DVDプレーヤーにも寿命がある!? 寿命と買い替えの関係性とは?

近年はブルーレイの登場もあって人気が落ちつつあるDVDですが、現在でもDVDプレーヤーは多くの家庭で活躍してます。突然壊れると困ってしまう方も多いことでしょう。そこで、今回はDVDプレーヤーの寿命について中心にご紹介します。寿命がどのぐらいなのかや、故障の前兆などを知っておけば、買い替えの際にもとても役立つことでしょう。買い替えを検討している方は必見ですよ!

  1. DVDプレーヤーの寿命について
  2. DVDプレーヤーの寿命の前兆、故障について
  3. DVDプレーヤーの処分方法について
  4. DVDプレーヤーの処分・買い替えに関するQ&A

この記事を読むことでDVDプレーヤーの買い替え時に役立つ情報が分かります。知っておいて損はしない情報だけをピックアップしているので、ぜひお付き合いくださいね。

1.DVDプレーヤーの寿命について

DVDプレーヤーの寿命が分かれば、突然壊れるリスクを減らせます。買い替えをスムーズに行う上でもとても重要なので、しっかりと把握しておきましょう。

1-1.DVDプレーヤーとは?

DVDプレーヤーとはDVD-videoを再生するための機械です。DVDプレーヤーは再生専用のため、記録型DVDに映像を記録できる機械はDVDレコーダーと呼びます。また、似たものにブルーレイ・プレーヤーがありますが、こちらはブルーレイディスクを再生するものなので、DVDプレーヤーとは区別しましょう。

1-2.DVDプレーヤーの寿命はどのぐらい?

DVDプレーヤーは精密機械なので、比較的壊れやすい機械と考えられています。国が定める耐用年数によれば5年程度が寿命です。また、メーカーが修理対応期間を7年としていることが多いことから、7年を寿命と考えることもできます。

1-3.種類による比較

DVDプレーヤーは大きく分けて「単体型」「VHS一体型」「コンバチブルプレーヤー」があります。しかし、いずれも精密機械であることには変わらないので、基本的に寿命は同じと考えてよいでしょう。ただし、DVDプレーヤー単体よりも、ほかの機能と複合しているVHS一体型やコンバチブルプレーヤーのほうが故障のリスクは高いといえます。

1-4.寿命に差の出る要因

全く同じ製品でも寿命に差が出てしまいます。これは、使用環境や使い方が主な原因です。たとえば、真夏に空調もつけずに使用したり、休みなしで連続使用し続けたりすれば寿命が短くなってしまいます。また、ホコリの多い部屋やタバコを吸う部屋では、ホコリやヤニがプレーヤーの内部にたまって故障の原因となるでしょう。ほかにも、線路の高架下などのように振動が強い場所などで使い続けると、プレーヤー内の駆動部品などが損傷を受けて壊れてしまうことがあります。