ダンボールの捨て方を知りたい! 一番簡単で楽に処分する方法を解説!

不要になったダンボールの捨て方をお探しではないでしょうか? 引っ越しなどで大量にたまったダンボールを処分したくても、どこにどんな方法で依頼できるのかよく分かりませんよね。それに、ダンボールを処分する前の注意点や、簡単かつ楽に処分できる方法を詳しく知りたいことでしょう。

そこで今回は、ダンボールの捨て方について詳しく解説します。

  1. ダンボールが不要になるのはどんなとき?
  2. ダンボールは何ゴミに分類される?
  3. ダンボールの主な捨て方
  4. ダンボールを捨てるときの注意点
  5. ダンボールの捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、ダンボールの捨て方や捨てるときの注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ダンボールが不要になるのはどんなとき?

最初に、ダンボールが不要になるのはどんなときか具体的に見ていきましょう。

1-1.引っ越し後

引っ越し後は、大量のダンボールが出ます。ダンボールは、引っ越す際にこん包や運搬などで必要不可欠なものであってでも、引っ越し後はたちまち不用品となり、処分に困るものです。特に荷物が多い場合は、想像以上のダンボールが残り、途方に暮れてしまうことでしょう。処分するまで収納に一時保管しようとしても大量にあると入りきらず、生活スペースを圧迫することもあります。

1-2.通信販売を利用した

通信販売を利用した後も、不要なダンボールが発生します。最近ではこん包の簡略化が進んでいるとはいえ、荷物の量や性質によっては相変わらずダンボールが活躍しているものです。特に、通信販売を利用する頻度が高いと、あっという間に不要なダンボールがたまってしまうことでしょう。一つずつのサイズは小さくても、数量がたまれば処分に困ってしまいます。

1-3.家具や家電製品を購入した

家具や家電製品を購入すると、不要なダンボールが出ます。家具や家電製品は、外箱だけでなくこん包材もダンボールでできているものもあり、意外と大量に出るものです。また、家具や家電製品を衝撃から守るために一般的なこん包用のものより丈夫なダンボールを使用しているため、折りたたんだり切断したりするのも大変なことがあります。

2.ダンボールは何ゴミに分類される?

ダンボールは自治体回収で何ゴミに分類されるのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.可燃ゴミ

ダンボールは焼却処分可能な素材であることから、可燃ゴミで出すことができます。ただし、自治体によっては一定以下の大きさにすることや、自治体指定のゴミ袋に入れて出すことが条件となるケースもあるので注意しましょう。なお、ダンボールを可燃ゴミとして出す場合は回収後焼却処分になるため、まだキレイな状態であっても資源を有効活用することはできません。

2-2.資源ゴミ・紙ゴミ

ダンボールは再生可能な資源であるため、資源ゴミや紙ゴミとして回収している自治体も多くあります。資源ゴミや紙ゴミとして回収されたダンボールは、自治体によって再生資源として有効活用してもらうことが可能です。ただし、自治体によって回収ルールが異なるので事前に確認しておきましょう。なお、汚れがひどいものは資源ゴミではなく、可燃ゴミとして処分してください。

2-3.事業所から出たダンボールは自治体回収に出せない

不要になったダンボールでも、事業所から出た場合は産業廃棄物扱いとなります。したがって、自治体回収にゴミとして出すことはできません。事業所で不要になったダンボールは、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼してください。なお、事業所で出たダンボールを自治体回収に出したり、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に処分を依頼したりすると、廃棄物処理法違反と見なされることがあります。中には、罰金を科せられることがあるほか、社会的な信用を失うこともあるので注意しましょう。

3.ダンボールの主な捨て方

ダンボールの主な捨て方を詳しくご紹介しましょう。

3-1.自治体回収にゴミとして出す

不要なダンボールを自治体回収にゴミとして出す場合は、無料で処分できるのが大きなメリットです。可燃ゴミや資源ゴミ・紙ゴミで出す場合の基本的なルールは、以下を参考にしてください。

  • 可燃ゴミ:指定の大きさ以下に切断もしくはちぎり、自治体の指定ゴミ袋に入れる
  • 資源ゴミ・紙ゴミ:指定の大きさ以下に折りたたみ、枚数をまとめて紙ひもで縛る

なお、上記はあくまでも一例なので、詳しくは自治体ごとの回収ルールを確認してください。

3-2.古紙回収サービスを利用する

不要になったダンボールを処分するのに、民間の古紙回収サービスを利用するのも一つの方法です。以前と比較すると古紙回収車の巡回が減少した一方、商業施設の駐車場などに民間の古紙回収ステーションが設置されていることも多く見られます。民間の古紙回収ステーションは、24時間いつでも好きなタイミングでダンボールを処分できるのがメリットです。同時に古雑誌や古新聞紙を処分できることも多いので、チェックしてみてください。ただし、古紙ステーションまでダンボールを運ぶ手間がかかり、大量に処分するのは大変です。

