扇風機の捨て方を知りたい! 一番簡単&安い処分方法を詳しく解説!

「不要になった扇風機があるけど、どんな捨て方があるのだろう」「扇風機をできるだけ簡単に安く処分できる方法を知りたい」とお考えでしょうか? 扇風機は意外と大きく、収納スペースを圧迫するため、不要になったら早く処分してしまいたいですよね。しかし、実際にどんな捨て方があるのか、どんな点に注意して捨てるとよいのかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、扇風機の捨て方について詳しく解説します。

  1. 扇風機の捨て方にはどんな方法がある?
  2. まだ使える扇風機は買取に出すことを考えよう
  3. 扇風機を処分するときの注意点
  4. 扇風機の処分はパソコンダストに依頼する方法もある
  5. 扇風機の捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、扇風機を捨てるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.扇風機の捨て方にはどんな方法がある?

最初に、扇風機の捨て方にはどんな方法があるか詳しく見ていきましょう。

1-1.自治体回収にゴミとして出す

不要になった扇風機は、自治体回収にゴミとして出すことができます。扇風機は、金属やプラスチックなど焼却処分できない素材でできているため、不燃ゴミもしくは粗大ゴミとして処分することになるでしょう。多くの自治体では、大きさによってゴミの種類を決めています。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。なお、不燃ゴミで出す場合は無料、粗大ゴミとして出す場合は1台に付き数百円程度かかるのが一般的です。

1-2.電化製品販売店の回収サービスを利用する

電化製品販売店の回収サービスを利用し、不要になった扇風機を処分することも可能です。販売店では、自社の環境活動の一つとして、また、新規購入を促す目的として、不要になった扇風機を回収していることがあります。販売店の回収サービスを利用すると、買い替えと同時に不要な扇風機を処分できる、1台数百円程度~で処分できるなどの点がメリットです。なお、販売店によっては、単なる回収だけでは依頼できないことがあるので注意してください。

1-3.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼し、不要になった扇風機を処分してもらうこともできます。不用品回収業者では、回収した扇風機を再販もしくは再資源化などの方法により有効活用してもらうことが可能です。都合のよい日時と場所で回収してもらえる、扇風機以外の不用品の処分も同時に依頼できるなど、多くのメリットがあります。なお、日時・場所指定で回収してもらう場合、一般的には1回数千円程度の回収費用が必要です。

1-4.知人などに譲る

まだキレイで使える扇風機は、知人などに譲ることも検討してみましょう。扇風機を譲り受けてもらえそうな知人をピックアップし、連絡してみてください。譲り先が決まれば、まだ使える扇風機を処分せず、喜んで使ってもらうことができます。なお、どんな方法で配送するか、配送費用の負担はどうするかなどについては、譲り先の希望を優先するようにしましょう。

1-5.買取に出す

不要になった扇風機でも、状態のよいものは買取に出すことを検討しましょう。買取してもらうことができれば、買取代金が手に入るほか、中古品として新たな持ち主に有効活用してもらえます。扇風機は、以下のようなところで買取に出すことが可能です。

  • 中古家電買取専門業者
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者
  • ネットオークション・フリマアプリ

また、貴重な資源を無駄にしなくて済むのもメリットです。実際にどんな扇風機が買取してもらえるかについては、この記事の「2.まだ使える扇風機は買取に出すことを考えよう」を参考にしてください。

2.まだ使える扇風機は買取に出すことを考えよう

不要になった扇風機でもまだ使えるものは、買取してもらうことも可能です。どんな扇風機が買取対象になるか、具体的に見ていきましょう。

2-1.有名メーカー品

不要になった扇風機でも、有名メーカー品は買取してもらえる可能性が高くなります。有名メーカー品は、無名メーカー品より中古市場での人気が高いからです。特に、以下のようなメーカーの扇風機は、人気があります。

