エアコンの回収方法を知りたい! お得&簡単に処分するコツを伝授!

「エアコンを買い替えたいけど古いものの処分方法が分からない」と、お困りではないでしょうか。さらに、処分費用がいくらかかるのかも知りたいところですよね。せっかくなら、できるだけ簡単・お得な方法で処分したいことでしょう。

そこで今回は、エアコンの回収方法について詳しく解説します。

  1. エアコンの処分方法
  2. エアコンの処分は不用品回収業者がおすすめ
  3. 不用品回収業者における買取や引き取りの基準
  4. エアコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、エアコンの処分方法についてよく分かり、お得で簡単な方法を選ぶことができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.エアコンの処分方法

最初に、エアコンの主な処分方法について詳しく見ていきましょう。

1-1.自治体にゴミとして出すことはできない

エアコンは、自治体にゴミとして出すことはできません。エアコンは、家電リサイクル法の対象品目に指定されています。家電リサイクル法とは、指定品目に含まれている金属やプラスチックなどの資源リサイクルやゴミの総量を減らすことなどを目的とした法律です。家電リサイクル法に関するより詳しい内容は、こちらを参考にしてください。

1-2.メーカーに有料回収してもらうことができる

不要になったエアコンは、メーカーに回収してもらうことができます。家電リサイクル法では、メーカーが責任を持って回収・リサイクルすることになっているためです。メーカーにエアコンの回収を依頼する場合は、リサイクル受付窓口に連絡し、手続きの指示を受けてください。なお、リサイクル料金は1台につき車両手配費用を含め数千円程度発生します。また、申し込みから回収完了まで2週間近くかかることもあるので、余裕を持って利用しましょう。

1-3.販売店で下取り・引き取りが可能となる

エアコンを買い替えるときは、販売店で古いものの下取りや引き取りが可能なことがあります。販売店に確認し、古いものの回収方法や条件などを確認してみましょう。主なメリットは、買い替えと同時に古いエアコンの処分ができることや、購入価格からの下取り代金を控除できることなどがあります。デメリットは、下取りや引き取りだけの利用は不可だったりメーカー・機種が指定されることがあったりすることなどです。

1-4.リサイクルショップでは買取だけできる

まだ十分に使えるエアコンは、リサイクルショップで買取してもらえることがあります。買取を希望する場合は、最初に査定を受けてください。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのまま買取してもらい、代金を受け取りましょう。リサイクルショップを利用するメリットは、その場で取り引きが完了し代金を受け取ることができることです。なお、大きなデメリットとして、買取不可となったエアコンは有料でも引き取りしてもらえない点があります。また、買取の場合でも提示金額が低めになるなどの点もデメリットです。

1-5.不用品回収業者は買取も引き取りも可能

不用品回収業者では、再販可能なエアコンを買取、不可のものを資源リサイクル目的で回収しています。まずは、業者に連絡して見積もりをもらいましょう。買取金額もしくは回収費用に納得できる場合は、そのまま正式に依頼してください。エアコン以外にも不用品を処分したいときなどは、特に便利です。

2.エアコンの処分は不用品回収業者がおすすめ

エアコンの処分は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

2-1.不用品回収業者に渡しても大丈夫?

信頼できる不用品回収業者なら、エアコンを渡しても適切に再販・処分してくれるので安心です。たとえば、以下のポイントに当てはまる業者を選ぶといいでしょう。

  • 不用品回収で多くの実績がある
  • 再販可能なものは積極的に買取・不可のものは資源リサイクルしている
  • 見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 都合のいい回収日時を選べる
  • スタッフの対応が丁寧で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 一般廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得済み

2-2.エアコンを回収するのは資源価値が高いため

不用品回収業者がエアコンを回収するのは、エアコンの資源価値が高いからです。エアコンには、以下のような資源が含まれています。いずれもリサイクル資源として再販すれば、利益になるのです。

  • 金属類:鉄・銅・アルミニウムなど
  • 石油製品:プラスチックなど
  • レアアース類:ネオジウム磁石など
  • レアメタル類:クロム・ニッケルなど

また、状態のいいエアコンはクリーニングや微調整をすれば、中古品として再販することもできます。

2-3.強引な態度・無許可営業の悪質業者に注意

悪質業者は、強引な態度や無許可営業などが大きな特徴です。一般家庭からエアコンを不用品として回収する事業を行う場合、自治体から一般廃棄物収集運搬業許可を取得する必要があります。しかし、悪質業者の多くは許可を得ていません。たとえば、高い処分料金を受け取ってで回収したエアコンを、きちんとリサイクルせずに他人の私有地に違法廃棄してしまうこともあります。悪質業者は「不用品を無料回収している」などと電話や訪問により勧誘してきますが、絶対に契約してはいけません。

