横浜市でテレビを処分する方法は? お得に捨てるポイントなどを解説

家電リサイクル法の対象品目になっているテレビは、自治体回収で捨てることができません。法律に則(のっと)った方法で処分しなければ、不法投棄とみなされる可能性があるので注意が必要です。しかし、どのように処分すればいいのか、頭を抱えている方は多いでしょう。

そこで、本記事では、横浜市でテレビを捨てる方法などについて解説します。

  1. 横浜市でテレビを捨てるには?
  2. 家電リサイクル法に則った処分方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使えるテレビは買取に出せることも
  5. テレビの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、横浜市でテレビをお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.横浜市でテレビを捨てるには?

最初に、横浜市でテレビを処分する方法を解説します。

1-1.テレビは家電リサイクル法の対象品目

自治体に関係なく、テレビは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収として捨てることができません。家電リサイクル法の対象品目は、メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられています。そのため、誤ってゴミ捨て場に運んでしまうと不法投棄とみなされ、罰則の対象になる恐れがあるので注意してください。自治体回収で処分できないことをしっかりと把握しておけば、正しい方法でテレビが処分できるでしょう。テレビなどの家電類は、鋼・銅などのレアメタルが含まれているため、リサイクルすることで有用資源が活用できます。環境を守るためにも、リサイクルは大切なことです。

1-2.会社など事業で使用したテレビは産業廃棄物扱い

個人で使用したテレビとは違って、会社など事業目的で使用したものは産業廃棄物扱いとなります。基本的に、産業廃棄物扱いになるものは、自治体の認可を受けている回収業者や産業廃棄物収集運搬許可を取得している業者に依頼するケースがほとんどです。産業廃棄物も家電リサイクル対象品目と同じく、自治体で捨てることができません。間違って処分してしまうと不法投棄とみなされてしまうので注意してください。

2.家電リサイクル法に則った処分方法

それでは、家電リサイクル法に則った処分方法を解説します。

2-1.家電リサイクル券を購入する

家電リサイクル法によると、消費者はリサイクル料金を支払う義務があります。正しい方法で処分するには、費用がかかるのが当たり前です。逆に、できるだけ費用を抑えるために無料回収業者に依頼する方がいますが、後で高額な費用を請求する可能性があるので注意しましょう。また、家電リサイクル圏の購入方法は、郵便局または小売業者となります。郵便局の場合、窓口でリサイクル料金を支払って控えをもらい、集荷を依頼するか持ち込むかになるでしょう。小売業者の場合は、小売業者にリサイクル料金を支払い回収を依頼します。自分で運搬できるサイズなら問題ありませんが、1人での運搬が困難な場合は運搬を依頼したほうがおすすめです。

2-2.テレビのリサイクル料金をチェック!

テレビのリサイクル料金は、種類と大きさで異なります。まずは、自分が処分したいテレビをチェックし、種類と大きさをハッキリと把握することが大切です。また、メーカーによっても回収費用は異なりますが、だいたいのリサイクル料金は以下のとおりとなります。

  • ブラウン管テレビ小(15型以下):1,296~3,094円
  • ブラウン管式テレビ大(16型以上):2,376~3,634円
  • 液晶・プラズマ式テレビ小(15型以下):1,836~3,148円
  • 液晶・プラズマ式テレビ大(16型以上):2,916~3,988円

2-3.テレビの付属品は回収されないものもある

テレビと併せて、付属品もリサイクル回収が可能だと思われがちですが、回収できないものもあるので注意が必要です。たとえば、ワイヤレスリモコン・着脱式付属専用スピーカーは本体と同時にリサイクルの依頼ができます。ただし、これら以外の付属品は回収してもらえない可能性が高いでしょう。リサイクル対象外の付属品は、自治体の処分方法とルールに則って処分することになります。ホームページや掲示板等で確認できない場合は、窓口または電話で自治体に相談してください。分からないまま処分するよりも、きちんと処分方法を把握してからのほうが安心です。

