さいたま市でパソコンを処分する方法は? 処分前の注意点もチェック!

さいたま市でパソコンを処分するにはどうすればいいのか、そもそも家庭ゴミとして捨てることができるのかなど、パソコンの処分で悩みを抱えている方は多いでしょう。一般的に、パソコンはPCリサイクル法によって、メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられています。そのため、自治体で捨てることはできません。では、どのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、さいたま市でパソコンを処分する方法について詳しく説明します。

  1. さいたま市でパソコンは何ゴミになるのか?
  2. パソコンを処分する前の注意点
  3. パソコンを処分する方法
  4. 回収サービスを利用する方法も
  5. パソコンの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコンを処分する前の注意点や回収サービスを利用する方法なども分かります。さいたま市でパソコンの処分を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

1.さいたま市でパソコンは何ゴミになるのか?

まずは、さいたま市でパソコンは何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.家庭用パソコンはリサイクルの対象

前述したように、家庭用パソコンはメーカー等が回収・リサイクルを行っているため、自治体で収集を受けつけていません。いつものゴミ捨て場に持って行っても回収してもらえないので注意してください。不法投棄とみなされ、懲役または罰金が科せられる可能性があります。パソコンに含まれている貴重な資源を再利用するためにも、PCリサイクル法に則(のっと)った方法で処分しなければなりません。

1-2.小型パソコンは小型家電の対象

さいたま市では小型家電リサイクル法に則って、ノートパソコン等の小型パソコンをリサイクルしています。小型家電リサイクル法の対象品目になるものは、30cm×15cmの投入口に入るものです。投入口に入るパソコンだけでなく、マウス・キーボードといった周辺機器も小型家電に入ります。それらはメーカーによる回収とリサイクルではなく、市内の公共施設に設置されている小型家電ボックスに投かんするだけでOKです。

1-3.事業目的で使用したパソコンは産業廃棄物

会社や工場など、事業目的で使用したパソコンは産業廃棄物扱いとなります。事業用パソコンはメーカーに回収を依頼するか、産業廃棄物収集運搬許可を取得している業者に回収してもらうことになるでしょう。さいたま市で事業用パソコンを捨てることはできないので注意してください。自治体で処分できないからと不法投棄をすれば、環境破壊にもつながります。環境を守るためにも正しい方法で処分してください。

2.パソコンを処分する前の注意点

ここでは、パソコンを処分する前の注意点について詳しく説明します。

2-1.データを完全消去する

パソコンを処分する前に、HDD(ハードディスク)に記録されているデータを完全消去する必要があります。「初期化すればデータが消去できる」と思われがちですが、初期化は工場出荷前の状態に戻すだけなのでHDDに記録されているデータは消去できません。データを消去せずにパソコンを処分すると、外部へデータが流出し悪用される恐れがあります。個人情報などが含まれているため、パソコンのデータは必ず消去して処分してください。なお、パソコンのデータ消去方法は以下の2つがあります。

2-1-1.論理的消去法

消去専用ソフトを使った方法が、論理的消去法です。消去専用ソフトをパソコンにダウンロードするだけで、HDDのデータが消去できます。比較的、簡単にデータが消去できる方法なので、個人でデータを消去する方におすすめです。なお、消去専用ソフトはパソコン販売店や家電量販店などで購入できます。

2-1-2.物理的破壊

HDDを取り出し、カナヅチやカッターなどで傷をつけて破壊する方法です。HDDを物理的に破壊することで、復元ソフトを使っても読み取れない状態にできます。けれども、HDDのガラス破片でケガをする・本当に破壊できたのか判断できないという点がデメリットです。

2-2.パソコンの状態を確認する

完全に壊れたパソコンは無理ですが、まだ正常に動くパソコンなら買取に出すという選択肢もあります。そのため、処分前にパソコンの状態をチェックしてください。不具合が起きていないか・問題なく正常に稼働できるかなど、入念に確認しましょう。稼働に問題がなければ、買取専門業者やリサイクルショップに査定を依頼してみてください。また、査定を依頼する前に、パソコンのメーカーと製造年月も併せて確認しておきましょう。

2-3.PCリサイクルマークの有無を確認する

パソコンを処分する前に、PCリサイクルマーク濃霧を確認してください。PCリサイクル法によって、PCリサイクルマークがついているパソコンは無償で回収してもらうことができます。けれども、PCリサイクルマークがついていないパソコンは、リサイクル料金がかかるので注意しなければなりません。リサイクル料金はメーカー・パソコンの種類によって異なりますが、目安は以下のとおりです。

  • デスクトップパソコン本体・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・液晶ディスプレイ一体型パソコン:3,000円(税込)
  • CRTディスプレイ・CRTディスプレイ一体型パソコン:4,000円(税込)
  • デスクトップパソコン本体+CRTディスプレイ:7,700円(税込)
  • デスクトップパソコン本体+液晶ディスプレイ:6,600円(税込)

3.パソコンを処分する方法

ここでは、パソコンを処分する方法を解説します。

3-1.メーカーへ回収依頼をする

一般的に、パソコンを処分する際は、メーカーへ回収を依頼することになります。ほとんどのメーカーでは、インターネットまたは電話で申し込みを受けつけているので、まずはメーカーのホームページをチェックしてください。申し込みをする際は、PCリサイクルマークがついていないパソコンのリサイクル料金も確認しておきましょう。メーカーごとで処分の流れやルールが異なるため、しっかりと確認して処分することが大切です。なお、メーカーが倒産してない場合は、パソコン3R推進協会が回収を受けつけています。