  • ダイソン
  • 山善
  • 東芝
  • 日立
  • シャープ
  • バルミューダ

2-2.故障や不具合がない

故障や不具合がないことも、買取してもらえる扇風機の条件です。中古品の扇風機を欲しがる人は、すぐ使うことを前提としています。そのため、故障や不具合があるものは、買い手が付きにくいからです。業者によっては、自社で簡単な修理を施した後、販売しているケースもあります。しかし、買取可能な場合でも、修理が必要なものは大幅に低い査定金額を提示されることでしょう。

2-3.目立つ汚れ・傷・ひどい臭いなどがない

買取してもらえる扇風機の条件として、目立つ汚れ・傷・ひどい臭いなどがないことも挙げられます。汚れや傷があっても、扇風機の機能に直接影響があるわけではありません。しかし、実際には外観に欠点があると、中古市場で人気がないのが現状です。また、最近はタバコの臭いを気にする人が多く、家族に喫煙者がいて臭いが染み付いた扇風機は、買取不可になるケースもあります。

2-4.購入時の付属品が揃っている

購入時の付属品が揃っていることも、扇風機を買取してもらえる条件です。扇風機の主な付属品には、以下のようなものがあります。

  • リモコン
  • AC電源
  • 電源コード
  • 使用説明書
  • 外箱

なお、購入時の保証書も添えておくのがベストです。使用年数の証明にもなり、査定がスムーズに進みます。

2-5.年式が新しい

年式が新しい扇風機は、高確率で買取してもらえるでしょう。扇風機は、年々高機能・高性能になっています。また、最近では、静音化が進み、動作音が静かな機種も人気です。年式が新しい扇風機は、こうしたポイントをクリアしている機種が多いことも、買取してもらえる可能性が高い理由になります。

3.扇風機を処分するときの注意点

扇風機を処分するときに注意すべき点を見ていきましょう。

3-1.ルールやマナーを守って処分する

扇風機を処分するときは、ルールやマナーを守ることを忘れないようにしましょう。たとえば、自治体にゴミとして出す場合、決められた収集日時・収集場所を守ることが基本です。また、自治体によっては、不燃ゴミは指定ゴミ袋に入れる必要があることもあるでしょう。粗大ゴミで出す場合も、自治体の粗大ゴミ受付窓口で予約した後、料金分の粗大ゴミ処理券をコンビニなどで事前に購入し、必要事項を記入した処理券を貼り付けて出すことが多くなります。そのほかの方法で処分する場合も、ルールやマナーを守ってください。

3-2.破損した部分をカバーしておく

破損した扇風機は、運搬時などにケガをしないよう、破損した部分をきちんとカバーしておきましょう。たとえば、古新聞紙やダンボール紙で覆ってビニールテープで固定しておく方法があります。さらに、上から「破損アリ注意」と書いておくと、分かりやすくておすすめです。

3-3.メーカーのユーザー登録を解除しておく

扇風機を処分する前に、メーカーのユーザー登録を解除しておきましょう。メーカーのユーザー登録は、オーナーとして登録することで、サポート情報や新製品情報などを受け取れるのがメリットです。しかし、扇風機を処分した後は不要になるため、きちんと解除しておきましょう。特に、買取に出す場合は、次の所有者がメーカーから必要な情報を受け取るためにも大切です。

3-4.信頼できる業者に依頼する

扇風機の処分は、信頼できる業者に依頼しましょう。信頼できる業者では、回収後の扇風機を適切な方法で処分してもらえるので安心です。信頼できる業者の一例として、この記事の「4.扇風機の処分はパソコンダストに依頼する方法もある」も参考にしてください。反対に、よく調べず適当な業者に処分を依頼してはいけません。たとえば、法外に高い回収費用を請求される、扇風機以外に金銭価値が高いものを無理やり回収されるなど、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。

4.扇風機の処分はパソコンダストに依頼する方法もある

不要になった扇風機は、パソコンダストに処分を依頼するのがおすすめです。

4-1.都合のよい回収方法を利用できる

パソコンダストでは、不要な扇風機を以下のような方法で回収してもらえます。

  • 店頭持ち込み:店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で送付する
  • 出張回収:日時と場所を指定して回収してもらう

