スチールラックの処分方法とは? 正しく処分するために必要なこと

「スチール棚は中古でも売れるのか不安」「スチールラックの処分方法がわからない」など、悩んでいる方は多いでしょう。何の知識もないままスチールラックを処分すれば、不法投棄や業者とのトラブルなど招いてしまいます。正しく処分するためにも、スチールラックについて詳しく知ることが大切です。これから、スチールラックの基礎知識や処分方法・リサイクルなど説明していきましょう。

  1. スチールラック処分の基礎知識
  2. スチールラックの処分方法
  3. スチールラックはリサイクルできるのか?
  4. スチールラックの回収業者選びのコツ

この記事を読むことで、スチールラックの正しい処分方法がわかります。スチールラックを処分したい方・処分方法を知りたい方は必見です。

1.スチールラック処分の基礎知識

スチールラック・棚・机など処分に困るものばかりですよね。しかし、きちんと正しい処分方法を把握しておけば、上手に処分できます。まずは、スチールラックの素材や金属の回収などチェックしておきましょう。

1‐1.スチールラックの素材について

スチールラックは「鉄製でできた棚」のことを指しています。メタルラックやスチールシェルフと呼ばれているものは、スチールまたはステンレスが素材です。金属でできた棚・板はステンレス製であっても「スチールラック」と呼ばれています。そのため、名称に惑わされず、どんな素材でできているのか確認しなければなりません。

1‐2.金属の回収について

メタル(金属)でできているスチールラックは回収方法が異なります。金属は自治体によって不燃ごみ・資源ごみになるでしょう。各自治体で分類が変わるため、事前にホームページや電話で問い合わせてください。また、近所に金属回収をおこなっている業者があれば依頼するのも1つの方法です。メタルラックはほぼ金属でできているため、引き取っている業者はたくさんあります。