方法はいろいろ!? キャノンのプリンターを廃棄する方法とは?

家庭やオフィスで広く使われているキャノンのプリンター。
ではこのプリンターが不要になった場合はどのように廃棄すればよいのでしょうか。
今回はその方法をご紹介しましょう。
自宅やオフィスに不要になったキャノンのプリンターがあるという方は読んでみてくださいね。

キャノンでは回収してくれないの?

パソコンは現在、2003年以降に製造されたものはメーカーが回収することを義務付けています。
では、プリンターはどうでしょうか?
キャノンはHP上で「法人のお客様に対しては回収サービスを行っているけれど、一般家庭向けの商品は自治体の指示に従って処分をして欲しい」
と説明しています。したがって一般家庭のプリンターは自分で処分をしなくてはならないのです。
しかし、インクカートリッジは一般家庭用のものも回収しているそうなので、
家電量販店の店先などで回収ボックスを見かけたら利用してみましょう。

自治体に回収を依頼する場合の注意点

プリンターは家電リサイクル法の対象外の製品ですから自治体に処分を依頼することができます。
何ゴミになるのかは自治体によって異なりますので注意をしましょう。
費用が必要な場合は、指定の金融機関で料金を払ってシールなどを張ってください。

家電量販店に回収してもらう場合の注意点

家電量販店で新しいプリンターを購入した場合、それと引き換えに古いプリンターを回収してくれる店舗もあります。
「必ずプリンターを購入する」と決めて店に行く場合は古いプリンターを引き取ってもらえるか問い合わせ、古いプリンターを持参するとよいでしょう。

リサイクルショップやネットオークションを利用する際の注意点

動作に全く問題がなく、発売されてからそれほど年数がたっていないプリンターならば、
リサイクルショップに売却できたり、オークションで買い手がついたりします。
リサイクルショップによってはHP上に買い取れる型番を公開していますので参考にしましょう。
ネットオークション出品する場合はプリンターの状態をこと細かく記載しておくとトラブルになりにくいです。
また、リサイクルショップに査定してもらう場合は付属品をそろえておくと高値がつきやすいでしょう。
オークションで落札された時は梱包をしっかりとしてはやめの発送を心がけてください

いざという時に頼れる場所とは?

理由があって一刻も早くプリンターを処分したいという場合は、パソコンやその周辺機器を無料で回収してくれる業者を利用してみましょう。
無料というとなんだか怪しげですが、このような業者はパソコンの中からリサイクルできる部品を選り分けて再利用することで利益を上げています。
ですから無料で回収することができるのですね。もちろんプリンターも回収してもらえます。
近くにそのような業者がある方はプリンターを持ち込んでみましょう。
遠方の人でも送料のみで引き取ってもらえますので郵送してみてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。キャノンのプリンターは

  1. 自治体で回収してもらう 
  2. 家電量販店に回収してもらう 
  3. リサイクルショップに売却したりオークションに出す 
  4. 無料回収業者を利用する

という4つの方法で廃棄ができることをご紹介しました。
法人の場合はキャノンの回収サービスを利用するのも良いでしょう。
方法は色々ありますので、一番やりやすい方法でプリンターを処分しましょう。