モニターの買い替えを検討するなら? 時期やおすすめの方法を紹介!

パソコンのモニターを買い替える時期についてお悩みではありませんか? モニターに不具合が生じるようになると作業効率も低下するため、早めに買い替えを検討すべきです。しかし、不要になったモニターをどのように処分したらよいのか分からない人も多いと思います。パソコンモニターは「資源有効利用促進法」により、自治体のゴミ回収を利用して捨てることは認められていないのです。では、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、モニターの買い替え方法や処分方法をまとめてご紹介します。

  1. モニターとは?
  2. モニターの買い替えについて
  3. モニターの処分について
  4. モニターの処分を回収業者に依頼する場合
  5. モニターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、モニターの買い替えや処分について知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にしてお得な買い替えをしてください。

1.モニターとは?

まずは、パソコンのモニターについて解説します。

1-1.どんなものか?

モニターとはコンピューターの出力機器のことであり、画像を表示する役割を持っています。ノートパソコンはモニターと本体が一体になっていますが、外部モニターを接続する端子がついているものもあるのです。画面を広く使いたいときは、外部モニターを接続することで使い道が広がるでしょう。

1-2.種類

パソコンモニターは現在、ブラウン管・液晶・タッチパネルの3種類があります。ブラウン管モニターは現在市販されていませんが、昔使っていたブラウン管モニターの処分に困っている人もいるのではないでしょうか。現在主流なのは液晶モニターで、ブラウン管に比べて消費電力が少ないこと、寿命が長いことなどがメリットになります。最も新しいのがタッチパネルモニターで、画面に直接触れることでコンピューターの操作が可能です。

1-3.寿命について

一般的に、液晶モニターの寿命は10年程度といわれています。寿命が近づくにつれて画面が暗くなり、解明さが失われてくるでしょう。もちろん使用頻度や使用状況によって寿命は変わってきますので、寿命を延ばすためのポイントを知っておいてください。

  • 温度変化の激しい場所に置かない
  • 頻繁に電源のON・OFFをしない