廃品回収のトラブルを防ごう。不用品を安全に処分するための業者選びとは

壊れたり要らなくなったりしたものを処分したいときに、便利なのが廃品回収業者です。手軽に利用でき、手間をかけずに廃品を処分できることから広く利用される一方で、悪質な廃品回収業者がトラブルを引き起こすケースは後を絶ちません。この記事では、トラブルの事例を知ることで対処の方法を学び、善良な回収業者の選定ポイントや安全に不用品を処分する方法を紹介します。

  1. 廃品回収業者とは
  2. 廃品回収業者とのトラブルについて
  3. 廃品回収業者とトラブルを防ぐために
  4. 業者の選び方のポイント
  5. よくある質問 

この記事を読むことで、悪質な廃品回収業者の手口がわかり、トラブルに備えることができます。不用品を処分するときは、ぜひ参考にしてください。

1.廃品回収業者とは

1-1.廃品回収業者について

廃品回収業者とは、再生可能な廃品(不用品)を、資源としてリサイクルするために回収する業者を指します。回収する品目は、かつては新聞紙や段ボールなどの紙類、ビンやカン、タイヤなどが一般的でしたが、リサイクル法施行後は、金属やプラスチック資源の再生のために、家電品などを回収する業者が増えて来ました。

システムとしては、利用者が回収・処分費用を負担し、業者が処分を請け負います。回収された廃品は、素材別に分別され、資源としてリサイクルされるのです。

1-2.メリットデメリット

廃品の回収は自治体でも行っていますが、手間がかかるのが難点です。仕事が忙しいなどの理由で廃品を自分で処分する時間がない場合や、面倒なことが苦手な方には、民間の回収業者は便利なサービスとなります。自宅まで廃品を取りに来てくれて、積み込み・運搬などすべてお任せで回収可能です。手間がかからない半面、処分の代金は自治体より多くかかるので、あらかじめ見積もりを取ることが大切になります。

1-3.最近の傾向

昨今では、軽トラックで街中を巡回しながら、「こちらは廃品回収車です。不用品を無料で回収します」などと拡声器でアナウンスしている廃品回収業者がいます。こうした業者は無許可で営業していることが多く、代金の授受などでトラブルを起こしがちなので注意が必要です。

2.廃品回収業者とのトラブルについて

2-1.よくあるトラブルとは

廃品回収業者とのトラブルの相談が、全国の消費生活センターに寄せられています。主な事例とトラブルの対処法を見てみましょう。

2-1-1.無料じゃなかった

[事例]トラックで「無料回収」とアナウンスしながら走っていた業者にテレビの回収を依頼すると、作業終了後に代金を請求された。「運搬費がかかる」「すべてが無料というわけではない」などと、当初の説明とは違う話をして代金を請求する手口。領収書も渡されないケースが多い。

[対処法]むやみに回収トラックを呼び止めないようにしましょう。少しでも怪しいと思ったら断ってください。しつこくされたら消費生活センターに連絡をしましょう。

2-1-2.見積金額と違った

[事例]無料のアナウンスをして巡回している業者に回収を依頼。事前に無料だということを確認したが、不用品をトラックに積み終わったとたんに「リサイクル料がかかる」と代金を請求された。

[対処法]巡回の廃品回収業者は、積み込み後に代金を請求されるケースが多いので、利用しないのが無難です。

2-1-3.高い金額を請求された

[事例]トラックで巡回してきた無料の廃品回収業者を呼び止め廃品回収を依頼した。無料のはずが6万円も請求され、「積み込み費がかかる」と言われた。

[対処法]積み込み費の相場としては1点1000円程度と言われています。事前の説明とも違い、明らかに高額です。依頼する場合は、事前に無料なのはどの費用なのか、オプションで発生する料金はないのかを確認しましょう。

2-1-4.不法投棄されていた

[事例]突然訪問営業され、パソコンディスプレイと自転車を1500円で回収してもらったところ、後日、回収品が道路わきに捨てられていた。

[対処法]認可を受けているまともな回収業者が、飛び込み営業をすることはまずありません。少額の支払いだと、いい業者かと安心してしまいがちですが、不法投棄の片棒を担ぐことにもなってしまいます。訪問営業の業者は利用しないようにしましょう。

2-1-5.押し買い

[事例]トラックで巡回してきた廃品回収業者に少量の回収を依頼したところ、依頼していない品まで勝手に持ち出し、高額な回収費を請求された。

[対処法]高齢者の一人暮らしだと、高圧的な態度に出られるとあらがえずに、言いなりになりがちです。不用品を処分する場合は必ず誰かに立ち会ってもらいましょう。

3.廃品回収業者とのトラブルを防ぐために

3-1.一部の悪質業者に注意

悪質な回収業者がニュースとして騒がれるため、すべての廃品回収業者が悪者のようなイメージになりがちですが、本当に悪質な業者はごく一部にすぎません。普通の業者は合法的にまじめに事業を営んでいるので、業者の質を見極めることが大切です。

