プリンターの買い替え時期とは? おすすめの処分方法から注意点まで

プリンターの買い替え時期や方法についてお悩みではありませんか? パソコンで作成した文書や写真・年賀状の印刷などに役立つプリンターは、とても便利なものです。しかし、調子が悪くなってしまったら修理や買い替えを検討しなければなりません。最近は価格の安いプリンターも増えてきているため、修理に出すよりも買い替えたほうがお得な場合もあるでしょう。そこで、気になるのが不要になったプリンターの処分方法ですよね。この記事では、プリンターを買い替える際に知っておくべきことをまとめています。

  1. プリンターの買い替えについて
  2. プリンターの買い替え方法
  3. 残ったデータに注意
  4. プリンターの処分を回収業者に依頼する場合
  5. プリンターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、プリンターの買い替えに関するお得な情報や注意点を知ることができるはずです。

1.プリンターの買い替えについて

プリンターを買い替えるタイミングや寿命などをご紹介します。

1-1.買い替えのタイミングとは?

プリンターの買い替えを検討するタイミングは人それぞれでしょう。以下のような不満や要望が現れるようになったときが、買い替えのタイミングです。

  • 調子が悪くなることが増えてきた
  • もう古いのでパソコンと一緒に買い替えたい
  • 修理に出すより買い替えのほうが安く済むといわれた
  • 新しい機能のプリンターがほしい

1-2.よくある故障

プリンターによくある故障は以下のとおりです。

  • 印刷できない
  • 異音がする
  • 特定のインクだけかすれる
  • 電源が入らなくなる
  • インクを交換しても認識されない

1-3.寿命について

プリンターの寿命は、もちろん使用状況によって変わってきます。「年賀状の印刷にしか使わない」など使用頻度が極端に低い場合は、10年近く使えるものもあるでしょう。一般的に、プリンターの修理対応期間は製造停止から6年といわれています。6年を過ぎるとメーカーが部品を保有しなくなるため、不具合が起きても修理ができなくなるのです。さらに、プリンターに使われている部品の寿命は5年とされているため、購入から5~6年ほどたったころから、不具合が起こる頻度が上がることが予想できるでしょう。

1-4.修理する場合

修理を希望する場合は、保証期間内かどうかを確認しましょう。保証期間内であれば、無料で修理してもらえる可能性があります。保証期間を過ぎている場合は、修理に高額な費用がかかる場合もあるでしょう。買い替えたほうが安く済む可能性も十分にあるため、事前にしっかり調べておくことをおすすめします。

2.プリンターの買い替え方法

プリンターを買い替える際の流れや、古いプリンターの処分についてまとめました。

2-1.買い替えの流れ

新しいプリンターを購入する前に、まずは古いプリンターの処分方法を決めておくことをおすすめします。購入したお店に引き取ってもらうことができる場合もありますし、状態によっては買い取りに出すことも可能でしょう。

2-2.プリンターの処分について

プリンターを処分する方法についてご紹介します。

2-2-1.自治体回収

プリンターは家電リサイクル法や資源有効利用促進法の対象ではないため、自治体が回収するゴミとして捨てることができます。ただし、自治体によってゴミの分類や捨て方が異なるため、事前に確認しておきましょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、事前にwebまたは電話で申し込みをし、回収日時と場所・料金を確認してください。コンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入し、プリンターに貼り付けた状態で回収場所に持っていきましょう。

2-2-2.家電量販店

新しいプリンターを購入する家電量販店が、古いプリンターを引き取ってくれる場合もあります。ただし、すべての店舗で引き取りサービスを行っているわけではないため、持ち込む前に確認しておく必要があるでしょう。有料か無料かについても、店舗によって異なります。

2-2-3.リサイクル

まだ使える状態のプリンターは、買い取りに出す方法も検討してみてください。発売から5年以内のもので動作に問題がなければ、買い取り対象になる可能性が高いでしょう。買い取りの方法としては、リサイクルショップや買い取り専門店、ネットオークションなどがあります。

2-3.周辺部品について

インクカートリッジはプリンターから取り外し、別々に処分してください。家電量販店に行くと回収ボックスが設置されているため、そこに投かんするとリサイクルに回されます。自治体が回収するゴミとして捨てる場合は、自治体によって可燃ゴミか不燃ゴミか違ってくるため、確認してください。

3.残ったデータに注意

プリンターを処分する前に、残ったデータについて調べておきましょう。

3-1.プリンターにはデータが残るのか? 削除の必要性とは?