3-2.買い換えは購入店に引き取ってもらう

パソコンの買い換えを検討している方は、新しいパソコンの購入店に古いパソコンを引き取ってもらう方法があります。事前に、購入店へ古いパソコンの引き取りを行っているか確認しておくと安心です。また、店舗によっては、下取りサービスを実施しているところもあります。古いパソコンを下取りに出すことができれば、新しいパソコンが安く購入できるでしょう。パソコンを買い換える方は下取りサービスなどのキャンペーンが利用できるか、ぜひチェックしてみてください。

3-3.自治体の回収ボックスに投かんする

前述したように、小型家電に分類されるパソコンは自治体の回収サービスが利用できます。公共施設や家電量販店などに設置されている回収ボックスに投かんするだけで処分完了です。さいたま市における回収ボックスの設置場所に関しては、こちら(さいたま市のホームページ)で確認できます。

3-4.自治体の宅配便サービスを利用する

さいたま市では、宅配便を利用したパソコン・小型家電の宅配回収サービスを行っています。自宅にいながら自分のペースでパソコンを処分できるので、忙しい方におすすめです。なお、パソコン本体を含む回収料金はかかりません。ただし、CRTディスプレイの場合は有害物質の処理が必要になるため、3,000円(税別)の回収料金がかかります。詳細は、リネットジャパン株式会社のホームページを確認してください。

4.回収サービスを利用する方法も

ここでは、回収サービスを利用する方法とポイントを解説します。

4-1.パソコン本体や周辺機器がまとめて処分できる

不用品回収業者を利用する方法も選択肢の1つです。不用品回収業者の大きな強みは、パソコン本体や周辺機器などをまとめて処分できることでしょう。パソコン以外にも処分したい不用品があれば一気に処分できるほか、自分たちでゴミを分類する必要もありません。手間と時間をかけたくない方におすすめの処分方法です。また、不用品回収業者の多くは、壊れたパソコンでも回収を受けつけています。

4-2.悪質な不用品回収業者に要注意!

不用品回収業者の中には、不正を働く悪質な業者が存在しているので注意しなければなりません。特に、見積書の内容が明確になっていない・スタッフの対応が悪い回収業者は注意が必要です。実際に、「回収してもらったものが不法投棄されていた」「回収後に高額な追加費用を請求された」などのトラブルが起きています。このようなトラブルを防ぐためには、業者選びを慎重に行わなければなりません。なお、不用品回収業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目です。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 無料回収の理由がホームページ等に掲載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 無料相談や無料見積もりを受けつけているか
  • 口コミや評判がいいか

4-3.無料回収のパソコンダスト

どの回収業者に依頼すべきかお悩みの方は、ぜひ無料回収のパソコンダストにご依頼ください。パソコンダストでは、パソコン・不用品の無料回収を受けつけています。無料回収ができるのは、回収したものを自社でメンテナンスし再販、再販できないものは部品としてリサイクルしているからです。古いパソコンや家電製品には貴重な資源が含まれているからこそ、それらの資源を再利用しています。無料相談も受けつけていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

5.パソコンの処分に関してよくある質問

パソコンの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.PCリサイクル法の対象になっているパソコンは?
A.対象のパソコンは以下のとおりです。

  • デスクトップパソコン(本体)
  • ノートパソコン
  • CRT(ブラウン管)ディスプレイ
  • 液晶ディスプレイ

そのほか、キーボードなどメーカー出荷時に同こん包されていた標準添付品も対象となります。ただし、プリンター・スキャナー・外づけドライブ等周辺機器は対象外です。

Q.データを移行する方法は?
A.HDDやSSDなどの外づけ記憶デバイス・メーカー純正の移行ツールを使う方法があります。データの移行が簡単なのは、MicrosoftのWindows転送ツールやAppleの移行アシスタントなどを利用したメーカー純正の移行ツールです。ただし、移行できるデータが限られている可能性もあるので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。データをしっかりと移行させてから、古いパソコンのデータを消去してください。

Q.壊れたパソコンのデータを消去する方法は?
A.論理的消去法が使えないので、HDDを取り出して物理的に破壊する方法となります。自分でデータを消去するのが不安な方は、専門業者のデータ消去サービスを利用したほうがいいでしょう。専用の機器を使ってデータを消去してくれるため、自分でするよりも安心して処分できます。

Q.メーカーに回収を依頼する流れは?
A.大まかな手順は下記を参考にしてください。

  1. メーカーの窓口でパソコンの回収を申し込む
  2. リサイクル料金がかかる場合は、ATMなどで支払う
  3. メーカーから送られてくるエコゆうパック伝票を受け取る
  4. パソコンを簡易的にこん包し、エコゆうパック伝票を貼りつける
  5. 郵便局などに集荷を依頼して完了

Q.どんなパソコンが買取対象になるのか?
A.製造年月から3~5年以内のパソコンが買取対象になります。製造年月から5年以上経過しているパソコンでも買取を行っているところがあるため、まずは買取業者のホームページをチェックしてください。また、できるだけ高く売りたい方は早めに売る・付属品をそろえる・ホコリや汚れなどを拭き取るといいでしょう。

まとめ

パソコンはPCリサイクル法によって、メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられています。そのため、さいたま市でパソコンの収集は受けつけていません。けれども、30cm×15cm以内の小型パソコンなら小型家電に含まれるため、公共施設などに設置されている回収ボックスへ投かんできます。また、パソコンをまとめて処分したい方は、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。パソコンダストでは壊れたパソコンでも無料回収が可能ですので、お悩みの方はぜひご依頼ください。