プリンターの買い替え時期とは? おすすめの処分方法から注意点まで

プリンターの買い替え時期や方法についてお悩みではありませんか? パソコンで作成した文書や写真・年賀状の印刷などに役立つプリンターは、とても便利なものです。しかし、調子が悪くなってしまったら修理や買い替えを検討しなければなりません。最近は価格の安いプリンターも増えてきているため、修理に出すよりも買い替えたほうがお得な場合もあるでしょう。そこで、気になるのが不要になったプリンターの処分方法ですよね。この記事では、プリンターを買い替える際に知っておくべきことをまとめています。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. 残ったデータに注意
  4. プリンターの処分を回収業者に依頼する場合
  5. プリンターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、プリンターの買い替えに関するお得な情報や注意点を知ることができるはずです。

1.プリンターの買い替えについて

プリンターを買い替えるタイミングや寿命などをご紹介します。

1-1.買い替えのタイミングとは?

プリンターの買い替えを検討するタイミングは人それぞれでしょう。以下のような不満や要望が現れるようになったときが、買い替えのタイミングです。

  • 調子が悪くなることが増えてきた
  • もう古いのでパソコンと一緒に買い替えたい
  • 修理に出すより買い替えのほうが安く済むといわれた
  • 新しい機能のプリンターがほしい

1-2.よくある故障

プリンターによくある故障は以下のとおりです。

  • 印刷できない
  • 異音がする
  • 特定のインクだけかすれる
  • 電源が入らなくなる
  • インクを交換しても認識されない

1-3.寿命について

プリンターの寿命は、もちろん使用状況によって変わってきます。「年賀状の印刷にしか使わない」など使用頻度が極端に低い場合は、10年近く使えるものもあるでしょう。一般的に、プリンターの修理対応期間は製造停止から6年といわれています。6年を過ぎるとメーカーが部品を保有しなくなるため、不具合が起きても修理ができなくなるのです。さらに、プリンターに使われている部品の寿命は5年とされているため、購入から5~6年ほどたったころから、不具合が起こる頻度が上がることが予想できるでしょう。

1-4.修理する場合

修理を希望する場合は、保証期間内かどうかを確認しましょう。保証期間内であれば、無料で修理してもらえる可能性があります。保証期間を過ぎている場合は、修理に高額な費用がかかる場合もあるでしょう。買い替えたほうが安く済む可能性も十分にあるため、事前にしっかり調べておくことをおすすめします。