扇風機の処分方法をご紹介! 捨て方のコツや業者に依頼する方法

要らなくなった扇風機(せんぷうき)をどのように処分すべきか悩んでいる方は多いでしょう。買い替えなどで要らなくなった場合、そのままずっと家に放置するのも嫌ですよね。しかし、正しい処分方法がわからないから、とそのままにしている方もいると思います。壊れている扇風機は処分となりますが、まだ使える場合は売却することも選択肢の1つです。本記事では、扇風機の捨て方・注意点・業者選びのポイントなどについて説明します。

  1. 扇風機の処分について
  2. 扇風機の処分~自治体の場合
  3. 扇風機の処分~販売業者の引き取りについて
  4. 扇風機の処分~不用品回収業者の場合
  5. 扇風機の処分~リサイクルする場合
  6. 扇風機の処分~業者選びについて
  7. 扇風機の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、扇風機の正しい処分方法について知ることができます。処分・リサイクルを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

1.扇風機の処分について

扇風機は何ゴミに分類されるのでしょうか。ゴミの種類と大型・業務用について説明します。

1-1.扇風機は何ゴミか?

扇風機は、ほとんどの自治体で「粗大ゴミ」に分類されています。粗大ゴミは、一辺30cm以上のものになることが多く、指定ゴミ袋に入れることができません。家電リサイクル法対象商品となるエアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・テレビは自治体で処分できませんが、扇風機は対象外なので可能です。ただし、自治体によって異なるため、事前にゴミの分類を確認しておきましょう。

1-2.大型・業務用について

業務用で使う大型な扇風機の場合は、持ち運びが大変ですよね。基本的に、事務所や店舗から出たゴミは、自治体で処分できません。量・大きさに関係なく、産業廃棄物扱いとなります。そのため、自ら処理施設に持ちこむか、自治体の許可を得ている業者に処分を依頼することになるでしょう。大型・事業用扇風機の処分に関しても、自治体へ確認してください。