2-4.横浜市の指定引取場所と問い合わせ先

横浜市の場合は、以下の場所が家電リサイクル法対象品目の引き取り場所となっています。

  • 東芝環境ソリューション(鶴見区寛政町20-1)
  • スガヤメタル(都筑区早渕1-25-33)
  • 日本通運 神奈川東視点・縁物流センター(都筑区佐江戸町433)
  • 東亜物流 神奈川営業所(瀬谷区五貫町21-5)

具体的な時間や詳細を知りたい方は、横浜市のホームページをご覧ください。また、テレビの処分で分からないことがあれば、資源循環局家庭系対策部業務課に問い合わせましょう。電話jは045-671-3816、ファクスは045-662-1225です。メールからでも、sj-gyomu@city.yokohama.jpで問い合わせできるので、疑問を解消してから処分しましょう。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.テレビなどの大型家電をまとめて処分できる

不用品回収業者を利用する大きなメリットは、テレビなどの大型家電をまとめて処分できることです。サイズが大きくなるほど重く、自分で簡単に運び出すことができず悩んでいる方は多いでしょう。けれども、回収業者に依頼すれば、出張回収が利用できるので自宅にいながら処分が可能です。自分たちで運んだり、ゴミを分別したりする必要もないため、手間と時間をかけることなくスピーディーに処分できます。また、家電リサイクル法の対象商品など、自治体で処分できないものを捨てることができるのも、大きなメリットです。不用品をまとめて処分したい・すぐに捨てたいという方にはおすすめの方法といえるでしょう。

3-2.運搬・搬出費用などの手数料に要注意!

一気にまとめて処分できる不用品回収業者は、メリット部分が大きいように感じますが、デメリットもあるので注意が必要です。たとえば、回収費用のほかにも運搬・搬出費用といった手数料がかかってしまうことでしょう。家電リサイクル法に則って処分するよりも高額になるケースがあります。中には、高額な手数料を請求する悪徳業者が存在しているため、慎重に業者を選ばなければなりません。すぐに業者を選んでしまうと、後でトラブルに発展してしまいます。特に、金銭トラブルはよく起きているので、見積書や追加費用の有無などは事前にしっかりと確認しておきましょう。少しでも不安要素があれば、解消してから依頼することをおすすめします。

3-3.買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼する

できるだけ、処分費用を抑えたい方は、買取サービスを行っている不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者は、不用品の回収しか行っていないと思われがちですが、買取を行っているところもあります。ゴミだと思っていたものでも買取対象になれば、処分費用が節約できるというわけです。ただし、買い取ってもらえるものは基本的に正常に稼働する状態または新品・未使用品の状態に近いものとなります。壊れていたり、激しい汚れがついたりしているものは買取不可になる可能性が高いので注意してください。

4.まだ使えるテレビは買取に出せることも

ここでは、テレビを買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.発売年月から5年以内のものが買取対象に

一般的に、家電で買取対象になるものは発売年月から5年以内だといわれています。正しく使用したり、定期的にメンテナンスを行ったりすれば、5年以上保ち続けることもあるでしょう。けれども、間違った使い方をしていたり、ホコリまみれになったりしている場合は、寿命が速くやってきてしまいます。次々と新しいモデルが登場しているため、新製品が出るたびに型落ち品となってしまい、査定額が下がりやすくなるので注意が必要です。できるだけ高く買い取ってもらいたいという方は、早めに売却することをおすすめします。正常に使える状態だとしても、発売年月から5年以上経過しているテレビは、買取不可になる可能性もあるでしょう。

