【必見】ファックスの捨て方を知りたい? 処分で注意するポイント!

ファックスの捨て方について理解している人は、少ないはずです。ファックスは精密機械のひとつなので、どのように処分したらいいか迷ってしまいますからね。不燃ごみで出すべきものか、粗大ごみ扱いになるのかわかりにくいのも事実です。そこで、今回は、ファックスの捨て方についてあらゆる方法を詳しく解説することにします。ごみとして処分するほかにも、リサイクルする道があることも知っておきましょう。リサイクルできるのなら、不用になったファックスも資源の再利用に貢献できますよ。

  1. ファックスを捨てたい・廃棄したい・処分したい
  2. ファックスの捨て方:自分で捨てる場合
  3. ファックスの捨て方:販売業者の下取りによる場合
  4. ファックスの捨て方:リサイクルする場合
  5. ファックスの捨て方:回収業者に依頼する場合
  6. ファックスの捨て方でよくある質問に回答

記事を読んだ人は、ファックスの処分について適切な方法を選ぶことができます。自分にとって都合のいい捨て方は、人によって異なるものです。最適な方法で処分するためにも、どんな方法があるのか、また、それぞれのメリットやデメリットの内容を理解することが大切と言えます。まずは、最後までじっくりと読んでみてくださいね。

1.ファックスを捨てたい・廃棄したい・処分したい

ファックスを捨てたいと思うタイミングは、主にいつでしょうか。また、ファックスは粗大ごみ扱いでいいのかについても説明します。

1-1.ファックスの寿命について

ファックスも機械ですから寿命があります。国税庁が認めている耐用年数は5年となっていることからも、購入から5年以上経過したファックスは寿命と考えましょう。寿命を過ぎたファックスは、いつ壊れるかわかりません。また、いきなり調子が悪くなって使いものにならなくなることもあります。それに、ファックスは電話機と兼用になっていることが多いです。不都合を起こす前に、寿命が来たファックスについては処分したり買い換えを検討したりしてください。

1-2.ファックスは粗大ごみに出して問題無い?

ファックスは、自治体によってごみの種類が変わります。また、大きさによっても不燃ごみではなく粗大ごみ扱いとなることもあるので注意してください。まずは、住んでいる自治体での規定を調べてみましょう。なお、安易にごみとして捨ててしまうことはおすすめしません。ファックスにも、貴重な資源が使ってあります。ごみとして処分するだけでなく、リサイクルする方法も考えてみてくださいね。