物を捨てる基準とは!? 物を減らして部屋を広く使おう!

物というのは私たちの生活を豊かにしてくれる存在です。しかし、だからといって物をため込みすぎると、逆に邪魔になって生活を不便にしてしまいます。ですから、自分のキャパシティに合わせて物を減らすことはとても大切なことです。とはいえ、いざ物を減らしたいと思っても、何から処分すればいいのか、どうやって処分すべきなのかなど、分からないことも多いことでしょう。

そこで、今回は物を捨てる基準についてご紹介します。

  1. 物を捨てることの必要性について
  2. 物を捨てる基準を作ろう!
  3. 物を捨てる際のポイント
  4. どうやって処分すればいいの?
  5. 物を捨てる際のQ&A

この記事を読むことで、物を捨てる際の基準やポイントなどを知ることができます。なかなか物を捨てることができなくて困っているなら、ぜひ最後までおつきあいくださいね。

1.物を捨てることの必要性について

なぜ物を捨てることが大切なのでしょうか。この項目では、物を捨てることの必要性を中心にご紹介します。

1-1.物を捨てることのメリットは?

1-1-1.生活が便利になる

デートのときに着ようと思っていたお気に入りの洋服が、その日になって見つからないなんて経験はありませんか。物が多すぎると、いざ使いたいときに使いたい物が使えないことが多くなります。これでは本末転倒ですよね。物を捨ててすっきりしていれば、このような心配はしなくてすみます。

1-1-2.部屋を広く使える

物が減るということは家の中が広くなるということです。収納物が減れば、収納家具などスペースを圧迫する物も排除できます。場合によっては部屋のスペースを何倍にも広げることだって可能です。物であふれて居住スペースを著しく圧迫している家では、物を減らすことは特に効果的でしょう。

1-1-3.清潔な状態を保ちやすい

物が多くなると掃除がしにくくなります。掃除をする際にいちいち物を動かさなければなりませんし、掃除が終わればまた元の位置に戻すのも手間です。物を減らせば掃除がしやすくなり、部屋を清潔に保ちやすくなるでしょう。

1-2.なかなか捨てられない物の代表例

捨てにくい物の代表例は以下のとおりです。

  • プレゼント
  • 服飾品
  • 文房具
  • キッチン用品

中でも、他人からもらったプレゼントは特に処分に困る物です。捨てるのは心苦しいですし、万一処分したことが相手に分かってしまえば人間関係に悪影響が出るかも知れません。そのため、たとえいらない物であっても長く保管してしまう方が多いようです。

1-3.なぜ捨てられないの?

日本では物を大切にする「もったいない文化」が根付いています。そのため、「いつか役に立つかもしれない」と考え、物を捨てることに忌避感を抱きがちです。特に、プレゼントや思い出の品などは罪悪感が処分しにくくします。また、日本はゴミの分別が細かいので、分別の手間でやる気が出づらいことも影響しているでしょう。

2.物を捨てる基準を作ろう!

物を捨てる際の基準を作り、捨てることに対する苦手意識を克服しましょう。

2-1.壊れている物・不具合のある物

壊れていたり不具合が発生していたりする物は真っ先に捨てるべきでしょう。使いづらいのに使い続けたり、処分を面倒がったりしていても損をするだけです。

2-2.1年以上使っていない物

1年をとおして使わなかったということは、あってもなくても困らないことの証明です。なくても困らないなら処分してしまいましょう。

2-3.代用が可能な物

キッチン用品に多いのですが、同じようなフライパンや鍋をいくつも持っていても邪魔なだけです。結局コンロは多くても3~4口程度ですから、たくさん持っていても意味はありません。

2-4.今後絶対に使わない物

たとえば、学校で使っていた教科書や学生服などはその最たる例です。今後活用することはまずありません。思い出のあるノートなど、一部を残してほかの物は処分すべきです。ほかにも、幼少期のオモチャなども挙げられます。

3.物を捨てる際のポイント

いくつかのポイントを押さえれば物を捨てやすくなります。しっかりと把握して実践しましょう。

3-1.即断即決を心がける

通販などで、そのときはとても欲しかったのに、日があいたらまったく欲しいと思わなくなった経験はありませんか。人は考える時間があると意欲が落ち、決断が鈍りがちです。物を捨てようと思ったらなるべく早く実行に移すようにしましょう。

3-2.理想形をイメージする

なぜ物を減らしたいと思ったのかを明確にしましょう。物を減らしてどうしたいのかをイメージし、モチベーションを高めてください。理想形が頭の中にあれば、より具体的に何を処分すべきなのかが見えてくることでしょう。

3-3.まずは分かりやすい物から捨てる

何から捨てればいいのか分からなかったら、壊れている物や今後二度と使う予定のない物など、分かりやすい不用品から処分していきましょう。

3-4.物を捨てる際の注意点

せっかく物を捨てても、同じ量だけ新しく物が入ってきては意味がありません。必ず「処分量>購入量」になるようにしましょう。

4.どうやって処分すればいいの?

