扇風機の処分方法をご紹介! 捨て方のコツや業者に依頼する方法

要らなくなった扇風機(せんぷうき)をどのように処分すべきか悩んでいる方は多いでしょう。買い替えなどで要らなくなった場合、そのままずっと家に放置するのも嫌ですよね。しかし、正しい処分方法がわからないから、とそのままにしている方もいると思います。壊れている扇風機は処分となりますが、まだ使える場合は売却することも選択肢の1つです。本記事では、扇風機の捨て方・注意点・業者選びのポイントなどについて説明します。

  1. 扇風機の処分について
  2. 扇風機の処分~自治体の場合
  3. 扇風機の処分~販売業者の引き取りについて
  4. 扇風機の処分~不用品回収業者の場合
  5. 扇風機の処分~リサイクルする場合
  6. 扇風機の処分~業者選びについて
  7. 扇風機の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、扇風機の正しい処分方法について知ることができます。処分・リサイクルを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.扇風機の処分について

扇風機は何ゴミに分類されるのでしょうか。ゴミの種類と大型・業務用について説明します。

1-1.扇風機は何ゴミか?

扇風機は、ほとんどの自治体で「粗大ゴミ」に分類されています。粗大ゴミは、一辺30cm以上のものになることが多く、指定ゴミ袋に入れることができません。家電リサイクル法対象商品となるエアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・テレビは自治体で処分できませんが、扇風機は対象外なので可能です。ただし、自治体によって異なるため、事前にゴミの分類を確認しておきましょう。

1-2.大型・業務用について

業務用で使う大型な扇風機の場合は、持ち運びが大変ですよね。基本的に、事務所や店舗から出たゴミは、自治体で処分できません。量・大きさに関係なく、産業廃棄物扱いとなります。そのため、自ら処理施設に持ちこむか、自治体の許可を得ている業者に処分を依頼することになるでしょう。大型・事業用扇風機の処分に関しても、自治体へ確認してください。

2.扇風機の処分~自治体の場合

扇風機の処分を考える際、1番に思い浮かべる方法が自治体での処分でしょう。ここでは、自治体で処分するメリット・デメリット、回収方法、費用などについて説明します。

2-1.メリット・デメリット

自治体で処分する大きなメリットは、低費用で処分できる点です。自治体によって異なりますが、約300~1,000円で処分できるでしょう。しかし、指定回収場所まで運ばなければならない・回収日が決まっているなど、処分の手間と時間がかかります。

2-2.自治体の回収方法

自治体で処分する場合は、事前の申し込みが必要なケースがあります。自治体のホームページから申し込み、回収日までに指定場所へ持って行かなければなりません。また、粗大ゴミシール(券)を購入して貼りつける必要があります。自治体の中には、扇風機を小型家電として無料回収しているところもあるでしょう。小型家電リサイクルに取り組んでいるかどうか、確認してください。

2-3.分解などの処分の仕方・費用について

扇風機を分解して指定ゴミに入る大きさにすれば、不燃ゴミとして処分できるところもあります。不燃ゴミとして処分すれば、費用がかかりません。しかし、解体しても粗大ゴミの扱いになることがほとんどなので、解体しても意味がないことを覚えておきましょう。さらに、解体時にケガをする可能性もあるので注意が必要です。

2-4.注意点

回収申し込みをすると、「○日に○○(場所)へ持ってきてください」と指示されます。早く処分したいからと早めに捨ててしまうと、いたずらされる怖(おそ)れがあるので気をつけてください。トラブルを防ぐためには、指定日当日に持ち運ぶことが大切です。

3.扇風機の処分~販売業者の引き取りについて

扇風機を販売業者に引き取ってもらえるのでしょうか。引き取りについて詳しく説明します。

3-1.販売業者の引き取り・下取りはできるか

新しい扇風機を購入する場合、古いものを引き取ってくれる販売業者があります。引き取る場合は、無料なのか、有料なのかをきちんと確認しなければなりません。正常に稼働し、特に不具合が起きていなければ、無料引き取りか、下取りの可能性が高いでしょう。下取りの場合は、いくらで買い取ってもらえるのか確認が必要です。