自分に都合のよい回収方法を選べるので、とても便利です。

4-2.回収費用がリーズナブル

回収費用がリーズナブルなのも、パソコンダストに扇風機の処分を依頼するメリットです。

  • 店頭持ち込み:無料(ただし店頭までのガソリン代などは自己負担)
  • 宅配回収:宅配便の送料分(1回1,000円前後~)
  • 出張回収:1回数千円程度~(車両とスタッフを手配するため)

なお、上記のうち、最もおすすめなのは、都合のよい日時に発送できる宅配回収です。パソコンダストの場合、宅配便の送料負担だけで扇風機を安く処分できます。

4-3.条件によっては回収費用が無料になる

パソコンダストでは、条件によって扇風機の回収費用を無料にすることもできます。たとえば、パソコンやスマホなどの送料無料対象品との同梱(どうこん)で、宅配便の送料も無料になり大変お得です。送料無料対象品と同梱(どうこん)できれば、扇風機だけでなく、そのほかの不用品も無料で処分できるので、活用するとよいでしょう。ただし、パソコンダストが指定した宅配業者の着払い指定に限られます。

4-4.状態のよい扇風機は買取してもらうこともできる

パソコンダストでは不用品の買取も強化しているため、状態のよい扇風機は買取してもらうことも可能です。特に、有名メーカー品で年式が新しいものなどの条件が揃っているものは、思わぬ高額買取になることもあるでしょう。扇風機以外の不用品の買取も依頼できるので、査定してもらうことがおすすめです。なお、万が一買取不可になっても、無料もしくは格安な費用で引取処分してもらうことができます。

4-5.回収後の扇風機を適切な方法でリサイクルしてもらえる

パソコンダストに依頼すると、回収後の扇風機を適切な方法でリサイクルしてもらえます。たとえば、買取になったものは中古品として再販し、新たな持ち主によって活用してもらうことが可能です。買取不可になったものでも、素材ごとに分けて再資源化したり修理用パーツを取ったりなどの方法によって活用してもらえます。ゴミとして処分した場合は貴重な資源が無駄になることを考えると、有効な処分方法といえるでしょう。

5.扇風機の捨て方に関するよくある質問

最後に、扇風機の捨て方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.粗大ゴミの指定日時に扇風機を出すのを忘れたらどうなる?
A.自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、再度回収を依頼してください。扇風機に貼り付けてある粗大ゴミ処理券は再利用できますが、受付番号や回収日の訂正を忘れないようにしましょう。

Q.扇風機を捨てる場合は汚れを掃除しなくてよい?
A.自治体回収にゴミとして出すなど、廃棄処分が前提となっている場合は、汚れを掃除しなくても構いません。ただし、運搬時に手や服が汚れる可能性があるため、簡単にでも汚れを拭き取っておくことがおすすめです。なお、知人に譲る、買取に出すなどの場合は、汚れをきちんと掃除しておきましょう。

Q.扇風機の羽根だけを捨てたいのですが?
A.自治体によって、不燃ゴミなどで出すことができます。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

Q.業務用扇風機も自治体回収にゴミとして出せる?
A.いいえ。業務用扇風機は、産業廃棄物として処分する必要があるため、自治体回収にゴミとして出すことはできません。不要になった業務用扇風機は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に処分を依頼してください。

Q.扇風機の査定金額に納得できない場合はキャンセルできる?
A.はい。査定だけなら、キャンセルしても構いません。ただし、査定理由によっては適正金額を提示されている可能性もあるため、業者に説明してもらうとよいでしょう。

まとめ

今回は、扇風機の捨て方について詳しく解説しました。不要になった扇風機は、自治体回収に出すほかにも、さまざまな捨て方があります。特に、リサイクルできる方法で処分すれば、資源を有効活用することが可能です。また、まだ使えるものは、買取してもらえることもあるので検討してみましょう。なお、扇風機の処分は、不用品回収業者に処分を依頼すると何かと便利です。たとえば、パソコンダストに依頼すれば、便利な宅配回収を利用して安く処分できるなど、多くのメリットがあります。