。洋服は洗濯をし、シワや汚れが目立たないようにします。オークションの場合、サイズごとにまとめ売りという手段も便利です。日用品にかんしては、細かい部分の汚れやほこりを取り除き、見栄えを意識すると高額処分につながります。人気ブランドの傾向をあらかじめチェックしておくのも、査定時に価格がアップするポイントです。

4.ベビー用品の処分を回収業者に頼む場合

不要なものを回収する業者の活用もおすすめです。ベビー用品などかさばるものでも、速やかに回収してくれるでしょう。

4-1.回収の流れ・回収方法

回収業者では、宅配回収・持ち込み回収・出張回収を実施しています。ただし、出張回収の場合は回収するものが多い場合に限られることがあり、依頼時には注意してください。回収依頼方法は、業者のホームページを参考にしましょう。

4-2.回収業者のベビー用品回収料金

不用品回収業者のパソコンダストでは、宅配回収に力を入れており、パソコン・液晶モニター・ゲーム機器・タブレットなどと同梱(どうこん)している場合、送料無料にて回収を実施しています。ただし、箱サイズに上限を設けていて、3辺の合計が160cmまでが送料無料対象です。日本郵便をご利用の場合は、170cmまでとなっています。箱サイズの上限を超える場合は、複数個に分けて発送してください。重さは30kgまでです。複数個に分かれる場合も、それぞれの箱に送料無料対象品目が入っていることが前提となります。

4-3.回収業者を利用してベビー用品を処分するメリット・デメリット

回収業者は取扱品目が幅広く、洋服から日用品まで回収可能です。処分したいものがたくさんある・パソコンなどの処分に困っていたという方は、パソコンダストの宅配回収がお得でしょう。送料をかけず、無料にて廃棄ができます。ベビー用品は数が増えてしまい、自分で処分するのが面倒になることが多いものです。家の中の不用品を見直し、送料無料対象品目があるかどうかをチェックしてみてください。
送料無料の条件を満たすためには、ベビーベッド・ベビーカー・チャイルドシートなどは分解が必要になる場合があります。しかし、処分に費用をかけずに済むため、デメリットに感じることはさほどないでしょう。

4-4.業者選びのポイント

宅配回収でも送料が発送者負担になる業者もあります。送料をかけずに処分できる態勢が整っている業者なら、費用負担がなく安心でしょう。また、回収したものを正しくリサイクルやリユースしていることも、業者の質につながります。古物商の許可を得て、リサイクルを積極的に行う業者を選んでください。

4-5.コストをかけずに回収してもらうコツ

パソコンや液晶モニターなど、家に眠っている不用品を探しましょう。送料無料対象品目が1つでもあれば、ベビー用品と一緒に送るだけで無料で処分できます。

4-6.無料回収業者についての注意点

リサイクルには古物商の許可が必要です。無許可で営業する悪質な廃品回収車には引っかからないようにしてください。無料で回収するとアナウンスしていても、実際には高額な処分費用を取る事例も増えています。トラブルに巻き込まれないためにも、業者にかんする知識は持つようにしましょう。

5.ベビー用品の処分でよくある質問

ベビー用品を使うのはわずかな期間に限られる反面、愛着もあって処分するのが惜しくなるものもありますよね。ベビー用品の処分でよくある質問をまとめました。

5-1.ベビー用品は育児専門のリサイクルショップに売る方がいい?

近年増えてきている育児専門のリサイクルショップは、一般のリサイクルショップとは異なり、新生児期から子どもグッズまで幅広く取り扱っています。ベビー用品などの買い取りも得意としており、中古需要も見込めることから、買い取り価格がつきやすい傾向にあるでしょう。

5-2.ベビーカーのリサイクルをしているメーカーは?

コンビでは、不要になったベビーカーなどを回収し、リサイクルするecoact(エコアクト)という活動を行っています。ベビーカーを含むコンビ製品なら、回収可能です。無料で引き取りをして資源として再活用する試みとなります。

5-3.売れるベビー服とはどのようなもの?

人気ブランドのものや、使用回数が少ないものは、高く売れる可能性があります。タグがついたままなど、未使用なことが分かるものも、査定では有利でしょう。

5-4.リセールするときは季節も考えた方がいい?

オークションやリサイクルショップを利用してリセールする場合は、夏のものは暑くなる前に、冬のものは寒くなる前に売るのが鉄則です。季節を選んでリセールする方が、多くの需要が見込めるため、高値で売れる可能性が上がるでしょう。

5-5.回収業者の宅配回収を利用するときは着払いでいいのか?

送料無料対象品目が入っている場合に限り、着払いでの発送が可能です。パソコンダストの宅配回収を利用できるのは、日本郵便または佐川急便となります。運送会社が異なる場合は発送者負担にてお送りください。

6.まとめ

いかがでしたか? ベビー服やベビー用品は、短い期間だけ使うものばかりですが、愛着が湧いて捨てられないという方も多くいます。処分にためらいを感じるなら、知人に譲る方法やリセールがおすすめです。季節を意識しておくと買い取り額がアップする可能性があるでしょう。回収業者によるベビー用品の引き取りは、パソコンダストの宅配回収を利用してみてはいかがですか? パソコンや液晶モニターなど送料無料対象品目と同梱(どうこん)して発送するだけで、無料で回収してもらえます。とてもお得な処分方法ですから、ぜひ活用してみてください。