4-2.買取専門店またはリサイクルショップに査定を依頼する

テレビの買取を行っているのは、買取専門店またはリサイクルショップです。まだ、発売年月から5年以内で正常に稼働できる状態であれば、買取専門店に依頼しましょう。買取専門店は中古市場の需要を把握しているため、買い手がつきやすいテレビの特徴や種類を理解しています。そのため、価値があるテレビほど高価買取が期待できるでしょう。元値が高い種類や新機能が搭載されているタイプのテレビを売りたい方は、リサイクルショップよりも買取専門店がおすすめです。買取専門店で買い取ってもらえなかった場合に、リサイクルショップを利用してください。

4-3.テレビを高く売る3つのポイント

テレビを高く売る3つのポイントがあります。

1つ目は、元箱や取扱説明書などの付属品をそろえることです。特に、取扱説明書や保証書はとても大切な要素になるでしょう。買取業者の中には、取扱説明書がなければ買取不可というところもあります。自分にとって要らないものだとしても高価買取のポイントになるので大切に保管しておきましょう。

2つ目は、テレビについているホコリや汚れをきれいに拭き取ることです。前述したように、新品または未使用品の状態のほうが高く買い取ってもらえる傾向にあります。ホコリまみれの状態よりもきれいに掃除しておいたほうが新品という印象を与えることができるでしょう。ただし、テレビは家電製品なので水拭きでなく、やわらかい布で乾(から)拭きしてください。

3つ目は、複数の業者に査定を依頼することです。最初から1社にしぼって買い取ってもらう方が多いのですが、ほかの業者では高く売れる可能性があります。1社にしぼるのはとてももったいないことなので、複数の業者に無料査定を依頼してください。そうすれば、最も高音がついた業者に依頼できるでしょう。また、悪徳業者が見極めやすくなります。

5.テレビの処分に関してよくある質問

テレビの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.家電リサイクル券の控えは保管したほうがいいのか?
A.リサイクル料金を支払った後に受け取る家電リサイクル券(排出者控)は大事に保管してください。回収してもらったものが正しくリサイクルされたか確認のために必要な番号が記載されています。

Q.高く売れるテレビの特徴は?
A.高価買取が期待できるテレビは、人気メーカーの最新モデルです。たとえば、最近ではパナソニックや東芝といった日本国内メーカーの薄型テレビ・液晶テレビが人気になっています。中でも、高画質で有名な4Kなどは元値が高いため、高値での買取が期待できるでしょう。人気の高い家庭用液晶テレビは中古市場における需要が高く、約2万円で買い取られることが多いです。

Q.B-CASカードはどうすればいいのか?
A.テレビを購入する際についてくるB-CASカードは、必ず抜き取ってから処分してください。リサイクルショップや買取業者に査定を依頼する場合も、B-CASカードは付属できません。けれども、B-CASカードがついていると査定額がアップするところもあります。その場合は、B-CASカードの使用者変更の申請を行いましょう。

Q.テレビの回収費用はいくらぐらいかかるのか?
A.回収業者によって異なりますが、大まかな費用は基本料金・運搬と搬出料金などを含めて約6,000円~です。あくまで目安なので、もっと費用がかかるかもしれません。また、テレビのサイズが大きくなるほど回収費用も割高になる傾向があります。事前に、無料見積もりを依頼し、複数の業者を比較しましょう。

Q.無料回収業社を選ぶポイントは?
A.無料回収業者を選ぶ際は、なぜ無料で回収できるのか、その理由をホームページ等にハッキリ記載されているか確認してください。たとえば、パソコンダストでは回収したものをメンテナンスし再販しています。再販できないものでも部品に分解して売却しているので、その分を回収費用に充てることができるのです。無料回収の理由が明確になっているところを選べば、安心して依頼できるでしょう。

まとめ

テレビは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収で処分ができません。法律に則った方法で処分することになり、家電リサイクル券の購入が必要となります。買い替えを検討している方は、販売店にリサイクル料金を支払えば回収してもらえるでしょう。また、まだ使えるテレビを処分するのはもったいないことなので、買取専門店やリサイクルショップなどに査定を依頼してください。買い取ってもらえなかったテレビは、無料回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。