3-2.通販業者の場合

古い家電の引き取り・下取りサービスを行っているのは、通販業者の中にもあります。通販業者の場合は、対象商品を購入する場合に限るでしょう。条件が決まっていたり、すべての業者が対応していたりするわけではありませんので、注意が必要です。

3-3.方法・手数料について

自身で持ちこむこともできますが、ほとんどの販売業者では、商品を購入するときに引き取りする製品がないか尋ねられます。ある場合は、業者が自宅に引き取りにきてくれるのです。また、購入商品を配送希望にする場合は、商品が届けられたときに古い家電を回収することになるでしょう。中には、送料・リサイクル料金などの手数料がかかるところもあるため、事前に確認してください。

3-4.注意点

すべての扇風機が引き取り・下取りできるとは限りません。壊れているものはもちろん下取りできませんし、引き取ってもらえたとしてもリサイクル料金がかかる可能性もあります。自治体で処分するよりも高くなることがあるため、十分に注意してくださいね。

4.扇風機の処分~不用品回収業者の場合

不用品回収業者を利用するのも、扇風機を処分する方法の1つです。ここでは、メリット・デメリット、回収方法、リサイクル、費用、注意点について説明します。

4-1.メリット・デメリット

扇風機以外にも処分したいものがある場合、不用品回収業者に依頼すれば一気に処分できます。業者スタッフが自宅にやってきてくれるため、ゴミを分類する必要もありません。さらに、買取サービスを行っている業者も多く、まだ使えるものは買い取ってもらえる可能性があります。すぐに処分したいときでも、即日可能な業者に依頼すれば可能です。
ただし、新学期が始まる3~4月や大掃除をする12月ごろは、混みあう可能性があるため、時間がかかることもあるでしょう。時期によっては、早めの申し込みが大切です。

4-2.回収方法

不用品回収業者の回収方法は、宅配回収・出張回収・持ちこみ回収の3点です。ライフスタイルに合った方法が選択できるでしょう。不用品の数が多く重い場合は出張回収、自分のペースで処分したい場合は宅配回収、近くに店舗がある場合は持ちこみを利用すると良いですよ。業者によって回収方法が異なるため、ホームページで確認してください。

4-3.リサイクルについて

回収したもののリサイクルに努めている業者があります。たとえば、パソコン・不用品の無料回収を行っている「パソコンダスト」の場合、回収したものを中古品として再販売・再販売できないものはパーツごとに分けてリサイクルしているのです。リサイクルしてもらえるのなら、楽な気持ちで手放すことができるでしょう。

4-4.費用について

業者の中には、送料だけで回収してもらえるところがあります。ただし、リサイクル料金よりも送料のほうが高いという業者もあるので要注意です。送料をかけたくない方は、無料回収業者を利用してください。「パソコンダスト」では、送料無料対象商品が1点でも含まれていれば、無料回収が可能です。対象商品は、液晶モニター・タブレット・スマートフォンなどがあります。

4-5.注意点

無料回収業者を利用する場合は、なぜ無料になっているのか理由をチェックしてください。理由が明確になっていない業者は、安心して依頼できません。なぜなら、無料回収と謳(うた)い、後でリサイクル料金を請求するというトラブルが続出しているからです。トラブルを未然に防ぐためには、慎重に選ばなければなりません。

5.扇風機の処分~リサイクルする場合

まだ、使えるものをそのまま処分するのはもったいないことです。リサイクルのメリット・リサイクルできるものとできるところ・注意点について説明します。

5-1.リサイクルのメリット

リサイクルの大きなメリットは、処分費用がかからない点です。買い取ってもらえるため、処分費用をかけずにお金を得ることができます。また、リサイクルすることでゴミの量を減らし、貴重な資源の再利用につながるでしょう。そのため、地球環境の貢献ができ、手放す気持ちも楽になります。

