「 家電製品の廃棄処分 」一覧

CDやラジオを1台で聞くことのできるラジカセを愛用している方は多いでしょう。
でもこのラジカセが壊れたり、不要になったりした場合はどうやって処分をすればよいのでしょうか。
そこで今回は不要になったラジカセの廃棄方法をいくつかご紹介しましょう。
お金をほとんどかけずに処分方法もあるのです。
不要になったラジカセをお持ちの方はぜひ一読してみてくださいね。

続きを読む


「そろそろ電子レンジを買い替えたいけど、古い電子レンジはどんな方法で処分すればよいのだろう」とお考えでしょうか? 電子レンジを処分したくても、粗大ゴミなどで出すべきか、ほかの方法で処分したほうがよいのか迷いますよね。それに、なるべく簡単で安く処分したいことでしょう。そのためにも、まずは、どんな処分方法があるのか、どんなメリットやデメリットがあるのか詳しく知ることが大切です。

そこで今回は、電子レンジの処分について詳しく解説します。

  1. 電子レンジは何ゴミに分類される?
  2. 電子レンジの処分方法
  3. 電子レンジは条件しだいで買取してもらえる
  4. 電子レンジを買取に出す方法
  5. 不用品回収業者を選ぶ際の注意点
  6. 電子レンジの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、電子レンジを処分するときのポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

続きを読む


様々な家電がそうであるように、炊飯器も日々進化して高機能になっています。
あなたも新しい炊飯器を購入したいと思っていませんか?
もしそうなら、いらなくなった炊飯器を廃棄する必要がありますよね。
炊飯器は家電リサイクル法の対象には含まれません。
そのため大抵の場合、電気屋さんで新しい炊飯器を購入しても古い物を回収して貰うことは不可能です。
自分で正しい廃棄方法を調べる必要があるでしょう。
炊飯器を正しく廃棄するための選択肢を知りたいと思いませんか?
そこで本日は炊飯器の廃棄方法として3つの手段をご紹介します。
炊飯器の廃棄にお困りの方は是非お役立てください。

続きを読む


液晶テレビ

古くなって不要になってしまった液晶テレビ。
皆さんはどのようにして処分されていますか?
家電リサイクル法が施行されて以来、家電は自治体での処分はできなくなってしまいました。
家電リサイクル法によると、家電の処分は家電を売った量販店が窓口になりメーカーが処分をしなくてはならず、使用者は家電を引き取ってもらう時に一定の料金を支払はなくてはなりません。
しかし、液晶テレビのような家電製品を処分する場合には、実はもっとお得に・簡単に処分できる方法があるのです。

続きを読む