パソコン? それとも家電? 迷いがちなタブレットの処分方法は?

デスクトップ、ノートに続く、新たなパソコンの形として登場したタブレットパソコン。我々の生活に身近の存在として今はもうすっかり定着してしまいましたね。しかし、誕生して間もない、新しいカテゴリーの製品だからこそ、処分方法に迷ってしまうことも多いかと思います。今回は、タブレットの買い替えを検討している方のために、古くなったタブレットの処分方法をご紹介しましょう。

  1. タブレットを処分する際の注意点
  2. 新しいタブレットにデータを移行する方法
  3. 古いタブレットを処分する方法

1.タブレットを処分する際の注意点

タブレットは家電でもあり、同時にパソコンの1種です。そのため、処分するにあたり家電として扱えばいいのか、それともパソコンとして扱えばいいのか迷ってしまう方も少なくないと思います。タブレットは一体「何ゴミ」に該当するのでしょうか。

1-1.タブレットは家電リサイクル法の対象外

タブレットは家電です。家電の処分方法に関する法律といえば「家電リサイクル法」があります。家電リサイクル法は、家電製品のリサイクルを促すための法律で、該当する製品はリサイクルしなくてはいけません。言い換えれば、勝手に捨ててはいけない、ということでもあります。

家電リサイクル法の対象となるのは、テレビ・電気冷蔵庫(冷凍庫)・家庭用エアコン・電気洗濯機(乾燥機)の4種類です。タブレットは対象外、よって家電リサイクル法を考慮する必要はありません。

1-2.PCリサイクルマークの有無を確認しよう

もうひとつ気をつけておきたい法律があります。その法律とは「パソコンリサイクル法」です。パソコンリサイクル法は、正式には「資源の有効な利用の促進に関する法律」といいます。パソコンリサイクル法に定められている商品はリサイクルが義務づけられているため、勝手に捨ててしまってはいけません。

パソコンのリサイクルを促すための法律で、デスクトップパソコンのディスプレイと本体・ノートパソコンが対象商品です。タブレットは対象となっていないため、一見回収しなくてもいいのでは、と思ってしまうかもしれません。

しかし、実際には自体は少し複雑です。実は、販売されているタブレットは「パソコンとして扱われるもの」と「スマートフォンの一種として扱われるもの」に分かれています。スマートフォンとして扱われるものについては一般廃棄物として処理して構いません。一方、パソコンとして扱われるものに関しては、パソコンリサイクル法に基づきリサイクルしなくてはいけないのです。

お手持ちのタブレットがパソコンとして扱われるものかどうかを確認するには、PCリサイクルマークの有無をチェックしてください。PCリサイクルマークとは、その商品がパソコンリサイクル法の対象になっていることを示す印です。PCリサイクルマークがあるタブレットはパソコンとして、PCリサイクルマークのないタブレットはスマートフォンとして処分しましょう。

1-3.タブレットも対象となる「小型家電リサイクル法」とは?

もうひとつ、タブレットの処分に関係する法律をご紹介します。小型家電リサイクル法と呼ばれる法律です。小型家電リサイクル法とは、家電リサイクル法の対象とならない小型家電のリサイクルを義務づける法律。対称となるのは、家電リサイクル法の対象外となるほぼすべての家電です。当然、タブレットも小型家電リサイクル法の対象となります。

小型家電リサイクル法が家電リサイクル法と大きく異なるのは、回収の担い手が違うということです。家電リサイクル法では回収を行わなくてはいけないのは家電メーカーや販売店でした。一方、小型家電リサイクル法では回収の義務は各自治体にあります。つまり、炊飯器や電子レンジなどほかの家電と同じように、いらなくなったパソコンは自治体の回収を利用して処分すればいいというわけです。