3-3.引っ越し業者に処分してもらう

引っ越しに伴って出るダンボールは、引っ越し業者に依頼して処分できることがあります。まずは、引っ越し業者に不要になったダンボールの回収サービスがあるか聞いてみるとよいでしょう。回収サービスを利用できれば、引っ越し作業が終わるのと同時に大量のダンボールを処分できて便利です。なお、引っ越し業者によって処分してもらえる期限が決まっていたり、有料回収になったりするので確認してみてください。

3-4.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったダンボールは、不用品回収業者に処分してもらうこともできます。大量にある、汚れや破損がひどいといった場合でも、問題なく依頼できるので検討してみるとよいでしょう。不用品回収業者に処分を依頼する場合、都合のよい日時と場所を指定でき、集荷場所までダンボールを運ぶ手間もかかりません。また、そのほかの不用品を同時に処分・買取してもらうことも可能など、多くのメリットがあります。なお、日時・場所指定で回収してもらう場合、1回数千円程度の回収費用がかかるのが一般的です。当パソコンダストでは、不要になったダンボールを宅配便で送付いただくと、宅配便の送料負担だけで処分できます。また、スマホなど当社指定の送料無料対象品との同梱(どうこん)で、宅配便の送料も無料になり大変お得です。ぜひ、ご検討ください。

4.ダンボールを捨てるときの注意点

ダンボールを捨てるときには、いくつか注意すべきことがあります。

4-1.宅配便の伝票などをはがしておく

ダンボールを捨てる前に、宅配便の伝票などを必ずはがしておきましょう。宅配便の伝票には、住所・氏名・電話番号などの個人情報が載っているからです。また、伝票番号を検索すると、どんなものをどこでいつ購入したか・送付したかなどが分かってしまいます。万が一個人情報が流出すると、悪意ある第三者によって悪用されることもあるので注意しましょう。

4-2.手を切らないように注意する

ダンボールを扱う際、端で手を切らないよう十分に注意してください。ダンボールの裁断面は鋭いため、作業時に手を切ってしまいやすいものです。思わぬケガを避けるためにも、ダンボールを扱うときは、軍手やゴム手袋をはめて作業するとよいでしょう。また、集荷場所に運ぶ場合も同様に、ケガをしないよう気を付けてください。

4-3.枚数を重ねて紙ひもなどで束ねる

複数枚のダンボールを1回で捨てるときは、重ねて紙ひもなどで縛ってまとめておきましょう。まとめておくことで格段に運びやすくなり、集荷する人にも親切です。なお、資源ゴミに出す場合などは、まとめる際にビニールテープの使用を禁止している自治体もあるので確認しておきましょう。

5.ダンボールの捨て方に関するよくある質問

最後に、ダンボールの捨て方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.雨の日でもダンボールを資源ゴミに出してよい?
A.雨の日でも出すことは可能ですが、自治体によっては晴れの日に出すことをすすめていることもあります。まずは、自治体の回収ルールを確認してみてください。

Q.不要になったダンボールを放置しておくデメリットは?
A.以下のようなデメリットがあります。不要になったダンボールは、早めに処分しましょう。

  • ホコリや湿気がたまって雑菌やカビの温床になる
  • 害虫が繁殖しやすい
  • 部屋がスッキリ片付かない
  • 掃除しづらい
  • 保管場所によってはつまずいてケガをすることがある
  • 屋外に放置すると不審火の原因になることがある

Q.ダンボールを捨てずに活用するアイデアは?
A.以下を参考にしてください。

  • 子どもの工作材料にする
  • 冬場に植木鉢の防寒材として使う
  • リメイクして収納道具を作成する

ただし、上記のような方法で活用するにしてもごく一部にしておき、余分なダンボールは処分することをおすすめします。

Q.家電製品の外箱は捨てないほうがよいと聞いたのですが?
A.将来、家電製品を買取に出す予定があるのなら、外箱を保管しておいてもよいでしょう。外箱があると、業者の査定金額がアップするからです。買取に出す予定がないのなら不用品なので、処分してください。

Q.未使用のダンボールなら買取してもらえる?
A.未使用であっても、少量の場合は業者に買取してもらうのは難しいのが現状です。たとえば、ネットオークションやフリマアプリに出品し、落札されるのを待つ方法もあります。ただし、なかなか売れないこともあるので気長に待つことが必要です。

まとめ

今回は、ダンボールの捨て方について詳しく解説しました。不要になったダンボールは、自治体に不燃ゴミや資源ゴミなどとして出す以外にも、さまざまな処分方法があります。特に、大量のダンボールを処分したいときは、不用品回収業者に依頼すると便利です。都合のよい日時と場所で回収してもらえるほか、業者によっては宅配便で送付して処分してもらえることもあります。まずは、信頼できる不用品回収業者を選んで、検討してみるとよいでしょう。