具体的な処分法をご紹介します。それぞれのメリット・デメリットについても触れているので、自分に合った方法を見つけてくださいね。

4-1.譲る・寄付

服や本などは児童養護施設や発展途上国向けに寄付することができます。また、友人などに譲るのも良いでしょう。ただ単に捨てるのでは心苦しくても、他の人の役に立っているとなれば気分も違うはずです。ただし、寄付はすべて状態のいい物に限られます。壊れていたり汚れていたりする物は引き取ってもらえません。

4-2.ゴミとして処分

可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどとして自治体に処分してもらいましょう。パソコンやテレビなど、一部の家電製品を除いたほとんどが自治体で処分できます。ただし、思い出の品やプレゼントなどの処分方法としては選びにくいのが難点です。

4-3.不用品回収業者

不用品回収業者の強みは手軽さと大量に回収が可能なことです。不用品回収業者は家まで回収に来てくれる上、品目の違う物でもまとめて回収してくれます。たとえば、自治体であれば可燃ゴミや不燃ゴミなどに分類しなければいけませんが、不用品回収業者に依頼すればそんな手間はありません。また、一部の不用品回収業者は買取も行っています。処分品に価値があれば全体の処分費用から割り引いてくれたり無料になったり、あるいは収支がプラスになることもあるでしょう。

4-4.ネットオークションやフリマアプリ

ネットオークションやフリマアプリで売却するのもポピュラーな処分方法となります。寄付同様、他人に使ってもらえるので精神的な忌避感は少ないのがメリットです。また、フリマアプリでは自分で値段をつけることが可能なのも利点となります。さらに、普通のリサイクルショップなどでは値段がつかないような物(例:自作パソコン・オブジェなど)も買い手がつく可能性があるでしょう。ただし、出品手続きや落札者との対応など、面倒な手間が多いのが難点です。また、買い手がつかないこともあるので、せっかくの苦労が無駄になる可能性もあります。

4-5.処分のコツ

あまり1つの方法にこだわらないようにしましょう。すべてを寄付することはできませんし、かといってすべて自治体を利用して処分するのは手間や時間がかかります。不用品回収業者は便利ですが、ネットオークションやフリマアプリを利用した方が高く買い取ってもらえるかも知れません。それぞれのメリット・デメリットを把握して、いいところだけを利用するようにしましょう。

5.物を捨てる際のQ&A

物を捨てるときによくある質問をピックアップしました。

Q.片付けにはどのぐらいの時間が必要ですか?
A.物の量にもよりますが、基本的に丸1日は用意しておいた方がいいでしょう。売却も検討するなら、1週間ほどかかる場合もあります。

Q.役に立つ心構えはあるでしょうか?
​A.断捨離やミニマリズムが有名です。断捨離とは不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想を指します。ミニマリズムはもともと芸術などで使われていた概念で、要求される要素を最小限にとどめようとする主義のことです。

Q.処分業者などとトラブルになった際の相談先はありますか?
​A.トラブルが起きたら国民生活センターに相談すると良いでしょう。国民生活センターは行政によって運営されている相談窓口です。無料で相談ができるので、気軽に電話しましょう。

Q.気づいたら物があふれてしまうのはなぜでしょうか?
​A.処分した物の量より入ってくる物の量の方が多いのが原因です。何か新しい物を購入したりもらったりしたら、その分だけ不要な物を捨てるようにしましょう。

Q.片付けに向いた季節はありますか?
​A.冬は年末に大掃除をする方が多いと思うので、タイミングとしてぴったりです。また、秋も気候が安定しているので向いています。同じように春も向いていそうですが、春は何かと忙しい季節な上、花粉の影響も大変です。また、夏は熱中症の危険などがあるので大規模な片付けには向いていません。

まとめ

今回は物を捨てる基準について中心にご紹介しました。日本ではもったいない文化が根付いており、なかなか物を捨てることができない人が多いようです。しかし、物が捨てられずあふれてしまうと、生活環境を悪化させる原因となります。物を捨てる際の基準を作り、コツやポイントを守って積極的に物を減らしていくことが大切です。ぜひ、今回ご紹介した情報を活用して、物を減らしてくださいね。