衣類の捨て方が知りたい! 捨てる前の注意点や自治体以外の処分方法

どんどん増えていく衣類を処分したいけれど方法が分からない……と悩んでいる方は多いでしょう。また、必要な服と捨てる服をどうすれば選別できるのか・どんな基準で区別すればいいのか悩んでしまいがちです。自分で判断できなくなるほど、どんどん必要ない衣類が増えていってしまいます。

そこで、本記事では、必要な服と捨てる服の選別方法や捨て方などについて解説しましょう。

  1. 必要な服と捨てる服の選別方法
  2. 衣類を捨てる前の注意点
  3. 自治体を利用した衣類の捨て方
  4. 自治体以外に衣類を捨てる方法
  5. 衣類の捨て方に関してよくある質問

この記事を読むことで、衣類を処分する方法やポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.必要な服と捨てる服の選別方法

まずは、必要な服と捨てる服の選別方法を解説します。

1-1.整理するならオフシーズンの服から

服をたくさん持っている人ほど、どの服から手をつけていいのか分からなくなりますよね。そんなときは、オフシーズンの服から手をつけるのがおすすめです。シーズン中の服から選別してしまうと「今度着てみよう」「また着るかもしれない」と思い、選別できなくなってしまいます。必要な服と捨てる服をスムーズに選別するためには、オフシーズンのものから手をつけてください。

1-2.忘れていた服は捨てる

クローゼットや押し入れから服を引っ張り出してきたとき、そこで初めて存在を思い出す服があると思います。今まで忘れていた服は着なくても問題ない服なので捨ててください。今後も、その服を着る機会はほとんどないでしょう。また、ボタンがほつれていたり穴が空いていたりする衣類も処分の対象です。思い出深い服であっても、着る機会がない服は思いきって捨てることも大切なポイントとなります。

1-3.似ている服は1つだけ残す

服を出したとき、いくつか似ているデザインの服があると思います。週2回以上着るという場合がない限り、同じデザインの服は捨てるようにしましょう。似たような服をいくつ持っていても、1つだけ持っていれば十分に補えるものです。似たような服があれば1つだけ残すことを心がけてください。どちらを処分すればいいのか悩んでしまうときは、ボタンや裾などの状態をチェックしてみるといいでしょう。

1-4.実際に着てみてイメージと違った服は捨てる

手にとってみてどうしても選別できないときは、実際に着てみてください。実際に着てみると、自分が思っていたイメージとはまったく違った……というケースがあります。「もう少し着られるかもしれない」「いつか着る機会があるかも」と思ってしまいがちですが、イメージと違うなら捨てる決意も固めることができるでしょう。今、自分に似合う服だけ残すのがポイントでもあります。

2.衣類を捨てる前の注意点

ここでは、衣類を捨てる前の注意点をいくつか紹介します。

2-1.ポケットに何も入っていないか確認する

ジャケットやズボンなど、ポケットがある衣類は処分前に何も入っていないかチェックしましょう。場合によっては、領収書やお金などが入っている可能性があります。もし、そのまま洗濯してしまうとお金がダメになってしまいますし、リサイクルしようと思っていた衣類が紙まみれになってしまう恐れがあるので要注意です。ポケットに何も入っていないか確認してから捨てましょう。

2-2.衣類の状態をチェックする

処分前に、衣類の状態をチェックするのも大切です。衣類の状態によってゴミの分類が変わることがあります。たとえば、自治体で衣類を処分する場合、衣類の日に出すところがほとんどですが、衣類が汚れていたり破れたりしている場合は燃えるゴミとして出さなければなりません。自治体によっても異なりますが、衣類の状態によってもゴミの分類が変わることがあるので注意してください。

2-3.リサイクルや寄付に出す際はきれいにする

まだ着ることのできる衣類は、買取店やリサイクルショップで売れる可能性があります。たとえ、売れない服でも寄付という形で手放すこともできるでしょう。ただし、リサイクルや寄付に出す際は、注意しなければなりません。汚いまま出してしまうと買い取ってもらえなかったり、寄付を拒絶されたりする可能性があります。そのため、リサイクルや寄付に出す際はきれいにすることが大切です。

3.自治体を利用した衣類の捨て方

それでは、自治体を利用した衣類の捨て方を解説します。

3-1.ほとんどの服は燃えるゴミ

自治体で処分する場合、何ゴミになるのか疑問を抱いている方は多いと思いますが、ほとんどの自治体では燃えるゴミとして処分できます。衣類の多くは布でできているため、燃えるゴミとして捨てることができるでしょう。ただし、自治体によってゴミの分類や処分方法が異なるので事前の確認が必要です。また、自治体のゴミとして衣類を処分する場合、指定のゴミ袋に詰めることになるでしょう。衣類の量が多くなるほどゴミ袋の費用がかかってしまいます。詳細は、お住まいの地域のホームページで確認してください。

3-2.古着・古布類の資源ゴミとして

自治体の中には、古着・古布類の資源ゴミとして処分するケースもあります。衣類はリサイクルできるものでもあるため、集団資源回収を行っている自治体もあるのです。ただし、すべての服が集団資源回収の対象ではありません。たとえば、ジャンパー・はんてん・ダウンジャケットといったわたや羽毛の入った衣類や皮革製品などは可燃ゴミになることもあります。どのような衣類が何ゴミになるのかも、自治体のホームページでチェックしておきたいポイントです。

3-3.自治体で処分する際は雨の日に要注意

自治体で服を処分する場合は、雨の日に注意が必要です。自治体によっては、雨の日は回収不可になることがあります。ゴミ捨て場に持っていっても回収してもらえないので、天気予報をしっかりとチェックして出さなければなりません。雨の日に出してしまうと、衣類に水気が含まれてしまい回収しづらくなってしまいます。さらに、天候に関係なく衣類の中身が見えないようにすることも大切なことです。

