電子レンジの寿命は何年!?買い替え時に後悔しないためのポイント

電子レンジを効率的に買い替えるためには、寿命を知っておくとよいでしょう。電子レンジの調子が悪い人は寿命が近づいている可能性があります。そのようなときにどのような故障が起こりやすいのかも知っておきましょう。

  1. 電子レンジの寿命
  2. 電子レンジの寿命が近い可能性のある故障は?
  3. 電子レンジの処分方法
  4. 電子レンジの選び方

1.電子レンジの寿命は何年?

1-1.電子レンジの寿命は10年ほど

電子レンジの寿命は、使用回数によって大きく異なります。目安として、10年と考えておくとよいでしょう。使用時間に置き換えた場合、だいたい1000時間から2000時間で寿命がくるとされています。ちょっとしたものをあたためる程度でしか使わない人は、長く使用できる可能性が高いというわけです。一方、毎日の料理で電子レンジを使用する頻度が高い人はそれだけ寿命は短くなります。
また、家電の修理のために必要な交換用の部品は保管期間が決められている場合がほとんどです。メーカーによって違いますが、7年ほどしか部品を保管していないと考えておきましょう。修理ができないということは、買い替える必要があるということです。

1-2.寿命を左右するのはマグネトロン

電子レンジには、マグネトロンという部品が使われています。マイクロ波を出すもので、電子レンジで一番重要な部品といってもよいでしょう。マグネトロンから出されるマイクロ波が水分に働きかけることで、ものをあたためることができるのです。
このマグネトロンの寿命は10年といわれています。つまり、電子レンジの寿命は10年と考えてよいでしょう。
電子レンジのなかになにもいれないで加熱した際には、マグネトロンから出たマイクロ波が働きかけるものがない状態になります。そのため、マグネトロンの寿命が短くなるといわれているので注意しましょう。

1-3.コンピューター制御で寿命が短くなった!?

最近の電子レンジは複雑な仕組みになっており、コンピューターによって制御されているタイプがほとんどです。そのため、マグネトロンの寿命がくる前にコンピューター機能が故障することが多くなってきました。マグネトロンに問題が生じていなくても、このような機能が壊れてしまうと電子レンジは使えません。したがって、コンピューター制御によって電子レンジの寿命は短くなったといえるでしょう。