5-2.リサイクルできるものとは

一般的に、リサイクルできるものは「正常に稼働できるもの」です。壊れているもの・不具合や不調が出ているものは買い取ってもらえません。また、購入年月日から3年以上経過しているものは、買い取り対象外になる可能性があります。ただし、業者の中には、パーツごとに分けて販売しているところもあるため、買い取りはできませんが、壊れているものでも無料で引き取ってもらえる可能性もあるのです。

5-3.リサイクルできるところ

リサイクルショップ・買取専門業者・不用品回収業者などでリサイクルできます。業者・店舗によって買い取り額が異なるため、複数の業者に査定を依頼すると良いでしょう。

5-4.注意点

リサイクルをする前に、動作確認をきちんとしておきましょう。査定に出したとき、壊れていたというケースもあります。壊れていたり、不調・不具合が出たりしている場合は買い取ってもらえません。また、製造年月日・メーカーなどもチェックしておきましょう。

6.扇風機の処分~業者選びについて

スムーズに処分するためには、業者選びが大きなポイントです。選び方・料金相場・申し込みと相談窓口について説明します。

6-1.選び方のポイント

業者選びに悩んだときは、以下のポイントに注目して選ぶと良いでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もり・無料相談が可能か
  • 回収方法が選択できるか
  • 無料または低費用で処分できるか
  • 古物商の許可を取得しているか
  • 口コミ・評判が良いか

6-2.料金相場

扇風機の処分を業者に依頼する場合、リサイクル費用として約3,000~4,000円かかる可能性があります。これに加えて、出張回収の場合は運搬費用も数千円支払うことになり、業務用の大型扇風機であれば、もっとかかるでしょう。できるだけ、料金を抑えたい方は複数の業者に見積もりを依頼してください。その中から、低費用で処分できる業者を選ぶと良いでしょう。また、無料回収業者を利用するのも選択肢の1つです。

6-3.申し込み・相談窓口

申し込み方法は、電話またはホームページからとなります。「パソコンダスト」では、無料相談を受けつけていますので、処分に関する悩みなどご相談ください。

7.扇風機の処分に関してよくある質問

扇風機の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.扇風機を高く売るコツとは?
A.購入時についてきた付属品を一緒に提示してください。たとえば、取扱説明書・部品・専用ケースなどです。付属品がない場合は、ほかの家電と一緒に売ると、買い取り額がアップする可能性があります。

Q.ネットオークションは利用しても大丈夫か?
A.近年、ネットオークションの利用率が高まってきていますが、トラブルも続出しています。「商品を送ったけれど入金されない」「商品にケチをつけられた」というトラブルです。また、ネットオークションで売れたとしても、自分で梱包(こんぽう)して送らなければならないため、処分に手間と時間がかかります。

Q.買い取りで必要な書類はあるのか?
A.古物営業法という法律によって、買い取りを利用する際は「身分証」の提示が必要です。免許証・保険証など、公的機関が発行した身分証を用意しておきましょう。

Q.宅配回収の場合、送料はかかるのか?
A.業者の中には、宅配回収に送料がかかるところがあります。リサイクル料金よりも高めに設定している不正業者もあるため、注意しておかなければなりません。「パソコンダスト」の場合は、送料無料対象商品が1点でも含まれていれば、有料商品をいくつ梱包(こんぽう)しても無料です。無料対象商品は、液晶モニター・デスクトップパソコン・スマートフォンなどがあります。

Q.回収できないものとは?
A.業者によって、回収できないものがあります。たとえば、家電リサイクル法の対象商品・大型複合機・木製と布製の家具などです。ホームページに記載されているため、事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 扇風機の処分方法は、自治体・販売店・不用品回収業者・リサイクルショップなどがあります。それぞれ回収方法やメリット・デメリットが異なるため、きちんと把握しておかなければなりません。そして、扇風機の状態・ライフスタイルに適した方法で処分すると良いでしょう。きちんと処分に関する基礎知識を身につけてつけば、トラブルを回避しつつスムーズに処分できます。