サーバーの廃棄方法とは? 知っておくべき注意点と回収業者について

不要になったサーバーの廃棄方法をご存じでしょうか? サーバーといえば「企業で使用するもの」というイメージが強いと思いますが、最近は自宅にサーバーを置く家庭も増えてきています。パソコンからの要求に応じてさまざまな機能やサービスを提供するサーバーですが、不要になった場合はどのように処分すればよいか分からない人も多いはずです。パソコンを処分する際と同じように、PCリサイクル法に従う必要があるのでしょうか。この記事では、サーバーの廃棄方法や注意点などをまとめてご紹介します。

  1. サーバーの廃棄について
  2. サーバーの廃棄方法
  3. サーバーを廃棄する際の注意点
  4. サーバーの処分を専門業者に依頼する場合
  5. サーバーの廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になったサーバーをどのように処分すべきか分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.サーバーの廃棄について

まずは、サーバーの概要や廃棄の決まりについてご紹介します。

1-1.サーバーとは?

ネットワーク上でパソコンにさまざまな機能やサービスを提供するのが、サーバーの役割です。サーバーに対し、サービスを受けるパソコンのことを「クライアント」と呼びます。サーバーにはいくつかの種類があり、メールの管理や送受信をするのが「メールサーバー」、webコンテンツを送信するのが「webサーバー」です。自宅に「ファイルサーバー」を置いて複数のパソコンをつなぎ、動画や音楽などのデータを共有している人も少なくありません。

1-2.廃棄の決まり

家庭用パソコンを廃棄する場合は、通常「PCリサイクル法」に従う必要があります。PCリサイクル法とは、家庭で不要になったパソコンを回収・リサイクルするための決まりを示したものです。パソコンは原則として自治体による回収を行わず、メーカーによる回収が義務づけられています。しかし、家庭で使用していたサーバーは、この法律の対象外です。自治体によっては粗大ゴミとして回収しているところもありますし、そのほかにもさまざまな廃棄方法が選択できます。