4.自治体以外に衣類を捨てる方法

ここでは、自治体以外に衣類を捨てる方法を解説します。

4-1.不用品回収業者に依頼する

衣類を自治体以外で処分する場合、不用品回収業者に依頼する方法があります。基本的に、不用品回収業者の多くはどんなものでも回収可能です。衣類だけでなく、ほかにも処分したいものがあればまとめて回収してもらえるのが大きなメリットといえるでしょう。また、大量の衣類であっても回収してもらえるため、自分たちで運ぶ手間と時間がかかりません。不用品回収業者の中には、買取を行っているところもあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

4-2.フリーマーケットや古着屋に売る

まだ着ることのできる衣類は、フリーマーケットや古着屋で売却するのも選択肢の1つです。街全体でフリーマーケットを開催しているところもあれば、インターネットを通じてフリマアプリで売りに出すこともできます。フリマアプリでは全国で買い手を見つけることができるため、古着屋で売れなかったものでも落札されるかもしれません。ただし、衣類はブランドものでない限り、査定額が安くなる傾向があります。それでもお金になればいいと思っている方は、フリーマーケットや古着屋などを利用してください。

4-3.店舗の回収ボックスに出す

服を販売している店舗によっては、回収ボックスを設置しているところがあります。回収ボックスに入れるだけで衣類を回収してくれるため、お金をかけずに処分できるでしょう。回収したものは再利用されたり、世界の貧困層の国に届けられたりします。ゴミとして処分するよりも有効活用してもらうことができるため、気持ちも楽に捨てられるでしょう。ただし、受付時期は店舗ごとで違ったり、回収しているブランドによってルールが変わったりすることがあります。店舗に回収してもらう際は、ブランドのホームページで詳細を確認しておきましょう。

4-4.リメイクする

要らなくなった服をリメイクするのも、自治体以外で処分する方法の1つです。たとえば、Tシャツをエコバッグにしたり、子どものミニリュックにしたりできます。思い出のある服がなかなか捨てられないというときは、リメイクするのがおすすめです。リメイクをすることで手元に別の形で残すことができるでしょう。普段、裁縫をしない方でも簡単にできる方法もあるので、ぜひインターネットでリメイク方法を調べてみてください。

4-5.寄付する

「捨ててしまうよりは活用したい!」と思っている方は、衣類の寄付をおすすめします。処分しようと思っている服の中には、まだ着られるものもあれば捨てるのがもったいないと思っているものもあるでしょう。そんなときこそ寄付を選べば、社会貢献に役立てることができます。寄付した服は貧しい国に送られて再利用されるので、捨てるのがもったいないと悩んでいる方は寄付も検討してみてください。ただし、寄付を受けつけている衣類は、状態がいいものです。ボロボロになって着られない衣類は寄付の受付対象外になるので注意してください。

5.衣類の捨て方に関してよくある質問

衣類の捨て方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.買い取ってもらえる衣類の特徴は?
A.きちんと着られる状態の服なら、ほとんどの買取専門店やリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。ただし、ノーブランドは1枚あたり10円~と査定額は低めです。ハイブランドものや中古でも人気が高いブランドの服は、高価買取が期待できるでしょう。また、着物や毛皮のコートなど、元値が高いものも高価買取がつきやすい衣類でもあります。

Q.高価買取のポイントは?
A.なるべく衣類を高く売りたいなら、1枚ずつではなくまとめて売却することをおすすめします。まとめて売ることで高く売れる可能性が高いからです。また、査定前に衣類の状態をチェックし、できるだけきれいにしておきましょう。汚れがある場合は洗濯してきれいにしてください。自分で洗濯するのが不安な方は、クリーニングに出すといいでしょう。

Q.どんな回収方法があるのか?
A.不用品回収業者に依頼する場合、宅配回収・出張回収・持ち込み回収が主な方法となります。自分のペースで衣類を処分したい方は宅配回収がおすすめです。大量の衣類を処分したり、ほかにも処分したいものがあったりする場合は出張回収がいいでしょう。店舗が近くにあれば直接持ち込むこともできますが、最近は新型コロナウイルスの影響で持ち込み回収を行っていないところもあります。事前にホームページでチェックしておくといいでしょう。

Q.無料回収業者に依頼しても大丈夫か?
A.不用品回収業者の中には、無料回収を行っているところもあります。なぜ無料回収ができるのか理由がハッキリしているところなら、安心して依頼できるでしょう。たとえば、不用品の無料回収を行っているパソコンダストでは、回収したものをメンテナンスして再販したり、再販できないものを部品として販売したりしているため、回収費用を浮かすことができます。無料回収できる理由がハッキリしていないところは悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

Q.処分後もクローゼットをきれいに保つコツは?
A.衣類を処分した後、クローゼットや押し入れの中がスッキリすると思います。その状態を維持し続けたいのなら、新しい衣類を購入するたびに古い衣類を処分しましょう。新しい衣類を購入すれば、その分のスペースを確保しなければなりません。けれども、古い衣類を処分していけば、ある程度のスペースは確保できます。クローゼットや押し入れの全体の2割はスペースを常に確保しておくといいでしょう。

まとめ

衣類の主な処分方法としては、自治体回収・不用品回収業者があります。処分したい衣類の量が多く手間と時間がかかる場合は、まとめて不用品回収業者に依頼したほうがいいでしょう。中には、無料で回収を行っている業者もあります。まだ着ることのできる衣類は、友人や知り合いに譲ったり寄付したりする方法も選択肢の1つです。衣類の状態や量などを踏まえた上で、最適な方法を選んでくださいね。よりお得な方法で衣類を処分しましょう。