掃除が苦手な方必見! やる気を出す方法やすぐ終わる掃除方法を解説

「掃除が苦手」「いつも、掃除をぎりぎりまでさぼってしまう」といった悩みを抱えている方はいませんか?「掃除をしようと思うけれど、面倒くささが先立ってしまう」という方も多いことでしょう。しかし、掃除をせずにいると家はどんどん汚れていきます。特に、キッチンや洗面所・お風呂といった水回りは汚れがたまれやすく、放っておくと衛生的にも問題が出てくるでしょう。

そこで今回は、「掃除が苦手」と悩む方向けに掃除が簡単にできるようになるコツを解説します。

  1. 掃除が苦手になる理由
  2. 掃除の苦手意識を解消する方法
  3. 掃除が苦手な人が掃除を続けるためのポイント
  4. 掃除に関するよくある質問

この記事を読めば、今までより楽に掃除ができるようになる、ヒントがつかめることでしょう。掃除が苦手で悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.掃除が苦手になる理由

はじめに、掃除がなぜ苦手になるのか、その理由の代表例を紹介します。どんなことで、苦手意識を持ちやすいのでしょうか?

1-1.掃除に必要なプロセスが多い

片付け・掃除用具を出す・掃除用具を使う準備をするなど、掃除を始めるまでのプロセスが多いほど掃除がおっくうになり、やる気は失われていきます。特に、片付けに時間がかかるようであれば、それだけで疲れてしまうでしょう。掃除が始められる状態になるまでの時間が長すぎたり、手間が多すぎたりするのが、掃除嫌いになる一因です。

1-2.掃除にかかる時間が長い

家中をピカピカにしようと頑張るとかなりの時間がかかります。汚れているならなおさらです。「休みの日は半日が掃除でつぶれてしまう」と考えると掃除をする気も萎えてしまうでしょう。そして、まだ大丈夫、と掃除をさぼりがちになってしまいます。

1-3.何度も同じことをするのが苦手

掃除は、一度やれば終わりということはなく、毎日やり続けなければなりません。しかし、それが面倒くさいという方も多いことでしょう。掃除が苦手な方の中には、「掃除をしてもまた汚れると思うと、やる気が出ない」と思っているケースもあります。

2.掃除の苦手意識を解消する方法

掃除が苦手な人は、「掃除をやりたくない」という気持ちが強いものです。では、どうすれば苦手意識を消せるのでしょうか?この項では、解決策の一例を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.長時間掃除をしない

掃除好きな人でも、「半日以上掃除をしなさい」といわれれば、いやになってしまいます。掃除が苦手な人なら、なおさらでしょう。そこで、掃除の時間を区切ります。最初は10分くらいにしておきましょう。そうすれば、終了時間が分かることで、やる気が出やすくなります。10分あれば拭き掃除や掃除機がけなどが可能です。片付いたワンルームなら、余裕で掃除が終わりますよ。それに、1か所でもきれいになれば気持ちがよくなるはずです。

2-2.掃除はすぐ終わる場所から取りかかる。

たとえば、風呂掃除は長くても10分くらいで終わるでしょう。きれいになった場所を見れば達成感が得られ、やる気が出ます。そのまま弾みがついて、次の掃除にも取りかかりやすくなるはずです。掃除が苦手な人は、まずすぐ終わる場所を掃除してみましょう。

2-3.場所を区切る

汚れきった家を丸ごと掃除しようと思うと、どうしても時間がかかります。まず、特に掃除をしなければならない場所をピックアップしてください。そして、そこだけを掃除します。そうすれば、「ここまでやれば終わり」という区切りがつけやすく、やる気も出やすいでしょう。

3.掃除が苦手な人が掃除を続けるためのポイント

では最後に、掃除が苦手な人が掃除を続けるための注意点やポイントを解説します。

3-1.ついで掃除を心がける

水回りは使ったついでに掃除をするとストレスが減ります。いちいち掃除をしようと思うより、食器を洗ったついでにキッチンを拭いてしまったり、洗面のついでに洗面所を軽く拭いたりすると2~3分で掃除が終わるでしょう。毎日一通り拭いていれば、汚れもつきにくくなります。お風呂も、入浴したついでに軽くこする、水気を拭くだけでもきれいになるでしょう。

3-2.掃除と片付けを分ける

掃除と片付けは違います。掃除と片付けをごっちゃにしてしまうと、ますます掃除嫌いが加速しがちです。水回り以外は毎日掃除機がけはしなくても大丈夫ですが、片付けは毎日行いましょう。掃除の前に片付けをしなくてよくなれば、さっと掃除ができるはずです。また、掃除用具もすぐに取り出せる場所に置いておきましょう。たとえば、台拭きなどはすぐに手に取れるところに置いておくと、掃除をしようと思い立ったときにすぐにできます。

3-3.掃除の優先順位表を作る

家の中には汚れやすい場所と汚れにくい場所があります。最も汚れやすいのは水回り、ついで、人がよく使う場所です。ですから、この2点を特にこまめに掃除をするように心がけましょう。そうすれば、家が汚れきってしまうことはありません。たとえば、汚れやすい場所は毎日、次に汚れやすい場所は2日に1回と掃除の回数を決めて掃除をしてみてください。

4.掃除に関するよくある質問

この項では、掃除に関するよくある質問を紹介します。

Q.仕事が忙しくて掃除をする時間が取れず、どうしても掃除をする気力がわきません。
A.その場合は、家事サービスを依頼するなど業者の力を借りましょう。

Q.汚部屋を作ってしまい、どこから手をつけていいか分かりません。
A.汚部屋はある程度ひどくなると、個人の力では解決できないこともあります。掃除業者に入ってもらい掃除をしてもらいましょう。

Q.使ったついでに掃除をするといっても、どうやってやればいいでしょうか?
A.使った後をさっと拭いておくくらいでも、汚れがたまりにくくなるはずです。

Q.片付けても片付けても、子どもが散らかします。
A.子どものおもちゃや服は、大きなかごを用意してそこに入れてもらいましょう。ただ入れるだけなら、子どもでも可能です。簡単に片付けられる工夫をしてください。

5.まとめ

今回は、掃除が苦手な人向けに掃除がしやすくなる方法を紹介しました。簡単にできる掃除方法は、こまめに掃除をすることと、片付けの手間を減らすことです。まずは水回りを使った後で掃除する習慣をつける、片付けはこまめにする習慣をつけるなど、ステップを踏んで行っていきましょう。