リビングの片付けはコツを覚えれば簡単! 片付け方のポイントを紹介

家族みんなが集まるリビングは、ものがあふれてしまい、片付けに苦労することがあります。来客がある場合も、リビングを使うことが多いため、常にきれいな環境にしておくことが大切です。リビングの収納や棚などをうまく活用すれば、片付けで苦戦することはありません。リビングの片付けを考えている方は、片付けのコツやポイントを覚えておきましょう。本記事では、リビングの片付け方法をご紹介します。

  1. リビングの片付けについて
  2. リビングの片付け方法
  3. リビングをきれいに保つ方法
  4. リビングの片付けで仕分けた不用品について
  5. リビングの片付けでよくある質問

この記事を読むことで、リビングの片付けについてよく分かります。片付けと同時に、きれいな環境を保つ方法も覚えておきましょう。

1.リビングの片付けについて

リビングとはどのような場所なのか、リビングならではの悩みをご紹介します。

1-1.リビングとは?

リビングは、家族みんなが集まり、1日の疲れを癒(い)やす空間です。来客時は、応接代わりに使うこともあるでしょう。子どもがいる場合は、勉強の場になることやおもちゃで遊ぶ空間になることもあります。リビングはいろいろな使い方をする場所なので、自然とものが多くなってしまう傾向があるのです。

1-2.理想のリビングについて

誰もが憧れるリビングは、シンプルでおしゃれな空間だと思います。リビングは、モデルルームのようにきちんとインテリアコーディネートされ、ものが人目に触れないように工夫されているなど、すっきりした環境にすることが理想です。リビングの片付けや模様替えをする際は、インテリア雑誌やインテリア関係のサイトなどを参考にし、憧れのリビングを具体的に思い描くことがポイントになります。

1-3.リビングの悩み

人が集まれば、ものも自然と集まります。小物・文房具・おもちゃなど、さまざまな種類のものが溜(た)まりやすいのが難点です。散らかりやすいものをコンパクトに収納することを心がけ、まとまりのある収納を目指しましょう。

2.リビングの片付け方法

リビングの片付けで最初にやるべきことや、整理整頓の流れをご紹介します。

2-1.まずやるべきこと

リビングの片付けを行う前に、現状を把握することが大切です。リビングの状態を客観的に判断するためには、室内の写真撮影を行うといいでしょう。写真を見て、散らかる原因は何か・収納や家具の使い方などの現状を把握することが、片付けの第一段階です。また、ものが多ければ多いほど、リビングの環境は悪くなります。ものを選別し、必要最低限のものだけを残すようにしましょう。不要と判断したものは、思いきって処分してください。

2-2.整理整頓の方法・流れ

リビングの片付けや整理整頓は、以下の流れに沿っていってください。

  1. ものの仕分け(必要品と不用品の分別)
  2. 不用品の処分
  3. 家具や収納の使い方を見直す
  4. 小物や文房具はそれぞれケースにまとめて収納する
  5. 床にものを置かない
  6. ものの定位置を決めて収納する

2-3.グッズ活用法・ポイント・注意点

リビングにある収納を利用する場合は、グッズの活用が便利です。棚やクローゼットの中にものをしまう際は、ものを分類することが整理整頓のポイントになります。 仕切りやボックスを使い、ものがバラバラにならないようにしましょう。ふたつきのボックスを活用すれば、重ねて収納することも可能です。まとまりのある収納になるよう、仕切りやボックスは、なるべく同じ規格のものを選んでください。使用頻度が高いものは目線の位置に、使用頻度が低いものは高い位置に配置すると使いやすさが増します。飾り棚やオープンシェルフの場合、ものが露出していると汚らしい印象になるため、オブジェなどインテリアとして楽しめるものだけを配置し、ほかのものは隠す収納を目指してください。また、インテリアは統一感が大切です。なるべく色味や系統をそろえ、ごちゃごちゃした印象にならないよう注意してください。

3.リビングをきれいに保つ方法

リビングの片付けをしたら、きれいな状態を長く維持するように心がけることが大切です。きれいを保つ方法を解説します。

3-1.場所を決めて戻す

簡単なことなのに、使ったら戻すという動作ができない方が多くいます。本は本棚に戻すなど、ものの定位置を決め、使用後は必ず定位置に戻しましょう。いつも同じ場所に保管されていれば、部屋が散らかることはありません。毎日元に戻す作業を繰り返し、きれいな状態を維持しましょう。1日5〜10分で構いません。片付ける時間を設け、部屋の中をリセットするようにしてください。

3-2.床にものを置かない

床にものがあるだけで、部屋が汚く見えるばかりか、狭く感じる原因となります。なるべく決められた場所に収納し、一時保管する場合は目線より上に置くようにしてください。床には何も置かないのが理想です。出しっぱなしのものがあったら、すぐに片付ける習慣を持ちましょう。

3-3.むやみに買い置きしない

特売があると、つい日用品の買い置きをしてしまうことがあります。しかし、買い置きをすれば、収納するスペースも必要です。収納は容量の8分目までに抑えるのが理想なので、必要なときだけ買い足し、なるべく無駄な買い物はしないように注意しましょう。

4.リビングの片付けで仕分けた不用品について

リビングの片付けをしたら、仕分けで出た不用品の処分も必要です。不用品の処分方法を覚えておきましょう。

4-1.不用品をどうするか?

