【必読】要らなくなったポットの捨て方とは?5つの方法を一挙ご紹介

「電気ポットを処分したいけど方法がわからない」「捨て方が合っているか不安」など、悩んでいる方は多いでしょう。電気ポットはお湯を沸かす家電製品です。まだ、使えるかどうか、故障しているかどうかで適切な処分方法が変わってきます。納得できる形で処分するためにも、電気ポットについて詳しく知っておかなければなりません。そこで、本記事では、ポットの基本情報や小型家電リサイクル法・それぞれの処分方法のメリット・デメリットなど詳しく説明します。

  1. ポットとは
  2. 小型家電リサイクル法とポットについて
  3. 電気ポットの処分方法~自分で捨てる場合
  4. 電気ポットの処分方法~販売業者の下取りの場合
  5. 電気ポットの処分方法~リサイクルする場合
  6. 電気ポットの処分方法~回収業者に頼む場合
  7. 電気ポットの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、電気ポットを正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。ポットを捨てたい方や方法がわからない方はぜひ参考にしてください。

1.ポットとは

スムーズに廃棄するためには、ポットについて詳しく知ることが大切です。ポットとはどういうものなのか、寿命やゴミの分別について詳しく見ていきましょう。

1-1.ポットとはどういうものか?

ポットは日本語で“魔法瓶”を意味しています。保温機能を有する容器を指す言葉です。つまり、断熱構造を持った魔法瓶や電気ポットをまとめたものが“ポット”になります。日本の家庭では必要不可欠な電化製品です。

1-2.手軽な電気ポットの人気について

ポットの中でも電気ヒーターをそなえたものが電気ポットです。最近の電気ポットは手軽に持ち運びがしやすいと好評になっています。また、手軽にお湯が沸かせる時短家電として電気ケトルも人気が高まってきているのです。沸騰後の自動電源OFFや、高温で保温できるタイプなど幅広い機能も人気の秘訣になります。

1-3.電気ポットの寿命について1

電気ポットの寿命は、およそ2年といわれています。ほかの家電製品よりも寿命が短いのは、電位系統の耐熱と関係しているからです。電位系統の耐熱時間は、48時間が限界だといわれています。そのため、毎日使い続けるほど大きな負担がかかり、2年をすぎたあたりから故障や不具合が目立ち始めるというわけです。

1-4.電気ポットは何ゴミか?

電気ポットは、多くの自治体で不燃ゴミに分類されています。しかし、一辺が30センチメートル以上のものは粗大ゴミになるでしょう。自治体によってゴミの分類が異なるため、ホームページなどで必ず確認してください。