3-2.覚えておきたいこと

一般廃棄物の収集・運搬は、自治体に許可を受けた業者しか行えません。廃品回収業者を利用するときには、必ず認可を受けているか確認しましょう。

3-2-1.無料回収業者について

トラックで巡回してくる無料回収業者は、会社の実態もなく、認可を受けていない業者が多いようです。一方で、パソコン無料回収業者のように、根拠があって無料回収を行う業者もあります。たとえばパソコンダストでは、無料で回収したパソコンを修理して再販売したり、部品を資源化する過程で利益を得るため、消費者が費用の負担をしなくて済むようなシステムを確立しているのです。一口に無料といってもどんなシステムなのか、その根拠をホームページなどで確認しましょう。

3-2-2.許可について

一般の家庭から出る廃棄物は、一般廃棄物収集運搬許可を受けた業者でないと回収することはできません。無許可の業者が回収すると、「廃棄物処理法違反」となります。また、不用品の買い取りをする場合には古物商の認可が必要です。

3-2-3.見積もりの仕方

回収品目ごとに、「1点当たりいくら」と定めている場合が多く見られます。大量の不用品を回収する場合は、回収物の量・かかった時間・対象となる場所の広さ・スタッフの人数など、見積もりの基準となるものが業者によってまちまちです。見積書を必ずもらって、金額の根拠を聞きましょう。

3-2-4.回収後はどうなるのか

回収された廃品は、どのように処分されるのか確認しましょう。無認可の業者だと引き取った物品から換金価値の高い部品だけを取り除き、残りは山中などに不法投棄するケースもあります。優良な業者なら、資源化やリサイクルについて答えられるはずです。問い合わせてみましょう。

4.業者の選び方のポイント

巡回業者や訪問営業をする業者にトラブルが多いので、依頼しないほうが賢明です。では、優良な業者はどのように選べばいいでしょう?

4-1.選び方のポイント

前段でもふれたとおり、認可を受けている業者であることはまず大前提です。そのうえで、ホームページなどをよく見て、会社情報を確認します。ブログなどで有益な情報を発信している業者ならさらに安心です。ポイントを以下に列記します。

  • 認可を受けているか
  • 見積もりは無料か
  • ホームページに会社情報が記されているか
  • 電話やメールの応対はいいか
  • 実店舗があるか

4-2.料金・相場について

基本料金として出張費や交通費に2000円~3000円くらいを設定している業者が多いようです。大きなトラックの場合はさらに高くなるでしょう。主な品目の回収費用の相場は以下のとおりです。あくまでも目安なので、実際に依頼する業者に見積もりを取ってください。

  • テーブル 3000円~4000円
  • ベッド 4000円~6000円
  • TV 4000~5000円
  • 冷蔵庫 6000円~8000円
  • 洗濯機 5000円~7000円

4-3.見積もりについて

見積もりは、必ず複数の店から取りましょう。見積もり方法は1点ずつ計算するほかに、大量の場合は、たとえば軽トラック1台でいくらなどと設定することもあります。解体や取り外しなど手間がかかるものは、オプション料金が設定されていることが多いものです。事前に確認しましょう。

4-4.注意点

価格が安いから良心的、高いから悪徳というわけではありません。また、無料回収業者もすべてが悪い業者ではないので、よく確かめましょう。取扱品目も業者によって違います。申し込みの前に、自分が処分したいものがどのように扱われているか、内容をよく確認してください。

5.よくある質問

Q:廃品回収のトラブルに巻き込まれたらどうしたらいいですか?
A:自分の住んでいる自治体の消費生活センターに相談してください。

全国の消費生活センター都道府県別一覧

Q:軽トラックで回ってくる廃品回収車が気になります。本当に無料なら利用したいのですが。
A:回収品を積み込んだ後で代金を請求されるケースが多く報告されています。よく調べてみましょう。

Q:「なんでも無料で回収する」という回収業者の広告を見ました。信頼してもいいでしょうか?
A: 「なんでも無料」というのは現実的に考えて無理があります。誇大広告か詐欺を疑ったほうがいいでしょう。

Q:一人暮らしの母が心配です。アドバイスはありますか?
A:まず第一に巡回トラックを呼び止めないことです。もし訪問営業されても、決して扉を開けないこと。勝手に上がり込むケースも報告されています。

Q:無料回収の見積もりの確認ポイントを教えてください。
A:無料といってもすべてが無料ではないケースがほとんどです。どんな条件でなにが無料になるのかを確認します。オプションや回収費以外の出張費、見積もり費、運搬費など、付随する費目についても確認しましょう。

Q:自宅に業者を呼びたくありません。他に、自宅に居ながら不用品を処分できる方法はないですか?
A:宅配便を使って不用品を回収してくれる業者を利用するといいでしょう。たとえばパソコンダストでは、パソコン・液晶テレビなどの無料回収指定品を段ボールに入れて送ると、送料も無料で回収してくれます。このとき、同じ段ボールに入るものなら、オーディオや家電品など、他の不用品も無料で回収可能です。

まとめ

無料という甘い言葉と、自宅に居ながらにして不用品が処分できる手軽さに、ついつい利用したくなる無料廃品回収業者ですが、トラブルになりがちなことを認識して、安易に利用しないようにしましょう。よく調べれば、信頼できる回収業者もあります。この記事をぜひ参考にしてみてください。