3.不用品回収業者における買取や引き取りの基準

不用品回収業者にエアコンの買取・引き取りを依頼する方法を詳しく解説します。

3-1.人気機種で状態のいいエアコンは買取も

不要になったエアコンでも、以下のようなものは買取してもらえる可能性があります。ただし、買取基準は業者によって異なるため、事前に確認しておくといいでしょう。

  • 人気メーカー・機種
  • 故障・不具合がない
  • 目立つ汚れや傷・ひどい臭いがなくキレイ
  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • 付属品や説明書がそろっている

3-2.古い・汚れがひどい・故障しているエアコンは引き取り

以下のようなエアコンは再販できないため、資源リサイクル目的で処分することになります。

  • 海外製の粗悪品
  • 不人気メーカー・機種
  • 年式が古い
  • 汚れや臭い・傷がひどい
  • 故障・不具合がある
  • 主要な付属品が欠品している

3-3.不用品回収業者の回収方法

不用品回収業者がエアコンを回収する方法は、以下をご覧ください。特に忙しい人は、宅配回収や出張回収がおすすめです。

  • 持ち込み回収:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:場所・日時を指定して業者に回収しに来てもらう

なお、当パソコンダストでは、宅配送付していただくと宅配便の送料負担だけでエアコンの処分が可能です。さらに、パソコンやスマホなど送料無料対象品との同梱(どうこん)で宅配便の送料も無料になるなど大変お得なので、ぜひご検討ください。

3-4.エアコンの取り外し方法も決めておこう

不要になったエアコンを回収してもらう前に、自分で取り外すか、業者に依頼するか決めておきましょう。持ち込み回収や宅配回収の場合、エアコンを取り外した状態にする必要があります。自分で取り外しできない場合は、専門業者に依頼しましょう。なお、出張回収の際にエアコン取り外しがオプションで依頼できる業者もあるので確認してみてください。専門業者にエアコンの取り外しを依頼した場合の費用は、1台につき4,000円程度~となります。

4.エアコンの処分に関するよくある質問

最後に、エアコンの処分に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.リモコンを紛失したエアコンでも回収してもらえる?
A.メーカー回収など、有料処分となる場合は問題ありません。ただし、下取りや買取の場合は、減額されることがあります。

Q.持ち込み回収の場合も梱包(こんぽう)する必要がある?
A.特に必要ありません。ただし、エアコンを運びやすくするためにも、プチプチや新聞紙などを巻いて傷などから保護し、大きめのダンボール箱に入れておくことをおすすめします。

Q.エアコンをできるだけ高く買取してもらうコツは?
A.できる範囲でクリーニングをしておきましょう。また、付属品や説明書をそろえることも大切です。さらに、エアコンは新しいものほど高額買取となりやすいため、なるべく早く買取を依頼してください。

Q.エアコン以外の不用品も同時に処分してもらうには?
A.不用品回収業者に、不用品の大体の内容と量を伝え、見積もりを依頼してください。不用品が多い場合、宅配回収ではなく出張回収がおすすめです。出張回収なら、日時・場所指定ができ、宅配回収のように梱包(こんぽう)する手間もかかりません。回収費用がかかっても、それぞれ処分するよりも時間や手間の節約になってお得です。

Q.業者が回収にくるまでエアコンを使用してもいい?
A.遅くとも回収前日は使用しないでください。エアコンの故障リスクを減らすことができます。また、エアコンは取り外しに手間がかかることも覚えておきましょう。

まとめ

今回は、エアコンの処分について詳しく解説しました。エアコンは、家電リサイクル法の指定品目であるため、自治体にゴミとして処分を依頼することはできません。メーカーに回収依頼をした場合、1台につき数千円程度の処分費用が必要です。ただし、不用品回収業者などでは、状態のいいものは買取してもらえることがあります。また、買取不可の場合でも、資源リサイクル目的で回収(引き取り)してもらえるのです。不用品回収業者の中には、宅配回収を利用し、簡単・格安に回収してくれるところもあるので、検討してみてください。