家電ゴミの処分方法! 冷蔵庫やパソコンなどは廃棄せずにリサイクル

家電は、ゴミとして捨てることが難しいものです。分別や法律などが関連しているためで、捨て方が分からないというケースが多くなっています。とはいえ、いつまでも家に置いておくということはできないでしょう。家電廃棄前にルールや捨て方を理解しておくだけで、家電のリサイクルができます。不用品回収サービスなどの便利な回収方法なども覚えておき、効率よく家電の処分を行いましょう。
今回は、家電ゴミの廃棄についてご紹介します。

  1. 家電は何ゴミになるのか?
  2. 家電の廃棄方法について
  3. 不用品回収・買い取り業者を利用する場合
  4. 便利な不用品回収・買い取り業者のご紹介
  5. 家電ゴミでよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、家電のリサイクル回収や買い取りについてよく分かります。種類に応じた分別なども覚えるきっかけになるでしょう。

1.家電は何ゴミになるのか?

家電は何ゴミになるのか、種類別に見ていきましょう。

1-1.冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコン

冷蔵庫・テレビ(液晶・ブラウン管・プラズマ)・洗濯機・エアコンの4品目は、家電リサイクル法の対象となります。資源の有効活用を目的に、メーカーがリサイクル回収を行うことになっているのです。ゴミとして捨てることはできません。

1-2.パソコン

PCリサイクル法が施行されて以降、パソコンも資源の1つとして位置づけられており、製造者によるリサイクル回収の対象となります。一般ゴミとは区別しなければなりません。

1-3.プリンター

パソコンの周辺機器であるプリンターは、PCリサイクル法の対象外となります。粗大ゴミや不燃ゴミに分類され、各家庭で廃棄を行わなければなりません。自治体のルールにより、小型家電となる場合もあり、小型家電リサイクルボックスへの廃棄を求められることもあるでしょう。