プリンターの中にはハードディスクが搭載されたものや、メモリーカードを挿して印刷するものもあります。このタイプのプリンターはそのまま捨てるとデータが漏えいしてしまう可能性があるでしょう。個人情報などを第三者に悪用され、トラブルに巻き込まれてしまうのを避けなければなりません。

3-2.チェック方法

プリンター内にデータが残っているかどうかは、パソコンのOSで確認が可能です。スタートメニューから「プリンター」を選択し、表示されたデータを右クリックして削除してください。また、メモリーカードが挿しっぱなしになっていないか確認しましょう。

3-3.そのほかのチェックポイント

プリンターの中に印刷物やインクが残っていないか、確認してから処分しましょう。粗大ゴミとして捨てる場合、対象になるのはプリンター本体だけです。分別が必要な用紙やインクは、取り除いて別に正しく処分しましょう。

4.プリンターの処分を回収業者に依頼する場合

プリンターのように、家庭から出た不用品を回収してくれる業者に依頼する方法もあります。

4-1.業者選びのポイント

信頼できる回収業者を選ぶためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 必要な許可を持っているか
  • 固定電話の番号が明記されているか
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれるか

4-2.メリットとデメリット

業者に依頼することで、手間を最小限に抑えて素早く不用品を処分できます。ほかにも処分したいものがあればまとめて依頼できるため、分別の必要もなく一気にいらないものを処分できるでしょう。ただし、悪質な営業をしている業者もあるということを忘れないでください。トラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは十分慎重に行いましょう。

4-3.料金

回収にかかる料金は業者によって異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して比較するのがおすすめです。そうすることで、ある程度の相場を知ることにもつながるため、損をせず不用品を処分できるでしょう。「パソコンダスト」は、不用品の無料回収を行っている業者です。パソコンや液晶テレビなど送料無料の対象品目に同梱(どうこん)してプリンターを送っていただけると、すべて送料も無料で回収いたします。

4-4.回収方法

「パソコンダスト」では、「持ち込み回収」と「宅配回収」のほかに、パソコン15台以上から「出張回収」も受け付けています。どの方法が自分にとって利用しやすいか考えた上で選択してください。

4-5.注意点

回収業者の中には、「一般廃棄物収集運搬業」の許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。このような業者は、料金をだまし取ったり不用品を不法投棄したりするような違法行為をしている可能性が非常に高いのです。トラブルに巻き込まれないためにも、業者を選ぶ際には許可の有無を必ず確認してください。

5.プリンターの処分に関するよくある質問

「プリンターを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.プリンターを粗大ゴミに出すといくらくらいかかりますか?
A.料金は自治体によって異なりますが、基本的には200~300円程度で回収可能です。

Q.プリンターを高額買い取りしてもらうポイントを教えてください。
A.できるだけ新品の状態に近づけておくことがポイントです。きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。

Q.会社で使っていたプリンターも粗大ゴミとして捨ててよいのですか?
A.自治体が回収できる粗大ゴミは、家庭用だけを対象としています。事業用プリンターは産業廃棄物収集運搬業の許可を得ている回収業者に依頼しましょう。

Q.通販で新しいプリンターを購入する場合、古いプリンターを引き取ってもらえますか?
A.通販業者の中にも、引き取りや下取りサービスを行っているところがあるため、確認してみてください。ただし、一時的なキャンペーンとして実施していることもあります。事前にチェックしておきましょう。

Q.不用品回収業者では、どのメーカーのプリンターでも回収してもらえますか?
A.「パソコンダスト」ではメーカーを問わずプリンターの回収を行っているため、ご安心ください。

まとめ

いかがでしたか? プリンターの買い替えや処分の方法などをまとめてご紹介しました。プリンターの調子が悪くなってくると、買い替えを検討する必要があるでしょう。どのようなタイミングで買い替えをし、古いプリンターをどうやって処分するのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。