フライパンの処分方法を紹介!ゴミの区分や捨てる際の注意点は?

フライパンは1個で何役もこなせる便利な調理器具なので、1人暮らしでも持っている人が多いでしょう。フライパンは消耗品なので、定期的な買い替えが必要です。その際、処分方法が分からず困っている人もいると思います。

今回は、フライパンの処分方法を紹介しましょう。

  1. フライパンを自治体にゴミとして回収してもらう方法
  2. フライパンを下取り・売却する方法
  3. 不用品をまとめて不用品回収業者に回収してもらう方法
  4. フライパンの処分に関するよくある質問

この記事を読めば、フライパンを含むたくさんの不用品を一度に処分したいときの方法も分かります。フライパンの処分を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.フライパンを自治体にゴミとして回収してもらう方法

はじめに、フライパンをゴミとして自治体に回収してもらう際、気をつけるポイントや注意点を紹介します。

1-1.フライパンは不燃ゴミに指定されている自治体が多い

フライパンは、自治体にゴミとして回収してもらうことができます。何ゴミになるかは自治体によって異なりますが、不燃ゴミに指定されているところが多いでしょう。事前に自治体のゴミ出しルールをサイトなどで確認してください。たとえば、千葉県千葉市、東京都江戸川区などは不燃ゴミ扱いです。

1-2.鉄のフライパンはリサイクルゴミに指定されることもある

鉄はリサイクルして金属として再利用できるので、リサイクルゴミに指定する自治体もあります。また、テフロン加工のフライパンも、リサイクルゴミにしている自治体もあるので、よく確認しましょう。

1-3.回収日が少ない自治体もあるので時間に余裕を持つ

不燃ゴミは可燃ゴミよりも回収日が少ない傾向があります。引っ越しなどでフライパンを処分したい場合、あらかじめ回収日を調べ、時間に余裕を持ちましょう。計画的に捨てることができれば、自治体に回収をしてもらう方法は、お金もかからず経済的です。

2.フライパンを下取り・売却する方法

この項では、フライパンを下取りしてもらったり売却したりする方法を紹介します。

2-1.フライパンは下取りしてもらえることもある

全国に支店を展開しているホームセンターでは、数十円でホームセンターで購入したフライパンを下取りしているところもあります。ホームセンターによって下取り金額や下取りできる条件は異なりますが、「同じホームセンターでまたフライパンを購入したい」という場合は、利用してもいいでしょう。

また、ル・クルーゼなど高級な調理器具メーカーでは、期間限定で自社のフライパンの下取りサービスを行っていることもあります。同じメーカーの新しいフライパンを買い替えたい場合は、メーカーのサイトをこまめにチェックして下取り時期を確かめ、利用してもいいでしょう。

2-2.使用感の少ない・未使用のフライパンは売却できることもある

元値が1万円以上の高級なフライパンは、使用感が少なければ売却できることもあります。リサイクルショップで査定してもらったり、フリマサイトやネットオークションに出品してみたりしましょう。この際、外箱やふたなど、付属品をできるだけ揃えておくと高値がつきやすくなります。

また、元値が数千円のフライパンでも、未使用ならば売却できる可能性もあるでしょう。ただし、フライパンはただ保管しておくだけでも劣化していくので、不要になったら早めに売却することが大切です。

3.不用品をまとめて不用品回収業者に回収してもらう方法

この項では、不用品回収業者に依頼するメリットや方法を紹介します。

3-1.不用品回収業者の利用がおすすめのケース

引っ越しなどでフライパンだけでなく、家具や家電が多数不要になり、一気に処分したい場合は、不用品回収業者を利用すると便利です。特に、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは家電リサイクル法対象家電に含まれているので、自分で処分する場合は、家電量販店に依頼したり、引き取りに来てもらったりしなければなりません。時間や手間がかかります。不用品回収業者なら、早ければその日のうちに見積もりを出してくれるので、時間がない中で不用品を処分したい場合は便利です。

3-2.インターネットで業者を探すと便利

不用品回収業者は、インターネットを利用して探すとすぐに見つかります。回収費用は回収を依頼する不用品の量や大きさによって異なるので、まずは見積もりを作ってもらいましょう。

なお、不用品の種類によってはリユースやリサイクル目的で無料回収しているところもあります。たとえば、パソコンダストならば、パソコンと同こんしていただければフライパンを送料も無料で無料回収可能です。パソコンとフライパンが同時に不要になった場合は、ぜひ利用してみてください。また、ほかにも同こんであれば無料回収している品目もあるので、サイトを確認してみましょう。

3-3.見積もりが正確な業者に依頼するとよい

不用品の回収は、見積書が正確で、依頼者の質問に丁寧に答えてくれる業者に依頼するのがおすすめです。理由をつけて見積書を作成しようとしないところや、加算前提なところは利用しないほうがいいでしょう。

4.フライパンの処分に関するよくある質問

この項では、フライパンの処分に関するよくある質問を紹介します。

Q.使用済みのフライパンの需要はありませんか?
A.はい。よほど高級品で使用回数が少なくなければ、売却はできないでしょう。

Q.フライパンを長持ちさせるにはどうしたらいいですか?
A.鉄のフライパンは、使用後しっかりと乾かして油を塗ってしまうとさびにくくなります。テフロン加工のフライパンは、熱したものを冷水につけるなど、温度の急激な変化を避けましょう。

Q.木の柄のフライパンは、分解した方がいいですか?
A.特に分解する必要はありません。

Q.鉄としてフライパンを売却することは可能ですか?
A.1~2個では買い取ってもらえないケースが多いでしょう。100個以上あるならば、買取業者に相談してください。

Q.フライパンは汚れたりさびたりしているものでも、そのまま捨てて大丈夫ですか?
A.落ちない汚れなら大丈夫ですが、洗って落とせるものは落としておきましょう。

まとめ

今回は、フライパンの処分方法を紹介しました。フライパンは、調理器具の中でも買い替え頻度が高いものです。こまめに捨てて、不要になったフライパンを溜めこまないようにしましょう。引っ越しの前などは計画的に不用品の処分計画を立てることが大切です。