データを消せば大丈夫?! 古いパソコンの処分方法

購入のたび出てくる不用なパソコン。特に、会社などでは処分するのを忘れたままになって古いパソコンがオフィスにたまってしまうこともあるかと思います。そんな古いパソコン、処分するのにお金が掛かると思っていませんか?

実は、古いパソコンの処分はお金を掛けずに行うこともできるんです。この記事では、古いパソコンの処分方法をご紹介します。

  1. 処分対象となる古いパソコン
  2. 古いパソコンの処分方法
  3. 処分前のデータ消去
  4. 処分依頼の注意点
  5. パソコンダストのサービス

1.処分対象となる古いパソコン

パソコンなどの家電は、勝手に不燃ごみや粗大ごみとして出してはいけません。自主回収・リサイクルが義務付けられています。

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • CRTディスプレイ
  • 液晶と本体の一体型パソコン

これらのパソコンは勝手に捨ててはいけません。プリンター・キーボード・マウスなど周辺機器は対象にはなりませんので、不燃ごみや粗大ごみとして出しましょう。

2.古いパソコンの処分方法

2-1.パソコンを処分してくれる業者に依頼する

古いパソコンを廃棄・処分している場所で処分してもらう方法です。自分の住んでいる近くに、そうした業者があれば持ち込んで処分してもらいます。そういった場所が近くにない場合は、宅配サービスで処分してくれる業者に依頼しましょう。
また、業者によってはハードディスクのデータ消去も行ってくれます。その点を含めて依頼先を探しましょう。

2-2. メーカーに回収してもらう

PCリサイクル法に基づき、パソコンメーカーが有償で古いパソコンを回収してもらう方法です。
パソコンは処分してもらえますが、ハードディスク内のデータ消去は自己責任で行うことになります。所有しているパソコンのメーカーによって廃棄・処分方法は異なってきますので、メーカーごとに問い合わせましょう。

2-3.家電量販店・パソコンショップで処分してもらう

近くに家電店などがあれば、その店舗で処分してもらうことができます。新しいパソコン購入時に古いパソコンを下取り扱いしてもらい、値引きとなる部分もポイントです。
しかし、ブラウン管ディスプレイなど廃棄できないものがあるので注意しておきましょう。
また、データ消去は店舗のサービスによって異なるようです。

2-4.自分で売りに出す

パソコン本体、またはその部品を、中古品として販売することもできます。売りに出すパソコンの性能が高かったり、珍しかったりすれば高値での売却が期待できるでしょう。
しかし、近年パソコンの性能はどんどん進化していて、性能が高くて安いパソコンが増えています。古いパソコン・部品などはほとんど値段が付かないようなので、過度な期待はしないようにしましょう。

3.処分前のデータ消去

パソコンにはハードディスクが内蔵されています。ここに自分が使ったデータがすべて入っており、処分する際にデータを消さないと個人情報が漏れる危険性が出てくるでしょう。こうしたハードディスクのデータは簡単に消えず、初期化をしても特殊な方法で読み取ることも可能です。
では、古いパソコンを処分する場合に、どういった形でハードディスクを処分すればいいのか確認しておきましょう。

3-1.古いデータを移行・保存する

データを消去する前に、写真データ・お気に入りの音楽データなどを新しいパソコンに移行しておきます。個人情報の保護も必要です。

  • クレジット情報
  • アドレス
  • 会社情報

これら大事なデータがパソコン処分と共に流出するのは危険です。しっかりとバックアップを取った上で、廃棄を行いましょう。

3-2.自分でハードディスクを取り出す

パソコンからハードディスクを取り出し、自分で保管するか、物理的な破壊を行う方法です。ハードディスクを取り外したパソコンは処分を依頼するため、この方法ではパソコン分解作業が必要となります。
取り外して破壊したハードディスクは、パソコンではありませんので不燃物・資源ごみとして出しましょう。また、自分で保管しておいても構いません。

3-3.自分でデータ消去を行う

パソコンに自分でデータ消去ソフト・物理フォーマットツールを使用してハードディスクを取り出さずデータ消去を行う方法です。ハードディスク取り出し・パソコン分解が難しいときに試してみましょう。

3-4.パソコン処分会社に任せる

パソコン処分の会社で、データ消去を行ってもらう方法です。
パソコン処分と共にデータ消去も任せられるため便利なサービスのひとつ。また、作業が終わったあとに、証明書発行を行ってくれるところもあるようです。

4.処分依頼の注意点

パソコンを業者に依頼して処分するとき、注意していただきたいことがあります。
この項目で、そのポイントを確認しておきましょう。

4-1.所在地がハッキリしている場所に依頼する

不法投棄などをしている業者の多くが、事務所を構えずに営業していることが多いです。事務所がないのは、問題が発生したときにその場から素早く去るためでしょう。そのため、こうした業者で依頼すると損害請求がしづらいです。
悪徳業者を避けるためにも、依頼前に業者の所在地と固定電話番号は確認しておきましょう。

4-2.事前確認を取る業者に依頼する

業者は見積もり・回収依頼申し込みをきちんと行っている場所を選ぶのがポイントです。
見積もりをする業者であれば、自社で引き取りできないものをしっかり教えてくれます。反対に「何でも回収できる」とうたっている業者は、少し怪しいと思いましょう。
また、事前に見積もりを行ってくれるかどうかもポイントです。事前に見積もりをしない業者は、回収後に不要な請求をしてくる可能性があります。

5.パソコンダストのサービス

「パソコンダスト」では、実際にパソコンの無料回収を行っています。
では、どういったサービスを行っているかご紹介していきしょう。

5-1.部品の再利用

パソコンを回収したあと、パソコンを分解して再生可能な部品を取り出し、それを再利用・リサイクルしています。

  • CPU
  • メモリー
  • グラフィックボード

これらの部品は販売することができるのです。パソコンダストでは、そうしたパソコン部品を再利用して利益を出しています。

5-2.貴金属の再利用

パソコンやその部品は、ほとんどが金属でできています。パソコンを分解すれば、そうした鉄やアルミを再利用できるのです。
また、パソコンの基盤にはレアメタル(希少金属)も使われています。パソコンダストでも、こうした貴金属を再利用するため回収を行っているのです。

5-3.宅配・持ち込み・出張回収すべてに対応

パソコンダストでは、より多くのパソコンを無料回収するために宅配・持ち込み・出張回収すべてに対応しています。もし、家やオフィスに古いパソコンがあれば、パソコンダストでの処分を検討してみるといいでしょう。
パソコンダストでは、データ消去のサービスも充実しています。

さいごに

いかがでしたか?
この記事では古いパソコンの処分方法について紹介してきまいた。さいごに、処分方法についてまとめていきましょう。

  • パソコンは勝手に捨ててはいけない。
  • 古いパソコンを処分するには、業者や回収サービスを使う。
  • 処分する前に、ハードディスクのデータを消去する。
  • 自分で分解して、ある程度処分することもできる。
  • きちんと回収して処分してくれる業者に依頼する。
  • パソコンダストであれば、充実したサービスで対応してくれる。

家に眠っている古いパソコン。ハードディスクを取り出してしまえば、部屋のスペースを占めるものでしかありません。新たな資源にするためにも、古いパソコンは早めに処分してしまいましょう。