ものの仕分けをすると、予想以上に不用品が出てきます。1つずつを自治体のルールで処分するのは、大変な作業です。特に粗大ゴミは費用もかかるため、無料で不用品の引き取りを行う業者を活用して処分しましょう。ただし、無料引き取りには条件があり、業者が定める無料回収対象品目がある場合に限られます。いろいろな業者のサービス内容を確認しておき、なるべく費用がかからない手段を選んでください。また、中には価値が残っている品もあるでしょう。業者の買い取りを利用する方法も視野に入れておいてください。

4-2.ゴミの捨て方

自治体のルールで処分する場合、ゴミの捨て方を守らなければなりません。自治体では、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミに分類しています。自治体ごとに分類方法が異なるため、お住まいの地域がどのようなルールになっているかを確認しておきましょう。可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミは、指定回収日に出すだけで済みます。しかし、粗大ゴミの場合は、事前の申し込みが必要です。自治体の粗大ゴミ受付センターに連絡し、品目や数量を伝え、回収日時や場所を聞いておきましょう。粗大ゴミの処理にかかる費用は、粗大ゴミ処理券で支払います。スーパーやコンビニで購入できるので、規定料金分を購入してください。

4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品をまとめて処分したい場合は、不用品回収業者に依頼する方法が便利です。パソコンダストでは、送料無料対象品目を設定し、宅配回収を強化しています。自宅から発送するだけの簡単な方法なので、お気軽にご利用ください。また、不用品回収業者では、買い取りも行っています。また、不用品をまとめて処分すると割り引きになるお得な料金プランもあり、1つずつ処分するよりコストを削減できるのもメリットです。大型家具など重たいものを処分する場合や、大量の不用品を処分する場合は、自宅訪問してくれる出張回収がいいでしょう。

5.リビングの片付けでよくある質問

リビングは、おしゃれで快適な空間にしたいですよね。片付けに関する疑問を集めました。片付けの参考にしてください。

Q.棚や本棚はあまり置かないほうがいいのか?
A.リビングを広々と使うためには、棚や本棚などの家具をなるべく置かないようにしたほうがいいでしょう。収納できる場所があると、人は何気なくものを置いてしまう傾向があります。定位置に置かれていないものが視界に入ると、部屋が汚く感じるものです。なるべく既存の収納を活用して、収納は増やさないようにしましょう。

Q.リビングが勉強や仕事の場所になっている場合はどうすべきか?
A.勉強や仕事の場となっている場合、文房具や小物類が散乱してしまうものです。必要なものを1つの箱にまとめ、常に出し入れしやすいようにしておきましょう。箱を取り出せば、すぐに勉強や仕事が始められる態勢が整い、作業効率もアップします。

Q.リビングを片付けるメリットは?
A.リビングがきれいになったら、家族全員がリラックスできる環境になります。また、床にものを置かないすっきりした環境になれば、掃除もしやすくなるでしょう。片付けはいろいろなメリットがあります。片付けることで、今まで以上にリビングの使いやすさを実感できるでしょう。

Q.ものはどのくらい処分すればいいのか?
A.家庭によってものの量は異なります。ものを処分するときは、自己管理できる量まで抑えることがポイントです。リビングはものが集まりやすい場所なので、片付けをするときは少なすぎると感じる量でちょうどいいでしょう。ものが増えたら、定期的に処分し、きれいな環境を保ってください。

Q.カウンターの上がごちゃごちゃしないようにするコツは?
A.カウンターは目につきやすい場所です。なるべくものを置かないようにしてください。カウンターの上に置くものを観葉植物や小さな飾り程度に留(とど)めるだけで、すっきりした印象になるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? リビングは家族が集う場所なので、自然とものが増えていきます。こまめに掃除をしてもすっきりした環境にならないのは、ものの量が多すぎるからです。リビングの片付けは、ものを最小限に絞ることから始めます。また、ものの定位置を決め、使ったら戻すことがきれいな環境を維持するコツです。リビングは来客を招く場所でもあるので、常に見栄えがいいおしゃれな空間を維持することが大切なポイントになります。リビングの片付け方や整理整頓のコツを覚え、シンプルで暮らしやすい空間を作ってください。