捨てることができない! 衣類を処分するための基準を知ろう

買い物が趣味の人は、つい衣類を買い込んでないでしょうか。
気が付くと部屋の中は衣類でいっぱい。足場もないほど衣類が溜(た)まっているとアウトです。そこで、衣類を処分する基準を知っておきましょう。
この記事では、衣類を捨てるための基準についてまとめました。

  1. どうして衣類はいっぱいになる?
  2. 衣類を捨てる基準とは
  3. 衣類を処分する方法
  4. どうしても捨てられない衣類への対処法
  5. まとめ

1.どうして衣類はいっぱいになる?

知らず知らずの内にいっぱいとなる衣類。どうして衣類であふれてしまうのか原因をしっておきましょう。

1-1.捨てることに罪悪感がある

衣類を捨てることに罪悪感があると捨てられません。また、買った衣類が「高い」、「着ていない」、「思い出がある」ものだと捨てられず入れっぱなしのパターンが多いです。しかし、入れっぱなしの服は着ることがないと思いましょう。

1-2.「いつか」をずっと待っている

あなたの部屋に雑誌や本、チラシなどは溜(た)まっていないでしょうか。いつか読むはずと思って置いてあるものです。
しかし、考えてみると「いつか使うだろう」と思って保存したものほど使いませんよね。それは、衣類においても同じです。
「いつか」と思って置いてある衣類ほど着ることはありません。しかし、その「いつか」を待っていることで部屋に衣類であふれます。

1-3.物事の整理が苦手

片付けが苦手な人は、整理が苦手です。そのため、衣類も捨てることができません。
整理には「捨てる」という行為は付き物です。しかし、ものの数が減らないのは要注意。衣類も捨てられず溜(た)まっていきます。

1-4.押し入れ・クローゼットがものだらけ

ものを収納すべき場所が整理できていないパターンです。自分がどのような衣類を持っているのか把握できないため溜(た)まります。
衣類を整理できていない人は、まずは押し入れなどを見てみましょう。いっぱいになっていればキャパシティオーバーです。目安は8割となります。